神奈川県 水族館のよりみち案内

水族館のTOP USER
まはさん
B5fcd777 1447 4405 8521 1c25905373d2

日付指定

日付を指定する
E98247fe 7f07 461a b822 9f629d8ac5de
B4d04273 01cb 41be a99b 8fc6fb86ad09
06b32e32 a52c 407e 9c0a 51b7de6e8d9e
「えのすい」の愛称でも知られている新江ノ島水族館。駅からのアクセスも良いので、海水浴など海に遊びに行く人はその行き帰りに気軽に寄ることもできます。新江ノ島水族館の展示は珍しいものもたくさんあります。相模湾ゾーンには2014年4月に江ノ島の特産品でもある「シラス」の生体の常設展示を世界で初めて行って以来、シラスの水槽を新たに増やして拡大リニューアルをしたり、日本初の本格的な有人潜水調査船「しんかい2000」の常設展示もあります。他では見られないものを見ることができるのは魅力的ですね。 また、新江ノ島水族館で特に人気があるのは、クラゲの展示です。クラゲファンタジーホールに入ると、半ドーム式の空間の壁面に大小13個の水槽と、ホール中央には球型水槽「クラゲプラネット~海月の惑星~」があります。3Dプロジェクションマッピングを利用したクラゲショーも必見です。幻想的で、クラゲを眺めているだけで癒される空間になっています。他にもイルカショーやかわいいペンギンの姿も見ることができますので、大人も子供も楽しめる水族館です。
82cf8a82 f695 40e1 958f 9fd7de3fdcfc
江ノ島の美海をバックに観れる唯一無二のイルカショー 晴れてる日に行けるとベストだと思います。 もう少し下側の席から撮ると、イルカも人も空を飛んでるように見えるかと思います。
5.0
by ながしま
2018年9月23日

16da5648 9423 450c b213 1de3e49e39a7
3c19564e dce7 4f24 887c b47ef74c6659
177c3dc0 d794 4602 b794 e081a2285888
横浜・八景島シーパラダイスは水族館とアトラクションの複合型海洋レジャー施設。 アクアリゾーツは、海の生き物たちのすべてがわかる「アクアミュージアム」、イルカたちが届ける夢と癒しの世界「ドルフィン ファンタジー」、海の生き物たちとのふれあい「ふれあいラグーン」、海育をコンセプトにした「うみファーム」と500種類10万点が観賞できる4つの水族館から構成されています。また「アクアシアター」では半球型ドームスクリーンに広がる720インチ、デジタルハイビジョン映像、サラウンドによる立体音響を楽しめます。 アトラクションは、海上を走行するジェットコースター「サーフコースターリヴァイアサン」、チューブライドによる急流川下りの「アクサライドⅡ」、上空107mから垂直に落下する「ブルーフォール」など多様な乗り物が揃っており、子供から大人まで楽しめるテーマパークです。
E767970f 1f26 4aa0 9aa7 7c06ec29f93a
玉ボケイルミネーション 初めての玉ボケ撮影でした。
5.0
by もちづき
2018年12月8日
横浜八景島のあじさい
6月上旬〜6月下旬
約2万株のあじさいが植栽される八景島は、神奈川県屈指のあじさいの名所。毎年6月上旬~下旬まで横浜・八景島シーパラダイスでは「八景島あじさい祭」を開催。流れ落ちる滝のように咲く白あじさいなど、八景島が持つ情景をあじさいで表現している。 「八景島あじさい祭り」は、さまざまな品種のあじさいの魅力を存分に楽しめる見どころ満載のスポットとなっており、島内各所の見どころスポットを巡ってスタンプを集めたり、嬉しい特典付きの「見どころスタンプラリー」や、咲き誇るあじさいを車窓から観賞できる「あじさいトレイン」など初夏ならではのあじさいの魅力をめいいっぱい楽しめる催しが盛りだくさん。 【あじさいの見どころスポット】 ①シーサイドガーデン(西浜) あじさいが海をバックに爽やかに咲き誇ります。 ②あじさい坂(西浜から丘の広場まで上る坂) あじさいに彩られた坂道。あじさい園路を華やかに盛り上げます。 ③シークレットガーデン(広場まで上る坂道の途中) 「あじさい坂」の途中にひょっこり現れるのが「シークレットガーデン」。「ピンクアナベル」たちが緑の中に映えます。 ④ブルーパラダイス(丘の広場) あじさいとバラのコラボレーションが観賞できます。 ⑤八景ブルーの庭(築山東側バス発着場) 八景島オリジナルあじさい「八景ブルー」が咲き誇ります。 ⑥あじさいの花道(丘の広場からカーニバルハウスまで下がる坂) 丘の広場から穏やかな坂道の両サイドにあじさいが咲き並びます。 ⑦あじさいの滝 白いあじさい「アナベル」が流れ落ちる滝のように咲き誇るメインストリート。夜は、あじさい園路を幻想的にライトアップする130個の竹灯籠が、昼間とは違った優しい光に包まれるあじさいを演出します。 ⑧新緑のあじさい(カーニバルハウス前花壇) 新緑を背景にあじさいの海をイルカが泳いでいます。 ⑨シーパステル(客船ターミナル裏) 白いアンカレッジ記念碑と海とあじさいのコラボ。
C1c995d6 2063 4a9b 93d5 86cc4d017467
関連記事あり
【横浜】雨の日・寒い日でもOK!室内おでかけスポット18選
A00b2b85 5ef7 4c46 ac47 546115ca589e
関連記事あり
横浜 八景島シーパラダイスにて「ウォーターランフェスティバル2018」7月22日(日)開催!!
Bcf5d00f fbfb 4bed a285 dd4b6fd620c7
関連記事あり
【行くならココ】横浜 観光おすすめ35選!穴場から定番も
9c3e2807 1cd1 4f59 b0b3 cf236338558d
関連記事あり
2018 東京近郊!関東のおすすめウォーターイベント・フェス6選!
1a90e25d a38d 458b b234 40f9da5c077d
関連記事あり
【東京 遊園地】おすすめ23選!
06efcc76 29c7 4539 88b1 be05a7f207a7
関連記事あり
新感覚のお花見イベント!横浜・八景島シーパラダイスで「SAKURA ISLAND 2018」開演!
2a8f4962 8537 4654 8d93 118e49e3fdbc
関連記事あり
【冬の“特別展示”】八景島シーパラダイスでクリオネに会える!
829cbd7b 9f73 42e6 8b14 0ffe784cecbb
関連記事あり
2月1日(木)〜14日(水)シーパラでフォトジェニックなバレンタインイベントを開催!
Ca51d8d5 118f 4a4e 8739 d515bd9012dd

B10b0e14 70a6 4b75 a446 d3b1d568c8a0
373fb406 bdfe 46ed b40d cb5ea6de7afb
08418f7d 8cf6 4c7e b235 a1921adfdd3c
平成26年(2014年)3月26日にリニューアルオープンした「相模川ふれあい科学館 アクアリウムさがみはら」は、淡水魚や両生類・水生昆虫等の飼育展示のほか、人と川とのつながりや環境保護、人々の交流の促進を目的とした施設です。水上に浮かんでいるような特徴的なデザインの建物は、かながわの建築物100選のひとつにも選ばれています。館内には、相模川の生き物や流域の魅力を映像と長さ40mの巨大水槽で紹介する「川ゾーン」、360度から生態観察ができるドーナツ型水槽のある「生命ゾーン」、水田の役割や魚道の種類、魚を守るための取り組みなどをパネルやクイズで紹介する「人ゾーン」などがあり、そのほかイベントやミニトークなどが行われています。人気のアクティビティは、1日400人限定の川魚への「餌付け体験」。直接水槽に手を入れて餌やりができ、ふだん警戒心が強く近くに寄ってこない川魚が集まってきて、エサをねだる様子を観察できます。 そのほか「相模川ふれあい科学館 アクアリウムさがみはら」では期間限定のワークショップや、最新のトピックスや旬のネタをテーマとする特別企画展を開催しており、何度行っても楽しめるイベントが盛りだくさんのスポットです。
72dd0df0 4d21 49e0 b508 bb97bc92a961
ここから歩いてすぐに相模川があります。その相模川の上流、中流、下流の様子表現した水槽展示で川や淡水魚のことを学べる小さな小さな水族館です。 お出掛けはイベント開催日に合わせると良いですよ。
3.0
by アップルヘッドTop userパン
2017年12月26日