神奈川県のよりみち案内

日付指定

日付を指定する
0fc226a8 05d9 424d 90a0 b8566af7be7c
899e0e70 af9f 4dcd 8700 0b3e6916cbd8
Ce7553cb 4c3d 4255 9999 9f96a90713c8
5dd81281 6a70 4edc 9bf3 b353e84b2b55
東慶寺 晴れたいい一日でした。
3.0
by ピカBronze名所
2018年11月10日
東慶寺の梅
1月下旬〜3月上旬
鎌倉では最もウメの名所の寺として知られ、境内には約130本のウメが点在。圧巻なのが山門から見る約30mの参道には左右に紅梅、白梅の木が40本以上が並ぶ。見頃になると山門からの眺めが美しく、思わず立ち止まってしまうほどで例年、2月中旬から下旬に咲き誇こる。この寺は、女性にとって「駆込寺」「縁切寺」として有名で、かつて鎌倉尼五山として知られていたが、現在は男僧の禅寺。寺の歴史は、弘安8年、北条時宗の妻・覚山尼が創建した臨済宗の寺。覚山尼は、「妻が寺に駆け込んで足掛け3年の寺入り生活をすれば離縁できる」という縁切り寺法を定めたといわれ、以来「駆込寺」「縁切寺」として知られるようになった。
A57e79c6 0a84 4fe7 afa5 756a022fdb43
東慶寺の紅葉
11月下旬〜12月上旬
東慶寺は、女性にとって「駆込寺」「縁切寺」として有名で、かつて鎌倉尼五山として知られていたが、現在は男僧の禅寺。寺の歴史は、弘安8年、北条時宗の妻・覚山尼が創建した臨済宗の寺。覚山尼は、「妻が寺に駆け込んで足掛け3年の寺入り生活をすれば離縁できる」という縁切り寺法を定めたといわれ、以来「駆込寺」「縁切寺」として知られるようになった。東慶寺は、梅の名所としても知られますが、紅葉も大変綺麗なスポットです。毎年11月中旬頃から境内のモミジ、イチョウなどが色づきはじめ、11月下旬頃に紅葉の見頃をむかえます。
1587d3d1 2f3c 4899 9912 4dcf9a479489
関連記事あり
【関東】除夜の鐘をつける場所15選
5ce0e916 5b13 403b 99f9 dafcf545b75e
関連記事あり
【神奈川】除夜の鐘をつける場所5選
B301b875 14b6 4351 95ee 9295855b22fc