神奈川県のよりみち案内

日付指定

日付を指定する
50e8c3f6 e7c3 4fe4 b0f4 1e0516cd8c0c
E5ccbb58 d26c 4b5b 851b 2f4173c4a5f5
0923ba03 a94e 4adf 8aa9 356daa650d93
舞妃蓮(まいひれん)が見ごろ 鵠沼はす池が「舞妃蓮(まいひれん)」とともに復活を遂げてから5年。昨年3千輪越えとさらに数を増やし、見頃を迎えている。市民団体「はす池の自然を愛する会」が、荒れていた池の整備を続けて44年。会員をはじめ、地元住民らの地道な活動が実り、今では一面に蓮が咲き誇っている。  本鵠沼駅から商店街と住宅街を抜けると、木道が現れる。第2はす池を横目にさらに進むと咲き誇る舞妃蓮が視界いっぱいに広がった。草木の香りが広がり、初夏の日差しが差し込む。  戦前、蓮田が洪水によって池になったとされるはす池。ゴミの不法投棄などで荒れていたが、住民と市の職員が清掃を開始したことをきっかけに1974年に「はす池の自然を愛する会」が結成された。 だが、2008年に特定外来種である浮草「アゾラ・クリスタータ」が大発生。蓮が咲いていたかつての風景をよみがえらせようと、本格的な除去活動を開始した。日々試行錯誤しながら除去活動に励むが、12年には浮草が再発生し、池は真っ赤に埋め尽くされた。毎日すくい取り、池の周りにまで繁殖していた浮草をボンベ200本以上を使いガスバーナーで焼くなどし、約8年の年月をかけて池を元の状態に戻した。 14年に3輪の開花に成功。15年には、たらいから移植し、91輪が花を咲かせた。その後、雑草を抜き、手入れを進めると急成長。咲く面積も広がり、16年には一気に2700輪、17年には約3千輪が開花した。 ツバメの親子も 2019年6月16日(日)「はす池観蓮会」10時から12時 鑑賞や撮影会など開かれる。是非一度訪れてみては。 *はす池は静かな住宅街の中。会場には駐車場なし。(最寄りにコインパーキング有)マナーを守って、公共機関をご利用ください。

78cffc75 a5d8 4d95 a229 787bc91c79df
7b82a82e 0a9d 4fa5 b367 3de3b3793f19
8dc80c69 a171 4f7e a270 456658c9bf3c
神奈川県鎌倉市にある寺院。創建は1394年以前。 紫陽花の名所としても有名で、「紫陽花寺」とも呼ばれています。6月の梅雨の時期になると、「明月院ブルー」と称される、青一色に統一された紫陽花を見るために多くの人で賑わいます。もう一つの見所として、本堂の円窓から見える後庭園の絶景があります。
252b73e8 ae30 4106 86e1 ec6569c93cc9
悟りの窓 まるで日本絵画のような光景で、思わず見とれてしまいました。
5.0
by dkf1
2018年11月29日
明月院のあじさい
5月下旬〜7月上旬
神奈川県鎌倉市にある寺院。1160年創建の明月庵を起源とする寺で、境内全域が国指定の史跡となっています。鎌倉で最大級の大きさを誇るやぐらや、北条時頼の墓と伝わる宝篋印塔など、歴史的に貴重な見どころが多い寺院です。明月院は、紫陽花の名所としても有名で、「紫陽花寺」とも呼ばれて親しまれています。澄んだ青色が特徴的な日本古来の品種「ヒメアジサイ」が主に植えられ、「明月院ブルー」と称される約2,500株の紫陽花を見るために多くの人で賑わいます。開花時期は例年5月下旬〜7月上旬。6月中旬頃から下旬にかけて最盛期を迎え、参道を埋めつくすように咲き誇る様子は息を飲む美しさです。
D43326bd c411 45cd a0be 340453e67f0e
明月院の紅葉
11月下旬〜12月中旬
神奈川県鎌倉市にある明月院は、アジサイの名所として知られていますが、秋には見事な紅葉を楽しむことができ、例年11月下旬から12月中旬に見頃を迎えます。狭い谷戸に細長く造られた境内の路は細く3本にわけられ、この細さがまるで紅葉に包まれているかのような感覚の落ち、山里にひっそりと佇む明月院の優美さと紅葉に魅了されます。
関連記事あり
【鎌倉 観光】おすすめ35選!長谷寺に大仏、スラムダンクの聖地まで!
5d9c8a12 02f0 4aef b01a e80872d9d82c

6040f018 35d2 4839 bc69 73e14aa2fd7d
B9da6afe c5ae 4143 967d 3f785771349e
A276d9ee 8c83 4565 a794 ff93d3245ab9
神奈川県鎌倉市の妙本寺。1260年建立。 源頼朝の重臣であった比企能員の屋敷跡。比企家は二代将軍源頼家の後継者争いで北条氏に破れましたが、その際に能員の末子である能本が出家し、一族のあった場所に法華堂を建てたことがはじまりと言われています。
5dd81281 6a70 4edc 9bf3 b353e84b2b55
朝早くの鎌倉。清清しい朝でした。
5.0
by ピカBronze名所
2018年4月28日

C5259784 4f96 435d af46 385f4e7ea0ac
7ec8b8f9 5e20 42fb 9f38 645f1e793e2e
Ef5b8de6 d6c1 4981 abac bdad8999bbdc
横浜みなとみらい21は神奈川県横浜市の西区と中区にまたがり横浜港に面している地域の総称です。エリア内には様々な施設があり、イベントも定期的に開催されているので1日を通して楽しめる場所です。 昭和5年建造の「帆船日本丸」は歴史ある帆船で内部見学ができます。また、横浜港の歩みと歴史を学べる「横浜みなと博物館」、インスタントラーメンに関する様々な展示や自分でオリジナルのインスタントラーメンを作れる体験施設「カップヌードルミュージアム」などは親子で楽しめるスポットです。 ショッピングを楽しみたい方には「横浜赤レンガ倉庫」、「MARINE & WALK YOKOHAMA」、「横浜ワールドポーターズ」がオススメ。「横浜赤レンガ倉庫」は明治末期から大正初期に建設されたレンガ造りの歴史的建造物で、現在では飲食店・カフェ・物販店が50軒以上も入っています。「MARINE & WALK YOKOHAMA」は横浜赤レンガ倉庫に隣接していて、オシャレなショップや飲食店・カフェなどが入っているショッピングモールです。「横浜ワールドポーターズ」はとても広い複合高のショッピングモール。ファッション、飲食店・カフェから映画館までを楽しめる施設です。 また、「よこはまコスモワールド」は高さ112.5m、480人乗りの世界最大級の観覧車「コスモクロック21」がある遊園地。夜まで営業しているため、夜景も楽しめます。
Ae0b3f15 3843 4b65 a73e f2efd9f86ffa
帆船日本丸のライトアップ 横浜みなとみらいの夜景です。
3.5
by sakikazukiBronze名所
2018年3月5日