Green banner

新潟の花火・周辺情報

79ba4422 7430 4ea3 b4e1 544d98c3b7bc

2018年に開催される花火大会の一覧です。特に、高い技術を持った花火師達の力作が見られる日本三大花火大会は必見です。内閣総理大臣杯が授与され、全国の花火師たちが優勝をかけてその技術を競いあう茨城県の「土浦全国競技花火大会」、花火師日本一決定戦とも言われており、「花火の街」大曲が誇る日本一の芸術花火が見られる秋田県の「大曲の花火」、明治12年に始まった長い歴史を持ち、直径650mもの大輪や信濃川にかかる幻想的なナイアガラが幻想的な新潟県の「長岡まつり花火大会」など、それぞれ違った仕掛けで人々を魅了します。 日本の夏の風物詩でもある花火大会。古くから伝わる職人技で繊細に作られた見事な花火を会場が一体となって楽しめるのが醍醐味。花火大会行くにあたって知りたい「日時」、「アクセス」はもちろん、快適に過ごすためにも「トイレの有無」、「雨天決行かどうか」などの細かい情報も気になりますね。またデートなどでは「有料席」でロマンティックに楽しむのもいいですね。しかし例年大混雑がつきものの花火大会。都合の合いそうな花火大会を見つけたら気になる情報をチェックしましょう。当日は、お酒とおつまみを用意して、存分に楽しみましょう!

C636d548 6999 4a86 950c b46b29e99ca4
404e4e13 553b 40d0 b30d 27d49946a873
085f8223 7bda 42f9 b295 d3c8b1e20181
日本三大花火大会の一つ。名物の正三尺玉は必見! 歴史と伝統を持つ長岡まつり大花火大会は、信濃川河川敷で2日間にわたり行われ、長岡花火とも言われます。日本三大花火大会の一つに数えられ、毎年100万人以上(2日間合計)の来場者で賑わいます。2日間合計で約2万発の花火が打ち上げられ、打上げられる花火の種類も豊富です。長岡まつり大花火大会の見どころは、名物の正三尺玉やナイアガラ、幅2kmにも及ぶフェニックスなどです。正三尺玉を間近で見るには長生橋上流、フェニックス花火は大手大橋下流がおすすめです。また、長岡まつり大花火大会は「慰霊・復興・平和への祈り」を込めて打ち上げられる花火大会です。昭和20年8月1日、B29大型爆撃機が来襲し、午後10時30分から1時間40分もの間にわたって市街地を爆撃。旧市街地の8割が焼け野原と変貌し、燃え盛る炎の中で1,486名の尊い命が失われました。長岡空襲の翌年、長岡市民が復興に立ち上がり、8月1日に「長岡復興祭」を開催。そして昭和22年に花火大会を復活させ、先人たちがつないできた、「慰霊・復興・平和への祈り」への想いが今日まで息づいています。是非、長岡まつり大花火大会に込められた想いを胸に、花火を楽しんでください。
大きい音が鳴ってるはずなのに、何故か静かになる瞬間 長岡花火のフェニックスです。 凄すぎて、音が凄いはずなのに何も聞こえないくらい感動・集中し、見入ってしまいました。
by Kawasaki Toshihiro
2018年8月3日