Banner
素敵に、よりみち

石川の観光・お出かけ

能登鹿島駅の桜

石川県鳳珠郡穴水町鹿島
4月上旬~4月下旬
七尾~穴水間33.1キロを走るのと鉄道の能登鹿島駅は、別名「能登さくら駅」と呼ばれ、プラットフォームの両脇に植えられた約100本のソメイヨシノによる桜のトンネルで全国的に知られている。この桜は、昭和7年にJR七尾線が能登中島駅~穴水駅まで延伸開業されたことを記念して、地元住民によって植えられたのがはじまりで、樹齢約80年を超える大木も。桜の開花期間は駅が24時間無料開放されるため、全国のカメラマニアや観光客でホームがいっぱいになり、上下線それぞれ1時間に平均1本しかない列車が入線するシャッターチャンスを待ち構えている。ホームからは七尾湾が一望できる。また、「花見だよin能登さくら駅」と題したイベントでは、太鼓の演奏や歌のステージの他、地元の特産品を扱う屋台が多く出店し、能登の味を堪能できる。日没から22時30分頃まではぼんぼりで桜をライトアップし、昼間とは趣の異なる妖艶な夜桜を演出。
桜×電車を撮るには最高のスポット。 線路と反対側に振り返れば、海を眺めることができます。 電車は1時間に1本程度なので、着発時間を確認してから行くことをお勧めします。 また、車を停めるところがあまりないので要注意。 4月中旬撮影。
by yuka.
2018年4月30日
44604820 74a2 4ec9 927a 0187f478281c64651a95 86d7 4a87 940e a055c3d60d4022c8d833 857b 43df 9c0d f8c93ce98efdSpot noimage