山梨県のよりみち案内

52405d92 9d16 470b 8150 82d7c2ef56ef
F319bdbd cb48 4a3c 8535 c3c09b3bb9cb
A8da63e1 b219 4cf8 93f6 d2972c6ed82f
富士山の麓に位置し富士五湖の1つに数えられる河口湖。富士箱根伊豆国立公園にも指定されています。 水面標高833m(富士五湖最低の標高)、湖岸線19.08km(富士五湖最長)、面積5.48㎢(富士五湖最大)、最大深度14.6(富士五湖4番目)。 河口湖ではレンタルボートで周遊を楽しんだり、釣りも楽しめます。釣りはルアーフィッシングのブラックバス、ニジマス、わかさぎ、へらぶな、鯉釣りなどを楽しむことができます。 その他、湖周辺でのイベントは1年を通して充実しており、美術家や公園などの施設も揃っているため、1日中楽しめる環境が整っています。
Ed00a428 3cc2 47e2 9e93 369baa672969
夕焼けに染まる河口湖 小曲展望広場前で見た夕景に癒されました。 敢えて富士山が入らない場所ですが、こんな姿の河口湖は初めてかも。
5.0
by やの きさらぎ
2019年2月17日
河口湖の桜
4月中旬
富士山のお膝元である河口湖では、町の至るところから富士山を眺めることができる。無数にある富士山ビューポイントのなかでも、桜の季節に多くのカメラマンが訪れるのが、河口湖大橋北詰に突き出した小さな岬「産屋ヶ崎(うぶやがさき)」。周辺のソメイヨシノは20本ほどと決して多くないが、桜を前景に湖面穏やかな河口湖と雪を頂く富士山を撮影することができる。この他、北岸の「長崎公園」は270度湖に面しているため、富士山の稜線が裾野まで望める。春は桜の並木が咲き競い、見事。また、湖畔沿いに整備された歩行者専用道路「ウォーキングトレイル」の北岸のルートは、富士山を眺めながら散歩できる絶景ポイント。春は沿道を彩る桜並木と芝桜による濃淡ピンクのコラボが楽しめ、「富士・河口湖さくら祭り」のメイン会場となる。
13341cbb 15e8 425a 8810 e3198fd9fd7a
河口湖の紅葉
11月中旬
山梨県南都留郡富士河口湖町にある「河口湖」。富士山の麓に位置し富士五湖の1つに数えられ、富士箱根伊豆国立公園にも指定されています。11月初旬から色づきが始まり、見頃は11月中旬です。河口湖の北岸、約150mにわたって続くもみじ回廊は人気の紅葉スポットです。また、11月に行われる「富士河口湖紅葉まつり」の期間中はライトアップも実施され、ライトに照らされた色鮮やかな紅葉の中に浮かび上がる富士山の姿が楽しめます。
04234a74 98fa 4428 81f7 725f2acfaa34
関連記事あり
【山梨 富士河口湖町 観光】おすすめ5選!河口湖の逆さ富士、大石公園
0f415794 f138 464b a444 3f30491b612e

488a7a69 b2fd 4988 bda6 3222aa696807
9d443d6d a17b 4c2b 9cba b125b5c03cca
949fb210 ea86 45cc 8a13 c4f5e5557098
北杜の涼やかな高原に、ハイジの世界が出現しました。まるでアルプスの村々の中に来たかのようなハイジの村の園内には、四季を通じて様々な花が咲き乱れるガーデンが広がっています。とりわけバラの季節には、日本最大級ともいわれるバラの回廊が出現します。
E1d02202 9ea3 4188 8c12 062a207d02b9
広い庭園内にはバラが咲き乱れ、カップルには最高のデートスポットです(^^♪
5.0
by Takahiro SagawaTop userニッコウキスゲ
2018年7月23日

Bdc2ae20 f478 403b 919b 71bf246b231d
54b78bb6 a5e7 44f0 a0ae d3ef485aae43
A7ac9b19 9960 4244 ba1d dcc4ea1a1016
1900年の由緒がある「北口本宮冨士浅間神社(きたぐちほんぐうふじせんげんじんじゃ)」は、富士山の女神である木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)、彦火瓊々杵命、(ひこほのににぎのみこと)、大山祗神(おおやまづみのかみ)をお祀りする神社です。 杉木立と石灯籠が立ち並ぶ参道に一歩足を踏み入れれば、そこには神聖な空気に包まれた空間が広がります。広い境内には、本殿や拝殿、神楽殿など国の重要文化財に指定された社殿が目白押し。拝殿前には、冨士夫婦桧と冨士太郎杉という2本の御神木などもあり、パワースポットとして人気を集めています。 境内の奥には、富士山の吉田口登山道の起点となる鳥居が建ち、夏には麓から山頂を目指す登山者で賑わいます。 北口本宮冨士浅間神社は、毎年8月26日、27日に「吉田の火祭り・すすき祭り」という富士山の山じまいのお祭りが行われることも有名。26日の夜には、富士吉田市内の沿道に並んだ70本以上の大松明が炊き上げられ、迫力のある光景を見ることができます。
27cda92f 99fd 4b81 9e58 f82873ae71b6
紅葉と光芒 たまたま寄った北口本宮冨士浅間神社で撮れた写真です。神社ということもあってかとても神々しい景色でした。
5.0
by Aruma Suzuki
2018年11月9日

A9fcc8a7 4f0a 4a42 91c5 5031a9a6bf15
07ba0a6b 84f2 4734 b215 c44862048523
24e3e177 ca67 453e 9f49 0f2fe39e0072
「まきば公園」は、八ヶ岳南麓に広がる県立八ヶ岳牧場の一部を開放してつくられた公園で、ヤギやヒツジ、馬などの動物との触れ合えます。雄大な自然の中、広大な緑の牧草地のなかで動物たちとの触れ合いを楽しんだら、敷地内のレストラン「まきばレストラン」へ。こだわり食材をふんだんに使用し、甲州ワインビーフ、高原野菜、牛乳、ワインなど、山梨ならではの味覚を楽しめます。名物の清里ジャンボバーガーをはじめ、特産品の甲州ワインビーフを使用したワインビーフシチュー、甲州富士桜ポークのステーキなど、絶品メニューがずらり。お値段も比較的リーズナブルなので、思わず食べ過ぎてしまいそうです。
801428b1 3038 4abc 8a6e f07e1a0b0aed
山梨県のまきば公園。県立八ヶ岳牧場の一部を開放してつくられた公園です。目の前には壮大な芝生が広がり、羊や牛などがゆっくり歩いている光景を目にできました。レストランも景色を眺めながら食べれるので最高です。牧場のアイスも濃厚ミルクで美味しかったです。
4.0
by ちぇりTop user体験
2018年10月9日

Ff125548 f9e1 40de 8ef8 63eff4825753
51002278 2b85 45cd 88cf 18547fdf66bd
B098ffa1 152b 490d 930d b78e80e452cb
山梨県北杜市と甲斐市に属する茅ヶ岳は、南の茅ヶ岳、北の金ヶ岳の2峰よりなっています。山頂からは金峰山をはじめとする奥秩父の山々や八ヶ岳、南アルプスの山々など360度のパノラマが楽しめます。八ヶ岳に似ているため「にせ八つ」との異名を持つ茅ヶ岳ですが、近年は「日本百名山」を著した作家、深田久弥氏の終焉の地として注目を集めており、また紅葉スポットとしても人気のスポットです。 初心者におすすめの登山コースは、深田久弥氏を偲んでつくられた「深田記念公園」から森林を散策するコース。巨大な岩「女岩」を迂回してゆっくり進めば茅ヶ岳山頂まで約3時間。往復で5〜6時間、合計6.4kmほどです。茅ヶ岳は春は桜、夏はひまわり、秋は紅葉と一年を通して自然の見どころが満載の場所でもあります。桜の季節におすすめなのは、「千本桜公園」。長い桜のトンネルを楽しむことができ、また展望台からは富士山をはじめとした美しい山々を眺めることができます。夏は茅ヶ岳登山口の近く「明野ひまわり畑」へ。南アルプスの山々を背景に、約60万本のひまわりが辺り一面に美しく咲き誇ります。秋には鮮やかに色づいた広葉樹の中を歩きながら、また山頂から美しい紅葉の景色を楽しむことができます。ぜひ、茅ヶ岳の美しい自然を鑑賞しながら登山を楽しんでみてはいかがでしょうか?
6ae9ffb2 5156 4c71 8aa1 7f8760877de7
標高1704メートル、日本二百名山の山。山頂からは富士山、八ヶ岳、南アルプスが望め最高でした!「日本百名山」の著者深田久弥の終焉の地としても有名です。
5.0
by みっきーTop user動物園
2017年7月2日

204eb9a6 aa38 4430 ae17 423adeaaba26
F8af7691 4409 41fe ae1a 3242b998f43d
87334d66 e4a3 4e5d adaa db01035d49c9
ノコギリのような大小様々な形の岩が切り立つ奇峰。まるでノコギリのような独特のギザギザ頭は今から2万年以上も昔の火山活動の名残で、その大小様々な形の岩が切り立つ山頂は奇峰の名にふさわしく、大小の奇岩にはヤスリ岩、弘法岩、十一面岩などの名前が付けられています。 弘法岩からもわかるように、瑞牆山は弘法大師が修行した山と伝えられ、弘法岩の基部にはカンマンポロン(不動尊大日如来)という梵字のようなものが刻まれているという。これは弘法大師が彫ったものだとも言われるが、実のところは雨による侵食というのが本当らしい。いずれにしても山岳信仰の山である。   深田久弥の名著「日本百名山」(新潮社1991年発行 ISBN4-10-318405-1)の一つにも選ばれ、北杜市のシンボルになっている。秩父連山の西端に位置する標高2,230mの花崗岩山。 【瑞牆山の名前の由来】 みずがきとは、神社の周囲に巡らす垣根のことで、もともとは「瑞垣」とも「瑞塁」とも書く。近くの金峰山と同様に蔵王権現の山岳信仰と結びつき古くから甲州修験道の中心として登拝されていた。