山梨県のよりみち案内

52405d92 9d16 470b 8150 82d7c2ef56ef
F319bdbd cb48 4a3c 8535 c3c09b3bb9cb
A8da63e1 b219 4cf8 93f6 d2972c6ed82f
富士山の麓に位置し富士五湖の1つに数えられる河口湖。富士箱根伊豆国立公園にも指定されています。 水面標高833m(富士五湖最低の標高)、湖岸線19.08km(富士五湖最長)、面積5.48㎢(富士五湖最大)、最大深度14.6(富士五湖4番目)。 河口湖ではレンタルボートで周遊を楽しんだり、釣りも楽しめます。釣りはルアーフィッシングのブラックバス、ニジマス、わかさぎ、へらぶな、鯉釣りなどを楽しむことができます。 その他、湖周辺でのイベントは1年を通して充実しており、美術家や公園などの施設も揃っているため、1日中楽しめる環境が整っています。
User default image
河口湖から見る令和の朝 令和が始まった5月1日の朝。 雲に隠れて見えなかった富士山が風に流れる雲の間から雄大な姿を現した。 河口湖の向こうに富士山が見えた瞬間は感動でした。
5.0
by アワゾン
2019年5月1日
河口湖の桜
4月中旬
富士山のお膝元である河口湖では、町の至るところから富士山を眺めることができる。無数にある富士山ビューポイントのなかでも、桜の季節に多くのカメラマンが訪れるのが、河口湖大橋北詰に突き出した小さな岬「産屋ヶ崎(うぶやがさき)」。周辺のソメイヨシノは20本ほどと決して多くないが、桜を前景に湖面穏やかな河口湖と雪を頂く富士山を撮影することができる。この他、北岸の「長崎公園」は270度湖に面しているため、富士山の稜線が裾野まで望める。春は桜の並木が咲き競い、見事。また、湖畔沿いに整備された歩行者専用道路「ウォーキングトレイル」の北岸のルートは、富士山を眺めながら散歩できる絶景ポイント。春は沿道を彩る桜並木と芝桜による濃淡ピンクのコラボが楽しめ、「富士・河口湖さくら祭り」のメイン会場となる。
13341cbb 15e8 425a 8810 e3198fd9fd7a
河口湖の紅葉
11月中旬
山梨県南都留郡富士河口湖町にある「河口湖」。富士山の麓に位置し富士五湖の1つに数えられ、富士箱根伊豆国立公園にも指定されています。11月初旬から色づきが始まり、見頃は11月中旬です。河口湖の北岸、約150mにわたって続くもみじ回廊は人気の紅葉スポットです。また、11月に行われる「富士河口湖紅葉まつり」の期間中はライトアップも実施され、ライトに照らされた色鮮やかな紅葉の中に浮かび上がる富士山の姿が楽しめます。
04234a74 98fa 4428 81f7 725f2acfaa34
関連記事あり
【山梨 富士河口湖町 観光】おすすめ5選!河口湖の逆さ富士、大石公園
0f415794 f138 464b a444 3f30491b612e

Cdfb1cec 0c9f 4743 83a8 b21384f87032
Caa1993c 0a1b 4cd1 872a adde40f2c738
4ed943ba 4ff8 4a79 a593 e74f84e9be97
新倉山の中腹にある「新倉富士浅間公園(あらくらやませんげんこうえん)」は、650本以上のソメイヨシノが植えられ、桜の名所として知られる公園です。 麓にある「新倉富士浅間神社」の境内地から398段もの長い階段を登ると、そびえ立つのは戦没者を慰霊するために建てられた「忠霊塔」という五重塔。さらに山道を上がった先にある展望台からは、裾広がりの雄大な富士山と朱色の忠霊塔のコラボレーションを楽しめます。春には咲き誇る桜も加わり、広がる光景は「ザ・日本」!。その美しい展望は、ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンの表紙も飾ったほどで、桜シーズンともなると国内外からたくさんのカメラマンが押し寄せます。 富士五湖エリアで随一とも称される富士山ビュースポット。富士急行大月線「下吉田駅」から徒歩約15分とアクセスも良好なので、ぜひ訪れてみて下さい。
386b54e0 fa0a 4855 979e 744fb92cf8ed
新倉山からの富士山☆ 屈指の富士山絶景スポット☆先日海外の方をお連れしましたらとても喜んで頂きこちらもとても嬉しくなりました。 富士山を美しいと思う心は世界共通ですね。
5.0
by lightworker999
2019年4月14日

51cd3e0c 96e8 4cd4 b1c5 3c6d573b0e25
6f712ed6 fca7 4ab7 81b1 4f31d02e21b7
6cf17f86 4853 48d4 8a46 64c009338a77
富士五湖のなかで、最も面積が大きい「山中湖」。 富士山の麓に位置し、湖面の標高も980.5mと国内第3位の高さを誇ります。 富士山頂と太陽が重なる「ダイヤモンド富士」の撮影ポイントとしても有名。風がない時には逆さ富士も見られることから、天候が安定している2月頃には多くのカメラマンが撮影に訪れます。 また、山中湖は別名「白鳥の湖」。毎年オオハクチョウやコハクチョウが越冬にやってきて、近年はコブハクチョウが定住。一年を通してハクチョウを観察できます。富士山を背景にハクチョウを見ることができるのは、山中湖ならでは。冬の寒さの厳しい時期には湖の結氷も見られますよ。 そのほか、豊かな自然に恵まれた山中湖には、珍しい植物や生物が多く生息。例えば、1956年に発見されたフジマリモ。マリモといえば北海道の阿寒湖などが有名ですが、山中湖をはじめ富士五湖すべてでフジマリモの生息が確認されており、県の天然記念物にも指定されています。
User default image
カメラ目線 富士山周辺の白鳥はとても元気でした。
3.0
by コウキ
2019年5月15日

Bdc2ae20 f478 403b 919b 71bf246b231d
54b78bb6 a5e7 44f0 a0ae d3ef485aae43
A7ac9b19 9960 4244 ba1d dcc4ea1a1016
1900年の由緒がある「北口本宮冨士浅間神社(きたぐちほんぐうふじせんげんじんじゃ)」は、富士山の女神である木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)、彦火瓊々杵命、(ひこほのににぎのみこと)、大山祗神(おおやまづみのかみ)をお祀りする神社です。 杉木立と石灯籠が立ち並ぶ参道に一歩足を踏み入れれば、そこには神聖な空気に包まれた空間が広がります。広い境内には、本殿や拝殿、神楽殿など国の重要文化財に指定された社殿が目白押し。拝殿前には、冨士夫婦桧と冨士太郎杉という2本の御神木などもあり、パワースポットとして人気を集めています。 境内の奥には、富士山の吉田口登山道の起点となる鳥居が建ち、夏には麓から山頂を目指す登山者で賑わいます。 北口本宮冨士浅間神社は、毎年8月26日、27日に「吉田の火祭り・すすき祭り」という富士山の山じまいのお祭りが行われることも有名。26日の夜には、富士吉田市内の沿道に並んだ70本以上の大松明が炊き上げられ、迫力のある光景を見ることができます。
27cda92f 99fd 4b81 9e58 f82873ae71b6
紅葉と光芒 たまたま寄った北口本宮冨士浅間神社で撮れた写真です。神社ということもあってかとても神々しい景色でした。
5.0
by Aruma Suzuki
2018年11月9日