山梨県 花・自然のよりみち案内

日付指定

日付を指定する
163386d1 2d74 4ce3 bef1 fccc0d2765bf
F9fb213a 520a 44cb bd25 ab144ae0ab21
Bd689662 2416 490c a16a 1c613e4b42ce
河口湖北岸、大石地区に位置する「大石公園」は、湖と富士山の眺めが素晴らしい、富士山の景勝地です。四季折々、様々な花々がその景色に彩りを加え、春にはチューリップや芝桜、初夏にはラベンダーが美しく咲き誇ります。 夏から秋にかけてはコキアが見頃。公園の西側に伸びる全長350mの花街道をコキアが真っ赤に染め、幻想的な景色を楽しむことができます。また、公園内には「河口湖自然生活館」があり、ブルーベリーやラベンダーなどを使った商品や地元の特産品が購入できるほか、ブルーベリーなどのジャム作り体験をすることができます。 また、河口湖自然生活館では近隣の農園で食べ放題のフルーツ狩りを行っており、7月下旬から10月初旬にはミニトマト狩りが行われています。富士山と花の絶景を見に、そして山梨の大地の恵みを味わいに、ぜひお出かけしてみてはいかがでしょうか。
D8c115d3 921a 4996 addc 2a21446a8577
大石公園の花々と富士山 河口湖の北岸にある大石公園では、富士山と湖と四季折々のお花が楽しめます。9月に行った際はまだ緑のコキアでしたが、10月中旬頃には真っ赤に染まるそうです。
4.0
by ゆかころ
2018年9月18日

B35891b1 fa49 4570 8f97 7d609d93dd5a
B0aa92c7 2557 4caf 9a42 2aac43978e95
Spot noimage
河口湖から山中湖へ向かう途中、左側に入ると突然と花畑が広がる。富士山に一番近い湖のほとり、標高1,000mの高原にある花の都公園。園内の約30万平方mにも及ぶ広大な敷地には季節ごとに花の群落が楽しめる。毎年5月中旬頃になると山中湖花の都公園の清流の里では、富士山を背景にネモフィラがあたり一面を鮮やかなブルーの色で覆い尽くし、大変爽快な光景が広がる。また、8月には約30万本のひまわり、7月中旬から10月上旬ごろには約100万本の百日草、9月中旬から10月上旬ごろには約200万本のキバナコスモスと四季折々の花を楽しめるスポット。
E1465fdc 4e11 46fb 8e59 42b7025ba152
ネモフィラ 一面に咲くネモフィラと富士山は絶景。
4.5
by nanakoTop userイルミネーション
2018年5月11日