山梨県 歴史のよりみち案内

歴史のTOP USER
まんでがんさん
Ef510d1c 1584 4dbc 8a0f 3c67fc666728
Bdc2ae20 f478 403b 919b 71bf246b231d
54b78bb6 a5e7 44f0 a0ae d3ef485aae43
A7ac9b19 9960 4244 ba1d dcc4ea1a1016
1900年の由緒がある「北口本宮冨士浅間神社(きたぐちほんぐうふじせんげんじんじゃ)」は、富士山の女神である木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)、彦火瓊々杵命、(ひこほのににぎのみこと)、大山祗神(おおやまづみのかみ)をお祀りする神社です。 杉木立と石灯籠が立ち並ぶ参道に一歩足を踏み入れれば、そこには神聖な空気に包まれた空間が広がります。広い境内には、本殿や拝殿、神楽殿など国の重要文化財に指定された社殿が目白押し。拝殿前には、冨士夫婦桧と冨士太郎杉という2本の御神木などもあり、パワースポットとして人気を集めています。 境内の奥には、富士山の吉田口登山道の起点となる鳥居が建ち、夏には麓から山頂を目指す登山者で賑わいます。 北口本宮冨士浅間神社は、毎年8月26日、27日に「吉田の火祭り・すすき祭り」という富士山の山じまいのお祭りが行われることも有名。26日の夜には、富士吉田市内の沿道に並んだ70本以上の大松明が炊き上げられ、迫力のある光景を見ることができます。
27cda92f 99fd 4b81 9e58 f82873ae71b6
紅葉と光芒 たまたま寄った北口本宮冨士浅間神社で撮れた写真です。神社ということもあってかとても神々しい景色でした。
5.0
by Aruma Suzuki
2018年11月9日

Cae9522b c4eb 4597 be3a 4777805a260b
138e9400 5ee3 4097 9e9f 7a6f1af110d3
4d0319e6 b4eb 4269 a348 18527d06da0e
身延山久遠寺は、日蓮宗の総本山として信仰を集めるお寺です。巨大な「三門」をくぐり、287段続く石段「菩提梯」を上がれば、本堂や五重塔が立ち並ぶ厳かな空間が広がります。階段は大変という方も、エレベーターやスロープが整備されているので安心です。 境内の奥からロープウェイに乗れば、身延山山頂へも向かうこともできます。山頂には、日蓮上人が離れて住む親を偲んだことにちなむ「奥之院思親閣」があるほか、展望台が数か所にあり、富士山や南アルプスなど360度の大パノラマを満喫できます。 身延山久遠寺周辺は、「日本さくらの名所100選」に選ばれた桜の名所として知られています。特に久遠寺境内の樹齢400年を超える2本しだれ桜が有名で、毎年お花見シーズンには、たくさんの人で賑わいます。 門前には、名物の生湯葉や饅頭などグルメを楽しめるお店も充実しているので、散策がてら立ち寄って見てはいかがでしょうか。
Ef510d1c 1584 4dbc 8a0f 3c67fc666728
身延山久遠寺 久遠寺は日蓮宗総本山の大きな寺院です。山の中ですが、駐車場から傾斜エレベーターやロープウェイもあるので高齢者連れでも安心でした。
5.0
by まんでがんTop user観光・名所
2018年7月17日

Cc80efd5 2512 4b75 9a4b c38713c192f7
F8b43dd5 df30 44ed a8b8 3f1ec5ff1720
Fb3a72de 72f8 4d86 8c2c b4324e139b41
大正8年(1919年)、信虎、信玄、勝頼の武田三代が国政を執ったつつじが崎館跡(武田氏館跡)に創建され、甲斐の名将武田信玄公をまつってあります。この館は永正16年(1519年)信玄の父、信虎が造ったもので、信虎、信玄、勝頼三代が63年間にわたって住んでいました。現在では、この館跡は国の史跡に指定されています。
4eda61e9 2eb2 48e7 8558 022648f84409
甲府駅から武田神社に真っ直ぐ続く武田通りの桜並木(武田神社入口側より)と武田神社の桜🌸
5.0
by momochanBronze名所
2018年3月29日

7b5a828c 7da7 4ba6 a943 ca18c542af34
C221268e 5986 4fda b039 7391c1646478
3418ca7b 639d 417b 84f2 17e476a1dcd3
「大蔵経寺」は、奈良時代に行基菩薩によって開かれたと伝わる真言宗智山派の古刹です。江戸時代には徳川家康・秀忠らの保護を受け興隆を極めました。通常は非公開ですが、国の重要文化財に指定された「絹本著色涅槃図」など貴重な寺宝を有しています。現在の伽藍は江戸時代後期に再建されたもので、御本尊には不動明王座像をお祀りしています。 大蔵経寺の一番の見どころは、池泉回遊式蓬莱庭園と枯山水庭園の2つお庭。大蔵経寺山を借景とする蓬莱庭園は、不老長寿を象徴した鶴亀石といった石組みやツツジやサツキの刈込が配され、奥行きある空間が広がります。枯山水の「覚之庭(さとりのにわ)」は、仏教の世界の中心にそびえる須弥山を表しているそう。庭園を臨む本堂には、たくさんの現代仏画が展示され、アート鑑賞も楽しめます。 甲斐石和温泉七福神の一つ「寿老尊」などもあり、七福神巡りに訪れる方も多い大蔵経寺。美しいお庭を眺めながら、のんびり過ごせる素敵なお寺です。
Be5c88b6 a2fe 4f35 baf4 e6ed5b594a5d
枯山水のお庭が素敵なお寺 京都の智積院にお庭が似ていると思ったら、宗派が同じでした
5.0
by ポムポム
2018年9月30日