青森県のよりみち案内

40661ea9 0712 40bf 9c9b 2f89191881c2
C3a571a9 702b 4d88 b6cd 91609dbaba01
56a5cd99 dc2e 405d 8ce2 3ee799ebc953
弘前藩初代藩主である津軽為信は、主家である南部氏から天正16年(1588年)独立し、津軽地方を平定。その後、津軽為信の子、信枚が弘前城を築城しました。江戸時代には弘前藩津軽氏4万7千石の居城として、津軽地方の政治経済の中心地として重要な役割を担っていました。城の造りは本丸を二の丸以下の曲輪が囲むように縄張りされている輪郭式の城です。本丸のみ石垣造りで、そのほかの曲輪は土塁で造られています。築城当時の天守は五重だったものの、寛永4年(1627年)落雷により焼失。現存の天守は、江戸時代後期に本丸の辰巳櫓を改築して天守の代用としたものです。天守は「現存12天守」のひとつで、層塔型の三重三階で銅瓦葺きです。 現在、天守閣は、弘前城史料館として、藩政時代の史料・資料(歴代藩主が使用した駕籠や小道具、調度品の他、刀や槍、鉄砲や大筒)が展示されています。 また、現存している天守や櫓などは国の重要文化財に指定。また城跡は国の史跡に指定されています。
78dee8a2 b3f6 4fef 9031 e9fb04a25b7c
桜のリフレクション この美しさは世界に誇れる🌸
5.0
by れん
2019年4月27日
弘前公園のハス
7月中旬〜8月下旬
津軽統一を果たした津軽氏の居城。弘前城天守や櫓、城門が当時の姿を伝える。津軽統一を果たした初代藩主、為信(ためのぶ)が慶長8年(1603年)に計画、2代藩主 信枚(のぶひら)が慶長16(1611年)に完成させた城。広さ約49.2ha、東京ドーム10個分以上の敷地は、三重の濠と土塁に囲まれ、6つの郭で構成されている。現在の天守は文化8年(1811年)に再建され、弘前城史料館として藩の史料を展示し、当時の風情を偲ばせている。園内の桜は、正徳5年(1715年)、西の郭に25本の桜を植えたのが最初と伝えられる。現在の桜は、明治維新後、荒れ放題のお城を見た旧藩士が少しずつ植えていき、昔の姿を取り戻そうと大部分は明治以降に植えられたもの。天守閣を中心にソメイヨシノをはじめシダレザクラ、ヤエザクラなど約50種2,600本の桜が咲き誇り、春は大勢の人出で賑わう。 また弘前公園は、毎年7月中旬から8月下旬にかけて蓮の名所になる。「蓮池濠」や「石橋」付近で古代蓮、弘前公園西側の工業高校口近くの蓮池では蓮の群生が咲き誇り、暑い夏に涼しさをもたらす。
Bebacd57 5e14 4275 93a6 87e5ccb501de
弘前城の桜
4月下旬~5月上旬
津軽統一を果たした津軽氏の居城。弘前城天守や櫓、城門が当時の姿を伝える。統一を果たした初代藩主、為信(ためのぶ)が慶長8年(1603年)に計画、2代藩主 信枚(のぶひら)が慶長16(1611)に完成させた城。広さ約49.2ha、東京ドーム10個分以上の敷地は、三重の濠と土塁に囲まれ、6つの郭で構成されている。現在の天守は文化8年(1811)に再建され、弘前城史料館として藩の史料を展示し、当時の風情を偲ばせている。園内のサクラは、正徳5年(1715)、西の郭に25本の桜を植えたのが最初と伝えられる。現在のサクラは、明治維新後、荒れ放題のお城を見た旧藩士が少しずつ植えていき、昔の姿を取り戻そうと大部分は明治以降に植えられたもの。天守閣を中心にソメイヨシノをはじめシダレザクラ、ヤエザクラなど約50種2,600本の桜が咲き誇り、春は大勢の人出で賑わう。
972f623b 8826 4610 88cb a1944fd999c2
弘前公園の桜
4月下旬~5月上旬
津軽統一を果たした津軽氏の居城。弘前城天守や櫓、城門が当時の姿を伝える。津軽統一を果たした初代藩主、為信(ためのぶ)が慶長8年(1603)に計画、2代藩主 信枚(のぶひら)が慶長16(1611)に完成させた城。広さ約49.2ha、東京ドーム10個分以上の敷地は、三重の濠と土塁に囲まれ、6つの郭で構成されている。現在の天守は文化8年(1811)に再建され、弘前城史料館として藩の史料を展示し、当時の風情を偲ばせている。園内の桜は、正徳5年(1715)、西の郭に25本の桜を植えたのが最初と伝えられる。現在の桜は、明治維新後、荒れ放題のお城を見た旧藩士が少しずつ植えていき、昔の姿を取り戻そうと大部分は明治以降に植えられたもの。天守閣を中心にソメイヨシノをはじめシダレザクラ、ヤエザクラなど約50種2600本の桜が咲き誇り、春は大勢の人出で賑わう。
32a03aa3 6076 4689 a154 570a239e30db
関連記事あり
【青森 弘前市 観光】おすすめ5選!弘前城に藤田記念庭園、りんご公園
Bc1fdd80 0a02 41ba aae0 60e959015e25

B111d496 d663 4db5 88fd 8827eb5b8e96
Df7293c4 e411 4cbd a8ef 2f0c43e501a8
4752eda0 3967 47a1 b382 df20fa8f9d13
2011年1月にオープンした「ねぶたの家 ワ・ラッセ」は、青森ねぶた祭りを一年中体感できる観光スポットです。「ねぶた」はもともと旧暦の七夕に行う灯籠流しが起源と言われ、東日本各地で行われる夏祭りでしたが、現在では特に青森で盛んに行われ、重要無形民俗文化財にも指定されています。 1階メインホールの「ねぶたミュージアム・ねぶたホール」は吹き抜けになっており、実際に出陣した大型ねぶたが展示され、実際にパーツを触ることもできます。また、2階の「ねぶたミュージアム」では、ねぶたの制作技術や、題材の移り変わり、ねぶた祭りの長い歴史を学ぶことができます。 ちなみに、「ねぶたの家 ワ・ラッセ」という名前は市民公募で選ばれたもので、ねぶた祭りの掛け声「ラッセラー」にちなんでいます。三味線・笛・ねぶた囃子の音色が響く館内を歩き、ねぶた祭りの世界を堪能してみてはいかがでしょうか。
C22fc233 aa31 478a 891f 2f5e8f384245
青森といえば、ねぶた! 青森駅からすぐの所にある、ねぶたの家ワ・ラッセ ここに行けば、迫力のある ねぶたが見れます。
5.0
by erishan_0113
2018年11月3日