青森県 花の名所のよりみち案内

花の名所のTOP USER
平岩蘭さん
90f799c2 68be 4938 9ef4 1542a9df0c99

日付指定

日付を指定する
32a03aa3 6076 4689 a154 570a239e30db
6cf15c17 63f5 434d 8f62 fbc559a463b0
D6f7f504 2fad 4395 bc64 fd23ed19f6ba
津軽統一を果たした津軽氏の居城。弘前城天守や櫓、城門が当時の姿を伝える。津軽統一を果たした初代藩主、為信(ためのぶ)が慶長8年(1603)に計画、2代藩主 信枚(のぶひら)が慶長16(1611)に完成させた城。広さ約49.2ha、東京ドーム10個分以上の敷地は、三重の濠と土塁に囲まれ、6つの郭で構成されている。現在の天守は文化8年(1811)に再建され、弘前城史料館として藩の史料を展示し、当時の風情を偲ばせている。園内の桜は、正徳5年(1715)、西の郭に25本の桜を植えたのが最初と伝えられる。現在の桜は、明治維新後、荒れ放題のお城を見た旧藩士が少しずつ植えていき、昔の姿を取り戻そうと大部分は明治以降に植えられたもの。天守閣を中心にソメイヨシノをはじめシダレザクラ、ヤエザクラなど約50種2600本の桜が咲き誇り、春は大勢の人出で賑わう。
E53a5fa7 0da9 494e a700 6387f684e5b6
弘前公園の桜 圧巻の一言です
5.0
by ほそかわ
2018年4月27日

972f623b 8826 4610 88cb a1944fd999c2
Bc1a041c 41f2 4ebe b0f1 f177d17f3a85
3e2e734f 4a80 488a 848a 23dc1f2cec80
津軽統一を果たした津軽氏の居城。弘前城天守や櫓、城門が当時の姿を伝える。統一を果たした初代藩主、為信(ためのぶ)が慶長8年(1603年)に計画、2代藩主 信枚(のぶひら)が慶長16(1611)に完成させた城。広さ約49.2ha、東京ドーム10個分以上の敷地は、三重の濠と土塁に囲まれ、6つの郭で構成されている。現在の天守は文化8年(1811)に再建され、弘前城史料館として藩の史料を展示し、当時の風情を偲ばせている。園内のサクラは、正徳5年(1715)、西の郭に25本の桜を植えたのが最初と伝えられる。現在のサクラは、明治維新後、荒れ放題のお城を見た旧藩士が少しずつ植えていき、昔の姿を取り戻そうと大部分は明治以降に植えられたもの。天守閣を中心にソメイヨシノをはじめシダレザクラ、ヤエザクラなど約50種2,600本の桜が咲き誇り、春は大勢の人出で賑わう。
User default image
お濠くるーじんぐ 弘前城公園のお濠を優雅に船が通りすぎました。 クルージングというほどでもないですが、お濠の水面から、桜を見上げる景色はきっと美しいだろうなと思いました。
5.0
by Dpr
2018年4月21日

E6af8520 7856 442a 916f a3fb8bc6e7fb
456733c0 90fb 43b9 99d2 ff7f2e7f0eb5
558efb4d 0145 4095 b4dc 3b0f4de89244
青森県下北半島の中間部陸奥湾に面した町が横浜町。野辺地からの国道279号は別名「むつは ますライン」呼ばれ海岸沿いには7月中旬にはハマナスの咲く風景が見られるが、途中の 大豆田地区から農道に入ると 、農家が栽培している作付面積は120ha(東京ドーム約25個分)のナノハナが黄色い花畑を作り美しく咲き誇る 。面積では国内最大で見渡す限りの菜の花はまさに絶景だ。横浜町では菜種油を取るために昔から栽培し てきたが、近年、その花が 町おこしとして話題を呼び、5月第3日曜日 には「菜の花フェスティバル」も開催され、マラソンや撮影会、菜の花大迷路などイベントも行われる。また油を取ることで知られるアブラナは、昔は唯一の植物性油で灯火用、食用に用いられてきた。もちろん、油を絞る以外にも葉を用いることもできる。また、根をすりおろし牛乳で混ぜ、蜂蜜を加えたのはセキ止めや気管支炎、喘息などの効果があるとされている 。
78dee8a2 b3f6 4fef 9031 e9fb04a25b7c
菜の花が見た景色 菜の花と天の川をパシャリ📸 ここは光源が無くていい撮影スポット 菜の花はこんな綺麗な景色を見ながら育つ。 星が降り注いで黄色に育ったのでは? なんて星を撮りながら考えちゃったりして😂
5.0
by れん
2019年5月12日