長野県 花の名所のよりみち案内

花の名所のTOP USER
平岩蘭さん
90f799c2 68be 4938 9ef4 1542a9df0c99

日付指定

日付を指定する
F72e4b8f 4f99 48ea 98f7 71113cffaf8f
E0a5524d 9f7a 4f3e 9e42 93c46127c107
B7d284b2 554f 4bd5 b14b 13f4cf29884a
長野県随一の桜の名所。かつて馬の姿が桜の花に埋もれて隠れたという高遠藩の桜の馬場。明治8年、荒れたままになっていた高遠城址を何とかしようと、旧藩士達が馬場の桜を城址に移植したのが公園の桜の始まり。植えられた約1,500本のコヒガンザクラがいっせいに咲くと園内が鮮やかなピンク色に染まる。期間中にはライトアップやボンボリが桜を照らし幻想的な雰囲気の夜桜を演出して見せる。ここの桜は「タカトウコヒガンザクラ」で一般のコヒガンザクラよりも花はピンク色が濃く、ソメイヨシノよりも桜色という桜に出会える。だからライトアップされるとより花びらの色が濃く感じるほど。城内は、頭上を覆いつくす見事な枝ぶりの桜で、ボンボリの明かりで艶やかに彩られる。特に園内の中央にある桜雲橋は、ライトアップされた桜に包まれて一番の夜桜のポイント。橋の下にも降りられるので橋を見上げる桜もいい。毎年4月の上旬から下旬にかけて「高遠さくらまつり」が開催され、多くの人で賑わう。最盛期には朝6時から夜22時までが開園時間。 さらに地元では「武田信玄の子・仁科五郎盛信が壮烈な最後を遂げた城で、その血の色が桜を赤くした」という言われも残る。散った花びらを手に取り、そんな凄艶な歴史のひとこまに思いを馳せれば、より花の美しさを感じてしまうはず。
E1465fdc 4e11 46fb 8e59 42b7025ba152
高遠城址公園 高台からの満開の高遠城址公園
5.0
by nanakoTop userイルミネーション
2010年4月15日

Aff151c0 8e15 49fd a651 5f4e8534bc3f
6db68407 bf71 4d07 af7f 04870d471dbc
907238c6 5ba2 40e6 a515 25056987c983
松本城は、室町時代末期の永正元年(1504)、この地方に大きな勢力を持っていた小笠原貞朝が一族の島立貞永に命じて築城。国宝にも指定されている。城内には約300本の桜が本丸庭園内や中央公園、堀沿いの歩道に桜並木が続き、遠く北アルプスを背に咲き誇う。4月中旬には「夜桜祭」が行われ本丸庭園が無料開放される。天守閣のライトアップも美しいが、場内には一本桜として熊本城主加藤清正公が江戸からの帰り立ち寄った際の伝承が残るシダレザクラも有名。城の名前の由来は、小笠原氏が武田信玄によって深志城を追われ、武田氏が一時期ここを信濃を治める拠点とするが、武田氏が滅亡すると1582年に徳川家康の家臣となった小笠原貞慶が、占拠して名を「松本城」へと改めたことで以後、松本城と言われる。
A653dbd5 2b7f 46a6 834c f7ab4e1cf2bf
桜渦 水面に浮いた花びらが渦を巻いているのを見つけて撮影しました。夜桜の名所ですがいつ見てもため息の出る風景です。
5.0
by Kouhei Fukuouji
2018年4月7日