長野県 歴史のよりみち案内

歴史のTOP USER
まんでがんさん
Ef510d1c 1584 4dbc 8a0f 3c67fc666728

日付指定

日付を指定する
Ba45eeae da9f 438c 9c49 28b3793bc207
F160de68 972b 40e9 a5c9 a7c10174e81f
D3c98850 4a13 457b 856a be21a2a2d87d
戦国時代の永正年間(1504〜1520年)、信濃守護家小笠原氏が深志城を築城したものが、松本城の土台となっています。天正18年(1590年)の豊臣秀吉による小田原征伐の結果、徳川家が関東に入府。当時の徳川家家臣の松本城主小笠原秀政は下総古河(現在の茨城県古河市)3万石を与えられ転封。その後、石川数正が入城し、石川数正とその子康長が、天守、乾小天守のある石垣造の近世城郭に改築しました。 現在の黒漆塗りの下見板張りの天守は国宝に指定、城跡は国の史跡に指定されています。 本丸正門の復元された黒門は侵入者が直進できないよう桝形門になっており、一の門が櫓門、二の門が高麗門になっています。
F33b5f14 d7cb 47e9 9fda 120d427d9158
松本城 水面に映る姿が綺麗でした。
5.0
by mizu@チームm4/3
2019年1月1日
松本城の桜
4月中旬
松本城は、室町時代末期の永正元年(1504)、この地方に大きな勢力を持っていた小笠原貞朝が一族の島立貞永に命じて築城。国宝にも指定されている。城内には約300本の桜が本丸庭園内や中央公園、堀沿いの歩道に桜並木が続き、遠く北アルプスを背に咲き誇う。4月中旬には「夜桜祭」が行われ本丸庭園が無料開放される。天守閣のライトアップも美しいが、場内には一本桜として熊本城主加藤清正公が江戸からの帰り立ち寄った際の伝承が残るシダレザクラも有名。城の名前の由来は、小笠原氏が武田信玄によって深志城を追われ、武田氏が一時期ここを信濃を治める拠点とするが、武田氏が滅亡すると1582年に徳川家康の家臣となった小笠原貞慶が、占拠して名を「松本城」へと改めたことで以後、松本城と言われる。
Aff151c0 8e15 49fd a651 5f4e8534bc3f
松本城の紅葉
11月上旬~11月中旬
長野県松本市にある松本城は、国宝に指定されている城です。戦国時代の永正年間に造られた深志城が始まりで、現存する五重六階の天守の中で日本最古とされています。秋になると紅葉の鮮やかな色づきが美しく、黒と白の天守のコントラストが映え素晴らしい景観です。例年11月上旬から11月中旬に見頃を迎えます。通年ライトアップも実施しているので、幻想的な城の雰囲気を楽しむこともできます。
関連記事あり
国宝松本城から草間彌生の作品まで!「長野 松本市」おすすめ観光・名所5選
Ee1e22f7 e4e7 46f2 84e6 947fc7144c81

2659162b 3458 475c 899d 56615dddb8b9
81a9c862 6617 4ae0 ba7b e6c1dfc5c589
0c569930 ff6c 416a bef7 bd39527b1a33
長野県長野市の無宗派の単立寺院である善光寺。創建年は不明なものの、約1400年前の皇極天皇3年(644年)とも言われている由緒あるお寺です。平安時代の末期には、有名なお寺は決まって女人禁制でしたが、善光寺は男女関係なく庶民を救う寺として知られていました。身分も性別なく、お参りすれば誰でも極楽往生できると信じられていたそうです。江戸時代末には「一生に一度は善光寺詣り」と言われていたほど、庶民からも大変な人気のあるお寺でした。 また、国宝である本堂は仏堂の前面に長大な礼堂を配した撞木造と呼ばれる独特の構造を持ち、東日本最大の規模を誇る江戸中期仏教建築の傑作となっています。 さらに、善光寺は、日本最古と伝わる「一光三尊阿弥陀如来」を本尊とし、現在でも、7年目ごとに1度(6年間隔の丑年と未年)「善光寺前立本尊御開帳」が行われています。秘仏の本尊「一光三尊阿弥陀如来」の代りである「前立本尊」が開帳される。御開帳の時期には全国から多くの参拝者が訪れ、大変な賑わいとなっています。
User default image
善光寺ライトアップ 真冬の長野は寒いです
3.0
by kiki姫
0001年1月16日

Fb419fbc 7fcd 4062 82f4 49b139bf382c
4b186083 db0e 4a97 b0b0 e30f46e1024b
F564b470 150f 4f06 bc61 1142a692a1e8
旧中込(なかごみ)学校は明治8年(1875)、下中込村の篤志者の寄付により建てられました。明治初期の大工棟梁たちが西洋建築をまねた「擬洋風建築」の学校建築で、現存する中でもっとも古いものとされています。 建築設計したのは、地元出身でアメリカに渡り建築学を研究した市川代治郎氏。日本人による明治初期木造洋風建築の様式を知る重要な建物として、旧中込学校は国の重要文化財にも指定されています。当時は珍しかったガラス窓がたくさん用いられ、1階の欄間と2階の丸窓には色鮮やかなステンドグラスがはめ込まれていたことから「ギヤマン学校」とも呼ばれていました。 建物内には教育関係の資料が展示され、資料館が隣接しています。珍しい明治初期の学校を見学しながら、当時の勉強風景を思い描いてみてはいかがでしょうか。
90f799c2 68be 4938 9ef4 1542a9df0c99
旧中込学校 明治8年(1875)に建築された、現存する最も古い擬洋風建築の学校の一つです。とてもレトロな雰囲気のある歴史的建造物です。 昔の小学生はこんなステキな場所で学べたんですね。建物内を見学する事もできますので、ゆっくりと見学をオススメします。 学校の脇に大きな藤がとても綺麗でした。
4.0
by 平岩蘭Top user写真・映像
2018年5月14日

98ed8ed6 fbb1 4a1d a312 ab88f64d83ae
5944a7c8 51e2 4973 8225 04550a59d465
1ef2e6cc 0e9a 49bd 930e 9114ddb74a68
上田城は真田昌幸により、1585年、1600年の二度にわたり、徳川軍を退けたお城として有名です。 真田昌幸が当主であった天正11年(1583年)に築城。現存している櫓、堀、石垣などは、仙石忠政によって寛永年間に再建されたものです。 かつては七棟あった本丸の櫓のうち現存するのは西櫓、南櫓、北櫓の三櫓のみです。いずれも下見板張、二重二階で同じ規模ぐらいです。本丸の水堀と土塁は現在は空堀ですが、江戸時代までは水堀でした。 櫓門、南櫓、北櫓見学が可能になっています。
801428b1 3038 4abc 8a6e f07e1a0b0aed
真田丸でお馴染みの真田家の居城上田城。いまは天守は無いですが櫓に登ることはできます。 真田家はこの場所で地の利を活かして二度も徳川軍を撃破しています。本当に戦上手だったんですね。
3.0
by ちぇりTop user体験
2016年12月23日