長野県のよりみち案内

日付指定

日付を指定する
Bcf52512 1b4e 4b90 a3c5 4f4b0df2fe17
9eab41cd dc4f 4586 b691 98d7e4ce4ba9
Spot noimage
長野県長野市松代町の松代象山地下壕。第二次世界大戦の遺跡として、西条口から約500mの区間が無料で見学できるようになっています。松代大本営地下壕は舞鶴山(現気象庁松代地震観測所)を中心として皆神山、象山に基盤の目のように掘り抜かれ、その延長は10km余りに及んでいます。第二次世界大戦の末期、軍部が本土決戦最後の拠点として、極秘のうちに、大本営、政府各省などを、この地に移すという計画のもとに、昭和19年11月11日から翌20年8月15日の終戦の日までおよそ9ヶ月の間に建設されたもので、突貫工事を持って、全行程の約8割が完成しました。 この建設には、当時の金額で1億円とも2億円(現在の貨幣価値では約3,000億〜6,000億)とも言われる巨費が投じられ、労働者としても多くの日本人、朝鮮人が強制的に動員されたと言われています。
801428b1 3038 4abc 8a6e f07e1a0b0aed
長野県松代の象山地下壕。松代城を目的に松代に行った際、現地の観光ボランティアの方が親切に教えてくれたので行ってみました。象山地下壕は太平洋戦争の際に、空襲からの回避、本土決戦の拠点ために、天皇や政府中枢機関が松代に移動する計画があったのだとか。当時は秘密裏に計画が進められ、松代大本営として、象山地下壕やその周辺に大規模な地下壕を建設。わずか9ヶ月で作ったそうです。 象山地下壕に入るため、備え付けのヘルメットをかぶり中に進んでみると、本当にびっくりしました。薄暗い洞窟がずっと続いていて、終わらないんです。たぶん1kmはあるのではないかと思います。高さは入口付近は少し低いですが、中は広さも、高さもかなりあります。松代大本営の洞窟全体としては10kmにも及んだそうで、象山地下壕の10倍近い洞窟が周囲にあったと思うと驚愕です。
4.0
by ちぇりTop user体験
2018年5月19日