静岡県 スポーツのよりみち案内

日付指定

日付を指定する
97f37da2 b371 4444 a060 6b4be57cd7a6
2001年に完成した「静岡県小笠山総合運動公園 エコパ」は、広大な敷地内に公園・スタジアム・グランド・ビオトープなどが併設されている観光スポットです。 常連客から「エコパ」の愛称で親しまれている、静岡県小笠山総合運動公園エコパ。シンボルともいえるのが、5万人を収容できる「エコパスタジアム」です。2002年のFIFAワールドカップの会場にはじまり、ジャパンラグビートップリーグの試合、有名アーティストによるコンサートなど、数々の感動が生まれています。 施設内にある「エコパスポーツミュージアム」には、サッカーを中心とした記念品が展示。エコパ開演10周年を記念して併設され、ワールドカップの公式試合球や1968年のメキシコ五輪で獲得した銅メダルなども飾られています。スポーツ好きの方は必見です。 そのほか、公園全体の6割を占める「ふれあいの森」もおすすめ。自然豊かなビオトープには、約650種類の植物を確認することができます。3つのウォーキングコースがあり、季節の草花や野鳥を観察しながらゆっくりと散策できます。