静岡県 花・自然のよりみち案内

花・自然のTOP USER
まんでがんさん
Ef510d1c 1584 4dbc 8a0f 3c67fc666728

日付指定

日付を指定する
A93b502a f4b1 43dd a115 24f13ea65410
Ea586b5e b886 43bb 8ed1 529534bed704
C5d4a38d 9cba 4807 9d68 6c99f803f1b6
四季折々の自然を満喫できる姫の沢公園。公園内で見られる植物は約600種。大自然の中に咲くつつじなどの花木から野草まで、様々な花が咲き誇ります。また、絶景を見渡せる「十国峠」まで、姫の沢公園を出発点とした約1時間半のトレッキングコースも設置されています。 そのほか、姫の沢公園内には、いたるところにアスレチック遊具が設置されていて、園内全体がアスレチックコースとなっています。50 種類あるアスレチックのコースは2つにわかれていて、2時間ほどかけて園内を1周できるようになっている。ひとつのアスレチックから次のポイントまで距離があるものもあり、難易度も高め。小学校中学年以上の子におすすめです。
静岡熱海の姫の沢公園。JR熱海駅から箱根に向かうバスに乗車して15分ぐらいです。姫の沢公園は山が公園なのでとにかくでかい!沢山の植物がありました。つつじの大きな山があったので春はきれいでしょうね。また、山の中がハイキングコースみたいになっていて、いたるところにアスレチック遊具が設置されていました。 そのほか、富士山が綺麗にみえる絶景スポットの十国峠まで姫の沢公園から歩いて登っていけるそうです。ハイキングをして辿り着いた先が絶景と言うのは登り甲斐がありますね。
by ちぇりTop user
2018年9月5日
20afa28f d400 407a abc7 f331587785b7
Ac867f3b b0a8 4768 ace4 8bc2a7dbf737
01930506 dc15 4a9e be9e 519f8d77b08b
三島市と沼津市の間に位置する、駿東郡長泉町にある「クレマチスの丘」。美術館、文学館、レストラン、自然庭園からなる複合施設です。敷地内にある美術館は3つ。 ひとつは、ヴァンジ彫刻庭園美術館。イタリアの彫刻家「ジュリアーノ=ヴァンジ」の個人美術館。2002年に芸術界のノーベル賞とも称される「高松宮殿下記念世界文化賞」を受賞した高貴なる作品たちが並びます。 ふたつめは、ベルナール・ビュフェ美術館。フランスの画家「ベルナール=ビュフェ」の作品を展示。油彩画、水彩画、素描、版画、挿画本など、2,000点以上の作品が収蔵されています。そのほか、現代作家が描いた様々な絵本も自由に閲覧可能。家族連れにも人気です。 3つめは、IZU PHOTO MUSEUM。複数のテーマに応じた写真を企画展示している美術館。シンポジウムやワークショップが定期的に開催され、期間限定で様々な写真芸術と出会うことができます。現代美術作家・杉本博司が手がけた建築空間も必見。また、併設されているショップでは、新・旧の美術書籍やカタログが販売されています。探し求めていた絶版書を見つけられるかもしれません。 そのほか、作家・井上靖の著作や映像作品が展示された「井上靖文学館」、名称の由来にもなっているクレマチスが咲き誇るガーデン、本格イタリアン・懐石料理を楽しめるレストランなど、1日を通して自身の教養やセンスを磨けるスポットです。
敷地が広いので、芝生でのんびりできます。クレマチスをはじめ、色々なお花に囲まれて幸せな気分になれました。また美術とも融合していて、写真展や彫刻展なども楽しめました。
by Sakiho716
2018年6月19日
1f9714cf 90bc 430a b80b 94a7985803ca
92475f84 6c70 4ec7 ba38 9ae604701947
89685898 3f51 4586 bca6 9ed741932041
日本一早咲きの梅、そして遅い紅葉で有名な熱海梅園。梅は樹齢100年を超える古木を含め59品種・472本、紅葉樹は約380本もあり、のんびり散歩をしながら自然美を堪能できる場所です。1月中旬~3月上旬の梅まつり、5~6月の新緑、11月中旬~12月上旬のもみじまつりがあり、四季折々で楽しめます。 熱海梅園は、内務省の長与専斎が、「温泉がよく病気に効くのは、ただその中に含まれている塩気や鉄精にばかり頼らず、適当な運動をするからである」(「熱海風土記」―梅園記より)と、提唱したことから造成され、1886年(明治19年)に開園しました。温泉保養地として栄えた熱海文化の、重要な一端を担っています。
熱海梅園の紅葉
11月下旬~12月上旬
静岡県熱海市にある熱海梅園。早咲きの梅が有名な熱海梅園では、11月下旬から12月にかけて美しい紅葉が楽しめます。例年見頃の時期には「熱海梅園もみじまつり」が開催され、足湯、音楽イベント、フォトコンテストなどが行われます。まつり期間中は紅葉のライトアップが実施され、多くの見物客を魅了します。
48d08c37 6f50 4fb7 b493 093c2b64046e
熱海梅園の梅
1月中旬〜3月上旬
日本一の早咲きで知られ明治19年に開園した熱海梅園は、毎年「梅便り」の先陣としてニュース番組にも登場する。温暖の地にあること、“八重野梅” や“冬至”をはじめ早咲きの品種が多いことなどがその理由。一方で遅咲きの品種もあり、 長期に渡って花見が楽しめる。園内のウメは、樹齢100年を越える梅の古木を含め、60品種457本の梅が咲き誇り 早咲き、中咲き、遅咲きと、順番に開花していくので、 まつり期間中は梅が楽しめる。温泉地だけあって常に賑わうので、ゆっくり観賞するには平日がおすすめ。また、梅まつり期間のみ運営する足湯もあり、7~8人が座れるスペースで屋根がついた施設だが、園内を歩いた後には、休むにはおススメでもある。
F18a3812 91ff 4ba8 973c b13123efc1f4
関連記事あり
【熱海 観光】おすすめ5選!熱海城、MOA美術館に熱海サンビーチ
4b092e47 f726 4735 9dcd b9d631840e18