愛知県のよりみち案内

日付指定

日付を指定する
843a7a9e ed38 4e4a a83a 61ca9c00d848
228e2fff 2fcc 4b94 ba8d 4e81b81eef08
83e225a8 e1df 4312 a577 baa37d693d65
User default image
名古屋城 もみじに彩られうれしそう。立て直しの為、少しの間、さようなら、ありがとう。
3.0
by さくらこ
2018年12月9日
NIGHT CASTLE OWARI EDO FANTASIA 〜絢爛たる尾張のはじまりをめぐる旅〜
2018年12月1日(土)〜2018年12月16日(日)
名古屋城全エリアで、400年前に芸どころ名古屋の基礎を築き、独自の精神や文化を育ててきたと言われる7代目藩主徳川宗春の頃の尾張(名古屋)の「絢爛豪華な宗春の時代」を、ネイキッドの光と音の演出で表現します。プロジェクションマッピングやライティングアート、音楽、将軍に扮したキャストなどで当時の街並みを表現する城内を歩きながら、江戸時代・尾張の世界を体感する没入型ナイトウォークを楽しめます。
B8552b14 5067 414b 8f7a 9acd05824a54
名古屋城の桜
3月下旬~4月上旬
金の鯱ほこで知られる名古屋城は、市民のシンボルとして親しまれている。桜の季節は、約1600本 10種類のソメイヨシノやシダレザクラをはじめとした桜が豪華競演。また、夜桜見物では照明に照らされた天守閣とライトアップされた桜の壮大景観で、見事に咲き誇る。この城は、徳川家康が自ら検地して諸大名に命じて築かせたもので、1610年(慶長15年)徳川家康が息子、義直の居城として築城。昔から「尾張名古屋は城でもつ」と謡われているように、名古屋は城とともに発展。規模の大きな名城で国宝たが、1945(昭和20)年に戦災で天守閣などを焼失。戦後に復元され、天守閣に燦然と輝く鯱ほこは、大阪造幣局で造られ金が1272Kgも要した。名古屋城が築かれた1610年からちょうど400年にあたる2010年は、名古屋にとって大きな節目となった年です。
Ad326802 255d 4ad8 ad68 d52d05fac2cc
関連記事あり
【名古屋市 観光】おすすめ5選!名古屋城に東山動植物園、オアシス21
F8d9b020 bc58 4f88 8161 5ffe3d58e37d