Green banner
素敵に、よりみち

三重の観光・お出かけ

6ab5cc19 ad2c 4991 b425 90fc7dffe14e
5b558232 c71c 480f b664 db762c494467
Abf532d2 5ce9 40b0 94fc 3fb568c1e657
花をテーマにした施設とした東海地区最大級の花畑のなばなの里。約13,000坪の敷地に春の梅、桜、チューリップ、バラ、夏のあじさい、花しょうぶ、秋のコスモス、ダリアなどを観賞することができます。国内最大級スケールのあじさい・花しょうぶ園では、50種類70,000株のあじさいと、50種8,000株の花しょうぶが植えられ、5月下旬頃から見頃を迎えます。中央の棚田では様々な品種の花しょうぶが見られ、他にも200m続くあじさい棚「あじさいロード」は必見です。珍しい品種も並び楽しませてくれる他、夜はライトアップもあり静かな雰囲気の中、夕涼みを満喫できます。
なばなの里へ梅雨空の下はなしょうぶを見に行きました。
by kk
2018年6月10日
E96132b2 16f1 493c 92b0 49d4e5d381d9
0db112fd f81f 47ce 984d d0b0a8acc0b0
B681a56a c2a1 449e b688 fdab68440569
台風12号の接近に伴い、30日(月)に延期となっていた「桑名水郷花火大会」は、中止となりました ================================================================= 豪華絢爛!東海地区最大級の二尺玉が20連発で打ち上がる桑名水郷花火大会。 水郷のまち桑名として知られる三重県桑名市で開催される「桑名水郷花火大会」は、昭和9年に伊勢大橋の完成を記念してはじめられた花火大会です。 1,000発以上のスターマインをはじめ、 水中花火、ナイアガラ、東海地区最大級を誇る二尺玉花火など約10,000発の花火が揖斐川中州から打ち上げられ、視界全体を光で包み込みます。水中スターマインは観客の眼の前まで迫ってくる人気プログラムで、河川敷からの観覧がおすすめです。 【おすすめスポット】 ①揖斐川河畔(市街地側) ・住所:三重県桑名市 揖斐川河畔 ・桑名水郷花火大会を観賞するベストスポット!目前で楽しみたい方におすすめです ・場所取りは、午前中にしなければ確保が難しくなります 【穴場スポット】 ①なばなの里 ・住所:三重県桑名市長島町駒江漆畑270 ・例年桑名水郷花火大会の当日にはなばなの里の夜間営業時間が22:00まで延長されます。 ・水中スターマインなどは木々が邪魔になるの多少見づらいですが、打上花火は大迫力で楽しめます。 ②バロー桑名東店の屋上駐車場 ・住所:三重県桑名市太一丸687-1 ・例年花火観賞のために屋上駐車場を無料開放しています。 ・花火の打上地点からも距離が近いので、大迫力の花火を楽しめます。また、飲みもの・食べ物の調達やトイレにも困りません。 ③吉之丸コミュニティパーク ・住所:三重県桑名市吉之丸7 ・桑名城址北側にある公園。花火会場からも近く水上スターマインがよく見える穴場スポットです。
揖斐川の中州を舞台に7月下旬に開催され、約1万発の花火が約1時間半かけて打ち上げられます。クライマックスに登場する二尺玉は、東海地区最大級の迫力で夜空を彩ります。
by なべ一号Top user
2018年5月19日
750565ff 6e4b 4c44 96b9 ed287b6b8630
66865fd1 3b28 4d48 a6b2 2db9e48bb94a
44dd82b2 3263 4716 b33c 638006453923
花をテーマにした施設とした東海地区最大級の花畑が三重県桑名市長島町にある「なばなの里」です。約13,000坪の敷地に春の梅、桜、チューリップ、バラ、夏のあじさい、花しょうぶ、秋のコスモス、ダリアなどを観賞することができます。 ベゴニアガーデン内の5,500平方mのバラ園には約800種・約4,000本のバラが咲き誇り、バラまつり期間中には夜のライトアップも行われます。
74b2b961 afb3 477f aebb bcb06e10f7f0
Cf54166b 87a0 41a8 b0c5 b7db02d7c39d
506e38a7 87a7 4946 9308 d98b4fe1d626
「孔雀が一斉に羽を広げた華麗な姿」を連想させる津花火大会! 三重県津市の夏の風物詩である津花火大会は、大正時代に始まった歴史ある花火大会です。オープニングで豪華尺玉5発扇打ちと海上尺玉5発の一斉開花が行われて津花火大会がスタート。海上を舞台に疾走する船2隻から繰り出される100連発花火など、津ならではの工夫を凝らした見応え抜群の演出は圧巻です。砂浜から臨場感あふれる花火を楽しめます。津花火大会は「阿漕浦海浜公園」の砂浜がメイン会場となりますが、周辺の浜辺も広いので、多くの方が浜辺で鑑賞します。 【津花火大会おすすめスポット】 御殿場海岸 ・住所:三重県津市藤方 ・阿漕浦海浜公園の隣。人気の高いビュースポット ・広い海岸のためシートを敷いてゆったり花火を鑑賞できます 【津なぎさまちフェスタ】 津花火大会の翌日に開催。津なぎさまちフェスタではペーパークラフト体験やバブル体験など沢山の無料イベントが開催されます。当日は、縁日やご当地グルメなどの出店も予定されています。 ・開催期間 7月16日(月・祝) ・開催時間 10:00~16:00 ・会場名 津なぎさまち内旅客船ターミナル内及びその周辺
津の花火大会。 徐々に盛り上がっていく花火は見ていて楽しく、 比較的撮りやすいように思えます。 海岸沿いに並んで見れるのでどの位置でも 比較的見やすくて楽しめました。
by 奈己
2018年7月28日