三重の観光・お出かけ

5b558232 c71c 480f b664 db762c494467
Abf532d2 5ce9 40b0 94fc 3fb568c1e657
6ab5cc19 ad2c 4991 b425 90fc7dffe14e
花をテーマにした施設とした東海地区最大級の花畑のなばなの里。約13,000坪の敷地に春の梅、桜、チューリップ、バラ、夏のあじさい、花しょうぶ、秋のコスモス、ダリアなどを観賞することができます。国内最大級スケールのあじさい・花しょうぶ園では、50種類70,000株のあじさいと、50種8,000株の花しょうぶが植えられ、5月下旬頃から見頃を迎えます。中央の棚田では様々な品種の花しょうぶが見られ、他にも200m続くあじさい棚「あじさいロード」は必見です。珍しい品種も並び楽しませてくれる他、夜はライトアップもあり静かな雰囲気の中、夕涼みを満喫できます。
なばなの里へ梅雨空の下はなしょうぶを見に行きました。
by kk
2018年6月10日
750565ff 6e4b 4c44 96b9 ed287b6b8630
66865fd1 3b28 4d48 a6b2 2db9e48bb94a
44dd82b2 3263 4716 b33c 638006453923
花をテーマにした施設とした東海地区最大級の花畑が三重県桑名市長島町にある「なばなの里」です。約13,000坪の敷地に春の梅、桜、チューリップ、バラ、夏のあじさい、花しょうぶ、秋のコスモス、ダリアなどを観賞することができます。 ベゴニアガーデン内の5,500平方mのバラ園には約800種・約4,000本のバラが咲き誇り、バラまつり期間中には夜のライトアップも行われます。