京都の観光・お出かけ

7dd2d4c7 025b 45be 9148 d4569f68cfda
E3409071 43a3 4713 b3dc faf4138b8667
8b92291f c719 460e 9f51 ee44d700864a
西国観音霊場十番の札所で、本山修験宗の別格本山です。 約1200年前(宝亀元年)、光仁天皇の勅願により、三室戸寺の奥、岩淵より出現された千手観音菩薩を御本尊として創建されました。また、4月下旬~5月上旬の約2万株のつつじ、6月には50種・10000株のアジサイ、6月下旬より8月上旬には250鉢の色とりどりの蓮(はす)が咲き「花のお寺」とも称されています。
ハートの形に見える紫陽花たち♡♡
by asu
2018年6月10日
三室戸寺の紅葉
11月中旬~12月上旬
京都府宇治市にある「三室戸寺」。西国三十三カ所巡礼の十番札所で、あじさい寺として知られている寺院です。隠れた紅葉の名所としても知られ、「三室戸の紅楓」として宇治十二景の一つに数えられています。11月中旬からモミジやイチョウが色づき、11月中旬~12月上旬に見頃を迎えます。特に本堂東側の三重塔を中心とし、美しい赤に染まるモミジと黄金に輝くイチョウの鮮やかな紅葉が見事です。
D6186f13 800f 47a8 a3ed 72057525a15d
三室戸寺のつつじ
4月中旬〜5月中旬
三室戸寺は、西国観音霊場十番の札所で、本山修験宗の別格本山。5,000坪の大庭園は枯山水、池泉、広庭からなり毎年6月には「あじさい園」には西洋あじさい、ガクあじさい、柏葉あじさいなど約50種類、1万株のあじさいが杉の斜面の間に咲き誇る。また、夜間はライトアップされて昼間とひと味違う景色が堪能できる。寺は四季おりおりの花も見られるので、一名『花の寺』とも言われており、4月下旬〜5月上旬の「つつじ園」には、20,000株の平戸つつじ、霧島つつじ、久留米つつじ等が咲き誇り、その規模は関西屈指のもの
584ba98d 5ace 4eb7 af63 ffad17a99551
三室戸寺のシャクナゲ
4月下旬〜5月中旬
三室戸寺は、西国観音霊場十番の札所で、本山修験宗の別格本山。5,000坪の大庭園は枯山水、池泉、広庭からなり毎年6月には「あじさい園」には西洋あじさい、ガクあじさい、柏葉あじさいなど約50種類、1万株のあじさいが杉の斜面の間に咲き誇る。また、夜間はライトアップされて昼間とひと味違う景色が堪能できる。寺は四季おりおりの花も見られるので、一名『花の寺』とも言われており、4月下旬〜5月上旬の『つつじ園』には、20,000株の平戸つつじ、霧島つつじ、久留米つつじ等が咲き誇り、その規模は関西屈指のもの
357be034 3178 42a5 a8f3 6e4f69a9742a
三室戸寺のあじさい
6月上旬〜7月上旬
三室戸寺は、西国観音霊場十番の札所で、本山修験宗の別格本山。5000坪の大庭園は枯山水、池泉、広庭からなり毎年6月には「あじさい園」には西洋あじさい、ガクあじさい、柏葉あじさいなど約50種類、1万株のあじさいが杉の斜面の間に咲き誇る。また、夜間はライトアップされて昼間とひと味違う景色が堪能できる。寺は四季おりおりの花も見られるので、一名「花の寺」とも言われており、4月下旬〜5月上旬の「つつじ園」には、20,000株の平戸つつじ、霧島つつじ、久留米つつじ等が咲き誇り、その規模は関西屈指のもの
Ce31b02f 432f 4941 83fe b53a2011d7fd
三室戸寺の蓮
6月下旬~8月上旬
京都府宇治市の「三室戸寺」は、西国観音霊場十番の札所で、本山修験宗の別格本山。四季おりおりの花も見られるので、「花の寺」とも言われており、6月に見頃を迎える「あじさい園」もおすすめです。 6月下旬~8月上旬頃には蓮園が開園。三室戸寺の本堂前は100種・250鉢の色とりどりの蓮が咲き誇り、その光景はさながら極楽浄土のようで「蓮の寺」とも言われる名所です。
84131d05 1aa0 4db7 8924 ecb08019a579
関連記事あり
【京都 宇治市】おすすめ観光・名所5選!平等院に宇治上神社、三室戸寺
8859fc7c ae2a 47ec 9dd9 347e3154e3cf
7330e0ec 7126 4160 89ff dc5505e5246f
C7897f1d d57e 4b3f bd68 bbda2de7a81a
49324c57 54dd 41c3 beb1 52785cf9fc21
日本人にとって身近であり、長年人々に信仰を集め続ける「お稲荷さん」。今現在全国30,000社あると言われており、その総本宮がここ「伏見稲荷大社(ふしみいなりたいしゃ)」。稲荷信仰の原点は稲荷山であり、御祭神である稲荷大神様がこのお山に御鎮座されたのは、奈良時代の和銅4年(711年)。その日から数えて、平成23年(2011年)に御鎮座1300年を迎えています。 商売繁盛・五穀豊穣の神様として、厚い信仰を集める伏見稲荷大社ですが、近年では「外国人に人気の日本の観光スポット」で上位にランクインしている影響もあり、外国人観光客をはじめ、多くの参拝客が訪れています。中でも最も有名なのが「千本鳥居」です。朱色の鳥居がどこまでも続く光景は素晴らしく、フォトジェニックだということで若者にも人気があります。平日でもかなりの人で混雑しますので、動きやすく歩きやすい服装で行くことをおすすめします。 また、伏見稲荷大社では他の神社にある絵馬とは少し違い、狐の形をした「願掛け絵狐」に願いを書き込むようになっています。伏見稲荷大社らしく、珍しいので書いてみるのもおすすめです。千本鳥居だけでなく、本殿をはじめ多くの場所が国の重要文化財に指定されているので必見です。
カーテン 京都 伏見稲荷神社の千本鳥居です。
by Shuntaro Yasui
2018年2月21日
4a8af1a7 5c76 4246 9912 9590969f764f
E75a3a80 4e98 4c80 8ab0 6736bed37405
652c27c9 7776 4c01 9b10 3060cc32e187
京都観光の中でも、特に人気の高い清水寺。清水寺の参道である二年坂、三年坂にはたくさんのお店が軒を連ねます。清水の舞台で有名な国宝の本堂はもちろんのこと、重要文化財に定められた国内最大級の三重塔や、寺名の由来となった「音羽の瀧」など多くの見どころがあります。 毎年8月9日~16日には一日の参詣が千日分の功徳に相当するとされる「千日詣り」が行われ、普段は見ることのできない本堂の内々陣が特別公開されます。 桜や紅葉の名所でもあり、舞台から眺める景色はまさに絶景!定期的に夜間特別拝観も行われていて、昼間とはまた違った幻想的な姿に出会えます。
これが日本!! 3月の京都での2枚 3月に訪れたということもあり1枚目の写真には満開の桜をバックに 2枚目では寄りで建物の駒金所を意識しました。
by だい
2018年3月31日
74a6fad9 98ed 47eb 855b ecd8e87350e3
6e61e011 ecf2 4603 9e88 7cdb4f388ac5
67280b1e f57f 4a40 83b0 f61ccb9369c7
京都府宇治市にある藤原一族ゆかりの平等院。世界遺産にも登録されている平等院は「古都京都」を代表する歴史的建造物といて大変有名な観光名所でもあります。2012年9月から2014年9月までの2年間にわたり国宝「平等院鳳凰堂」の修復作業を行い、今では建立当時の姿で甦りました。
平等院鳳凰堂 iPhoneの本気
by 井村智史
2018年6月29日
平等院の紅葉
11月下旬~12月上旬
京都府宇治市にある「平等院」は、「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されている、平安時代に栄華を誇った藤原氏ゆかりの古寺です。10円硬貨のデザインにも使用されて広く知られている鳳凰堂をはじめ、阿弥陀如来坐像など多くの国宝が存在しています。阿字池周辺に沿って植えられたカエデ、イチョウが鮮やかな赤に色づき、鳳凰堂とともに水面に映り込む様は訪れた人々を魅了します。見頃の11月下旬~12月上旬の期間中には、紅葉と鳳凰堂をライトアップする夜間特別拝観も行われます。
2b52aa09 519c 4084 b991 06e317fe1f9f
平等院の桜
3月下旬〜4月上旬
京都府宇治市にある藤原一族ゆかりの平等院。世界遺産にも登録されている平等院は「古都京都」を代表する歴史的建造物といて大変有名な観光名所でもあります。2012年9月から2014年9月までの2年間にわたり国宝「平等院鳳凰堂」の修復作業を行い、今では建立当時の姿で甦りました。 例年、3月下旬から4月上旬になると、平等院の桜は、国宝の鳳凰堂の周りを囲む阿字池の周辺にソメイヨシノ、シダレザクラが咲き誇ります。2018年から桜と鳳凰堂のライトアップの一般公開が開始、阿字池に映える鳳凰堂、桜の美しい光景を観に多くの観光客で賑わっています。
0ec5a6a5 74b9 48da a735 f1aa19ceb76c
平等院の藤
4月中旬〜5月中旬
京都府宇治市にある藤原一族ゆかりの平等院。世界遺産にも登録されている平等院は「古都京都」を代表する歴史的建造物といて大変有名な観光名所でもあります。2012年9月から2014年9月までの2年間にわたり国宝「平等院鳳凰堂」の修復作業を行い、今では建立当時の姿で甦りました。 平等院は「藤」の名所でもあります。主なところで平等院には2ヶ所の藤棚があります。一つ目は鳳凰堂を正面に見て左手、鳳凰堂の周りを囲む阿字池の北側。樹齢250年とも言われる「野田藤」の古木は、地面の砂にすれそうなぐらい長く花穂が伸びることから「砂ずりの藤」とも呼ばれていて、毎年4月下旬から5月上旬にかけて、流れ落ちる滝のような、美しい紫色の花房を咲かせます。二つ目は、表門の左側。紫と白色の藤がコントラストを奏でる大変美しい情景を観賞できます。
34bb8f79 eeb9 4c4a 88cf fe1e5c163249
関連記事あり
【京都 宇治市】おすすめ観光・名所5選!平等院に宇治上神社、三室戸寺
8859fc7c ae2a 47ec 9dd9 347e3154e3cf
8af9e7c1 fab2 40fd 8991 9bf6ca96417d
E820e6d8 6349 4669 92a1 52e7db6e09bb
14430e8c bb6d 4ef3 b540 2ef33cc71e9b
臨済宗南禅寺派の大本山で京都屈指の観光名所。正応4年(1291年)、大明国師を開山に迎え、亀山上皇の離宮を寺に改めた。応仁の乱などで創建時の建物は焼失し、現在の伽藍のほとんどは桃山時代の再建。琵琶湖疎水の分線にある、レンガと花崗岩で作られた「水路橋」が敷地内を通っており、その風格ある佇まいが純和風な風情に不思議とマッチした独自の景観でも知られている。京都三大門の一つ三門(重文)、方丈(国宝) 。さらに、高さ22メートルの三門に上ったところで眼下に広がるのは、一面薄紅色に染まった京都の町。歌舞伎「楼門五三桐」で石川五右衛門が「絶景かな、絶景かな」と桜を見下ろす名場面を思い描きながら、古都の春を満喫するのも一興だ。
京都南禅寺の南禅寺水路閣。1888(明治21)年にレンガで作られたアーチ型の水道橋です。全長93.2m、高さ9mもあるようです。
by ちぇりTop user
2018年5月9日
南禅寺の紅葉
11月中旬~11月下旬
京都府京都市にある「南禅寺」。臨済宗南禅寺派の大本山で約45,000坪という広大な敷地を有しています。11月中旬から色づき、11月中旬~11月下旬に見頃を迎えると約300本ものカエデが広大な境内を鮮やかに彩ります。日本3大門の一つに数えられる重厚な三門や小堀遠州が作庭した方丈庭園に映える紅葉は圧巻の美しさです。また、ライトアップも実施され、ライトアップ期間中は普段上がることのできない書院から南庭を見ることができます。
南禅寺の桜
3月下旬~4月上旬
臨済宗南禅寺派の大本山で京都屈指の観光名所。正応4年(1291年)、大明国師を開山に迎え、亀山上皇の離宮を寺に改めた。応仁の乱などで創建時の建物は焼失し、現在の伽藍のほとんどは桃山時代の再建。琵琶湖疎水の分線にある、レンガと花崗岩で作られた「水路橋」が敷地内を通っており、その風格ある佇まいが純和風な風情に不思議とマッチした独自の景観でも知られている。知恩院の三門(国宝)、仁和寺の二王門(重要文化財)と並び、京都三大門のひとつ南禅寺の三門(重要文化財)。また、高さ22メートルの三門に上ったところで眼下に広がるのは、一面薄紅色に染まった京都の町。歌舞伎「楼門五三桐」で石川五右衛門が「絶景かな、絶景かな」と桜を見下ろす名場面を思い描きながら、古都の春を満喫するのも一興だ。 さらに、山門と並び、南禅寺の見所である方丈庭園も忘れてはならない。桃山時代建築の国宝建造物「方丈」は一見の価値がある。「方丈」とは禅宗以外では金堂や本堂のこと。大方丈と小方丈から構成されており、大方丈は、御所の内裏清涼殿を移築したとされるもので、大小いくつかの部屋からなる入母屋造、こけら葺の歴史的建造物。小方丈は伏見城の遺構で「虎の間」と呼ばれる三室からなり、狩野探幽の作と伝えられる「水呑みの虎図」が納められてる。
Aaaa1434 5d4c 463c 93f7 a982365a1b2e
関連記事あり
植物園に動物園、紅葉の名所まで!「京都 左京区」おすすめ観光・名所5選
0db892cf 719a 4927 95d9 1ebaaf248468
12568305 3dd0 462c bd8a 36245f35ac3e
E53636e6 f9f4 4531 8352 79dae3897852
C68ef3a8 0e3e 4366 bfeb 4a4555fb7987
金閣寺は京都市北区にある臨済宗相国寺派の寺院です。一般的に金閣寺の名称で有名ですが、正式名称は鹿苑寺です。金閣寺の名称の由来は、舎利殿「金閣」が特に有名なためそう呼ばれるようになりました。平成6年にはユネスコの世界遺産に登録されています。それをきっかけに海外でも有名になり、外国人観光客が多く訪れています。   金閣寺の歴史は鎌倉時代の公卿、西園寺公経の別荘を室町幕府三代将軍の足利義満が譲り受け、山荘北山殿を造ったのが始まりとされています。応仁の乱などで焼失した建物もありましたが、江戸時代に入ると舎利殿も含めて修復が行われました。1950年には放火により焼失してしまったこともありましたが、寄付などの支援もあり5年後には再建され今に至ります。   そして、金閣寺の最大の魅力はその素晴らしい景観です。金閣寺の目の前には鏡湖池と呼ばれる池があり、そこに美しい金閣の姿がまるで鏡のように映ります。また、四季折々色々な表情を見ることができるのも魅力のひとつです。冬には雪景色、秋には紅葉とともに美しい金閣をみることができますよ。夕日の時間帯には茜色に輝く金閣を見ることもできるのでおすすめです!
初めて訪れた金閣寺。 天気も良く青い空に金色に光る金閣寺が印象に残りました。
by Mei
2018年6月27日
97b2c78b 7a9b 428b 9bcf 7ef95abf2abe
221111d5 1092 4236 9f78 8db83833d193
1c230753 9275 484d 9a1e a924d18cf284
京都府立植物園は、日本で最初の公立植物園として1924年(大正13年)1月1日に開園した植物園です。総面積は24万㎡、植物は12,000種類、約12万本が植栽されています。園内は、南半分に観覧温室、造形花壇、沈床花壇など人工的な造形美で構成。北半分は、自然林である半木の森、日本各地の山野に自生する植物を植栽した植物生態園、桜、梅、花菖蒲などの園芸植物、竹笹、針葉樹などを植栽した日本の森としての景観を楽しむことができるようになっています。なかでも、1992年4月にオープンした大観覧温室は自慢のひとつです。また、年間を通して各種展示会、植物園教室、観察会などの催しや植物園芸相談も行われています。
紫吹く こんな模様が花にできるなんて、感動です。 植物園だからこそ、様々な種類が見られます。
by ムラサキ
2018年6月9日
京都府立植物園の紅葉
11月中旬~12月上旬
京都府京都市にある「京都府立植物園」。京都府立植物園は、日本で最初の公立植物園として1924年(大正13年)1月1日に開園した植物園です。総面積は24万㎡、植物は12,000種類、約12万本が植栽されています。園内は、南半分に観覧温室、造形花壇、沈床花壇など人工的な造形美で構成。北半分は、自然林である半木の森、日本各地の山野に自生する植物を植栽した植物生態園、桜、梅、花菖蒲などの園芸植物、竹笹、針葉樹などを植栽した日本の森としての景観を楽しむことができるようになっています。イロハモミジ、フウ、イチョウ、ニシキギなどが10月下旬から色づき始め、11月中旬~12月上旬に見頃を迎えます。特に、なからぎの池周辺の紅葉やアジサイ園付近のフウの大木の紅葉は必見です。
京都府立植物園の梅
2月中旬~3月下旬
日本で最初の公立植物園として1924年(大正13年に開園した植物園。総面積は24万㎡、植物は12,000種類、約12万本が植栽されている。ウメは観賞目的を主とした梅林が2カ所(正面噴水横、北山ワイルドガーデン西側)ある。品種も「楊貴妃」、「玉垣枝垂」、「玉牡丹」、「白加賀」などの珍しいウメをはじめ、早咲品種、咲き分け品種、枝垂性など合わせて約60品種・150本の梅が12~3月まで咲き続け、園内に甘い香りを漂わせる。また、園内は、南半分に観覧温室、造形花壇、沈床花壇など人工的な造形美で構成。北半分は、自然林である半木の森、日本各地の山野に自生する植物を植栽した植物生態園や園芸植物、竹笹、針葉樹などを植栽した日本の森としての景観を楽しむことができるようになっている。
京都府立植物園の桜
4月上旬~4月中旬
全国有数の公立総合植物園で大正13年に開園。園内には1万2000種類、12万本の植物が植栽、展示されており、四季折々に美しい花々が咲き誇る。桜は、早咲きの寒桜から4月下旬でも楽しめる八重桜の種類の菊桜まで、1カ月以上にわたり、約100品種500本が観賞できる。園内は正面花壇および観覧温室の北側一帯に広がるソメイヨシノと八重紅シダレを中心とした見事な群落が楽しめる。また、例年ソメイヨシノと真っ赤なチューリップの取り合わせの華やかさも見せてくれる。温室北側には自然林を残した半木(なからぎ)の森があり、山城盆地の植生がわかる。ほかにはツバキ園、バラ園、竹笹園などがある。
3c6242ec 5cc4 414f ab95 7dc800bae510
関連記事あり
植物園に動物園、紅葉の名所まで!「京都 左京区」おすすめ観光・名所5選
0db892cf 719a 4927 95d9 1ebaaf248468
8fd0e4e2 6522 4fc2 b717 ff71623bce9d
C6ed67c9 6960 4ce2 b745 4fabb4c67838
E4fbb2a9 49cc 40d0 96b9 e5cd15d11727
京都市左京区上高野の瑠璃光院。岐阜県岐阜市に本坊を置く「浄土真宗無量寿山光明寺」の支院です。 もともとは衆議院議員も勤めた実業家の田中源太郎氏(1853年〜1922年)の土地でしたが、田中氏の死後に同氏が創業した京都電燈が保有をしていましたが、その後、光明寺が買取をするかたちで2005年に寺院となりました。現在では、春と秋の特別拝観に限って、一般公開がされています。特に秋の紅葉期には、京都でも有数の紅葉スポットとして知られており、大変多くの人が訪れる人気スポットです。特に、「瑠璃の庭」数奇屋造りの書院の二階から眺めるもみじの紅葉は息を呑む美しさ。窓の外に映る光景は、紅、黄色、オレンジ、緑の葉が混ざりあう、自然美を思う存分味わえます。 特別拝観時、一回の入場者数は約30名です。週末は開門直前でも数百人が並ぶほどの人気のスポットで、整理券を手にするまでに数時間かかる場合もあり、訪れる際には余裕を持って望みたい。(整理券を手にした場合には、指定された時間から拝観できますので一時的に一時的に場所を離れることは可)
京都・瑠璃光院 秋の紅葉もいいですが、初夏の新緑の時期もオススメです。雨の日はさらに緑が映えて綺麗です。 iPhone6s撮影
by MOMO
2018年5月20日