京都府 世界遺産のよりみち案内

世界遺産のTOP USER
ちぇりさん
801428b1 3038 4abc 8a6e f07e1a0b0aed

日付指定

日付を指定する
B5c6bfd3 43d4 481e a499 b79ceab4aa9b
74a6fad9 98ed 47eb 855b ecd8e87350e3
4daab2c8 dbb3 4165 bf59 56ce68953f01
京都府宇治市にある藤原一族ゆかりの平等院。世界遺産にも登録されている平等院は「古都京都」を代表する歴史的建造物といて大変有名な観光名所でもあります。2012年9月から2014年9月までの2年間にわたり国宝「平等院鳳凰堂」の修復作業を行い、今では建立当時の姿で甦りました。
Bffa1759 9a33 4b19 bcfa 6183770bd9dd
平等院鳳凰堂 10玉でお馴染みの平等院鳳凰堂です。
5.0
by カメラ小僧
2018年8月29日
平等院の藤
4月中旬〜5月中旬
京都府宇治市にある藤原一族ゆかりの平等院。世界遺産にも登録されている平等院は「古都京都」を代表する歴史的建造物といて大変有名な観光名所でもあります。2012年9月から2014年9月までの2年間にわたり国宝「平等院鳳凰堂」の修復作業を行い、今では建立当時の姿で甦りました。 平等院は「藤」の名所でもあります。主なところで平等院には2ヶ所の藤棚があります。一つ目は鳳凰堂を正面に見て左手、鳳凰堂の周りを囲む阿字池の北側。樹齢250年とも言われる「野田藤」の古木は、地面の砂にすれそうなぐらい長く花穂が伸びることから「砂ずりの藤」とも呼ばれていて、毎年4月下旬から5月上旬にかけて、流れ落ちる滝のような、美しい紫色の花房を咲かせます。二つ目は、表門の左側。紫と白色の藤がコントラストを奏でる大変美しい情景を観賞できます。
34bb8f79 eeb9 4c4a 88cf fe1e5c163249
平等院の紅葉
11月下旬~12月上旬
京都府宇治市にある「平等院」は、「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されている、平安時代に栄華を誇った藤原氏ゆかりの古寺です。10円硬貨のデザインにも使用されて広く知られている鳳凰堂をはじめ、阿弥陀如来坐像など多くの国宝が存在しています。阿字池周辺に沿って植えられたカエデ、イチョウが鮮やかな赤に色づき、鳳凰堂とともに水面に映り込む様は訪れた人々を魅了します。見頃の11月下旬~12月上旬の期間中には、紅葉と鳳凰堂をライトアップする夜間特別拝観も行われます。
2b52aa09 519c 4084 b991 06e317fe1f9f

C68ef3a8 0e3e 4366 bfeb 4a4555fb7987
12568305 3dd0 462c bd8a 36245f35ac3e
E53636e6 f9f4 4531 8352 79dae3897852
金閣寺は京都市北区にある臨済宗相国寺派の寺院です。一般的に金閣寺の名称で有名ですが、正式名称は鹿苑寺です。金閣寺の名称の由来は、舎利殿「金閣」が特に有名なためそう呼ばれるようになりました。平成6年にはユネスコの世界遺産に登録されています。それをきっかけに海外でも有名になり、外国人観光客が多く訪れています。金閣寺の歴史は鎌倉時代の公卿、西園寺公経の別荘を室町幕府三代将軍の足利義満が譲り受け、山荘北山殿を造ったのが始まりとされています。応仁の乱などで焼失した建物もありましたが、江戸時代に入ると舎利殿も含めて修復が行われました。1950年には放火により焼失してしまったこともありましたが、寄付などの支援もあり5年後には再建され今に至ります。そして、金閣寺の最大の魅力はその素晴らしい景観です。金閣寺の目の前には鏡湖池と呼ばれる池があり、そこに美しい金閣の姿がまるで鏡のように映ります。また、四季折々色々な表情を見ることができるのも魅力のひとつです。冬には雪景色、秋には紅葉とともに美しい金閣をみることができますよ。夕日の時間帯には茜色に輝く金閣を見ることもできるのでおすすめです!
User default image
雪の金閣寺 京都で雪が降ったらまずは金閣寺へ直行することおすすめします。
5.0
by スコッティ
2019年1月27日


Ba9674f9 6626 4106 bc6b e99d64b91b33
4299c604 7375 4684 917c 6660dddc4d59
Bf9e7a49 155e 494e bb01 34decf65bffa
世界遺産に登録されている「下鴨神社」。豊かな自然が残る「糺の森(ただすのもり)」やみたらし団子の発祥の地として知られる「御手洗池」など、見どころが多く京都屈指の人気を誇る観光スポットです。 そんな下鴨神社で今回ご紹介するのは、本殿前にある「言社(ことしゃ)」という小ぢんまりとした社。言社に祀られる大国主命(おおくにぬしのみこと)は、働き別に異なる7つの名前を持つとされ、その名前ごと7つの社が鎮座しています。 言社は干支の守護神として有名で、「大国さま」と呼び親しまれ古くから信仰を集めてきました。7つの社はそれぞれ1~2つの干支を守護。亥年の守護神は二言社に祀られる大物主命(おおものぬしのかみ)なので、ぜひチェックしてみて下さいね。 毎年1月には「初えと祭り」も開催される言社。その年の干支や自分の干支にお参りしてみてはいかがでしょうか。
User default image
紅葉と鳥居 鮮やかな赤✕赤の組み合わせ!
5.0
by miki
2018年11月27日

96a48d09 30ce 4d36 aa85 2a6ae1bdd528
B44b03dd 2b04 4f32 b278 6669d4a06e97
20017813 dbc3 4cb1 a8eb 098339f79ad3
正式名称は「慈照寺」というお寺で、室町幕府第8代将軍足利義政が、祖父の第3代義満の建てた金閣寺に倣い、山荘東山殿を築いたことに始まります。華やかな金閣寺とは対照的に落ち着いた風情が魅力の銀閣寺は、「わび・さび」の美意識に育まれた東山文化の中心となりました。銀閣と称される「観音殿」と、春と秋に特別公開される持仏堂「東求堂」は東山殿造営当時のもので、国宝に指定されています。東求堂の中にある「同仁斎」という四畳半の書院は、茶室の原型ともいわれます。貴重な建物とともに銀閣寺の大きな見どころとなるのが、特別名勝・特別史跡に指定された庭園です。山に沿って上下二段に分かれたお庭には、「銀沙灘」と「向月台」という巨大なアートのような白砂や、数々の名石が配された「錦鏡池」、境内を一望できる展望スポットなどがあり、散策しながら変化に富んだ景色を楽しめます。
Df08cef8 44b5 4af7 97df 7085f719f23e
銀閣寺 銀閣寺は、日本文化の基本ともなった場所だと学び この場所は、人生の晩年になった今だからこそ心の奥深く感じる事ができる場所でした。
5.0
by michan
2018年6月17日