大阪府 アート・カルチャーのよりみち案内

アート・カルチャーのTOP USER
ゆーたさん
827b3d4e fa75 43b9 b93f 856996c94543

日付指定

日付を指定する
A3ff54ed c227 4dd3 9622 77f56d4f3874
B5e2c060 dd11 4acf 8b92 c1b2ed45eae4
5cebb17f 8d49 44f6 82f2 6311e174cf48
地下鉄御堂筋線「江坂駅」から徒歩15分ほど。全国的にも珍しい近現代彫刻作品のみを収集・展示している美術館「スキュルチュール江坂」があります。 平成9年(1997)に開設した、スキュルチュール江坂。展示されているのは近現代ヨーロッパの彫刻家が手がけた作品たちです。例えば、メダルド・ロッソの『病める子』、ヘンリー・ムーアの大理石彫刻『少女の胸像』など、歴史に名を刻んだ著名な作品を観ることができます。 美術館は利用料金がかかりますが、併設された庭園「リーニュ・ブランシュの庭」は無料開放。都会の中のオアシスと称されることもあって、敷地内には美しく整えられた芝生が広がります。 女流彫刻家・マルタ・パンによって手掛けられた庭園。野外彫刻も展示されており、『モニュメント』『メイズ(迷路)』『フロート(浮かぶ彫刻)』の3点は、スキュルチュール江坂の象徴的存在です。施設内にはカフェも併設されているので、作品を眺めながらの至福な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

05e32822 e615 4fde 9c07 6f6bd8872618
4a563b7b de92 48b0 ba2c 2804a2aaf9e7
Spot noimage
吹田市にある「関西大学 千里山キャンパス」。その敷地内にある「関西大学博物館」は一般客が利用できる施設。入場・利用料金は無料なので、気軽に立ち寄ることができます。 平成6年(1994)に開館した関西大学博物館。 博物館という名前ですが、正しくは、博物館法における「博物館相当施設」です。考古学、歴史学、美術・工芸史学など、各分野の重要文化財16点や重要美術品12点をはじめとした様々な貴重資料を展示しています。 もともとは、故末永雅雄名誉教授によって開設された考古学等資料室。元毎日新聞の社主・本山彦一のコレクションなども展示。合わせて約3万点にも及ぶ資料が収められており、平成24年(2012)には、美術工芸部門考古資料の部で国の登録有形文化財に登録されました。 また、博物館の建物自体も貴重。「簡文館」と呼ばれ、明治43年(1928)には図書館として建てられ、昭和30年(1955)には円形部分が増築。重厚な内装と当時の面影が外壁に残っており、平成30年(2018)には大阪府の指定有形文化財にも登録されています。