Green banner

大阪のイベント・周辺情報

イベントのTOP USER
なべ一号さん
456f748e 9e2b 447a b576 8282ffda50e8

日付指定

日付を指定する
68ca78f4 7976 42d2 9635 83014f8d785e
F54f68e0 3cd8 40b2 ab32 e96fe96a0c6a
C9cc3d50 362f 434b ac07 d99b542454b4
大阪市内に残る唯一の史跡公園で、広大な敷地に豊かな緑が広がる。天守閣は豊臣秀吉の築城後、戦火や災害で焼失したが、昭和6年に復元された。園内の西側にある外堀と内掘りに囲まれた西の丸公園を中心に、約4,300本の桜が楽しめる。また、西の丸庭園にはソメイヨシノを中心におよそ600本が植えられている。例年、4月上旬の1週間、「観桜ナイター」としてライトアップが行われ、天守閣を背景に美しい夜桜が楽しめる。
大阪城公園で写した、枝垂れ桜越しの天守閣です。
by シリウス
2018年6月29日
68baadc5 4dbb 4253 8566 d828b4f93826
718b7d06 c538 47d8 9bc1 49b81c68fc78
Fe7cd7cd fdfd 42ca b862 6b01b724e8a3
大阪府大阪市北区の中之島公園。大阪駅からも近く、都会の中心にあり、堂島川と土佐掘川に挟まれた約1.5kmの細長い公園です。「大阪みどりの百選」にも選定されています。 中之島公園は、大阪市のバラの名所でもあります。初夏と秋の年2回、公園の中央、東西約500m、面積約13,000平方メートルにわたって、約310品種、約3,700株の色鮮やかなバラが咲き誇る光景は、都会のオアシス。
都会のオアシス。 ビルとバラの組み合わせ、中之島公会堂のような歴史的建造物との組み合わせが一度に味わえます。
by ムラサキ
2018年5月6日
中之島公園
大阪府大阪市北区中之島1丁目1 中之島公園
堂島川と土佐堀川に挟まれた約3kmの中州「中之島」。水の都・大阪の象徴として知られ、その東側は大きな公園として整備されています。中之島公園の中央付近にあるのは、東西500mの広大なバラ園。毎年5月〜10月に様々な品種のバラが咲き誇り、可憐な姿に心癒されることでしょう。 また、川沿いには遊歩道が整備されており、長閑な川面を眺めながらゆっくりとリバーサイドウォーキングを楽しめます。遡ること江戸時代から、大名の蔵屋敷や商人の店が立ち並んでいた中之島界隈。その影響は現代においても色濃く表れており、日本銀行の大阪支店をはじめ、数々の商業ビルが立ち並んでいます。 また、「大阪市中央公会堂」や「大阪府立中央図書館」など、明治から大正にかけてのレトロな建築物も並んでおり、歴史・建築巡りとしてもおすすめです。特に夜間は美しくライトアップされ、ロマンチックな雰囲気に。「難波橋」や「ばらぞの橋」、「中之島ガーデンブリッジ」など、数多くの橋も綺麗なので、デートコースにもぴったりですよ。
F5023ea4 a636 449c b086 23f5635d9649
関連記事あり
入賞者発表!「バラの名所」フォトコンテスト
A7fc37e0 cbde 487d b2b4 cb15123d0421
関連記事あり
日帰りで行ける!【関西】バラの名所・見頃おすすめ7選
4768ffbd 6605 49ad a6c2 2673c6358025
1323d289 71c2 41fd 93d1 43f107d76962
B5834e50 85dc 4b6d b49e 9ff4730be959
38f895d5 3c0b 44a8 a9d1 f956b09a97e4
昭和47年(1972年)4月に開園。1990年に開催された通称「花の万博」のメイン会場となった花博記念公園鶴見緑地。公園の面積は約122.56haで東京ドーム約26個分もの広大な広さです。園内には日本庭園、国際庭園、乗馬園、球技場、運動場、温水プールのスポーツ施設などのほか、バーベキュー広場やキャンプ場なども備わっています。また、温室栽培展示する「咲くやこの花館」には約2,600種、約15,000株の植物、そのほかにも、春には桜やチューリップ、ネモフィラ、夏にはひまわり、彼岸花、秋にはコスモスや紅葉など1年を通じて四季を感じられるスポットです。 花博記念公園鶴見緑地の桜はソメイヨシノやヨウコウザクラが植えられています。約1,400本咲いていますが、その過半数以上がソメイヨシノ。傘状になる大きな樹形に、淡いピンク色の花が園内に咲き乱れます。
ポカポカして気持ちの良い春。日曜日の鶴見緑地、この桜の下ではお昼寝をしている人も多かったと思います。
by 町田
2018年3月25日
065119ce 587c 461d ad76 1446e9ed9058
94038832 e0a2 4e72 835f 8ee03d3147c2
30538bad 12da 4692 921b b38e5fe5c276
長居公園は総面積が約70haにも達する広大な運動公園です。サッカーやマラソンで有名な陸上競技場があるスポーツのエリアのほか、植物園、自然園のエリアに分けられています。長居公園の桜は「郷土の森」や「おもいでの森」をはじめ園内全体に約20種類、約500本の桜が咲き誇ります。また北東部にある長居植物園では大池まわりを中心にソメイヨシノ、オオシマザクラ、サトザクラなど約400本の桜が咲きみだれます。
長居植物園のしだれ桜 ふわふわでかわいかった〜
by Miho Miyashige
2018年4月8日
6e56d9a8 6a24 434f 98c2 63cff741d050
4bf0a061 d839 4b8d b18b ef595d47ad76
3b6210ce 6f30 49d6 9d7a 56d2025f324c
昭和45年(1970)に開催された日本万国博覧会会場跡地を文化公園として整備した公園で、約260万㎡もの広大な敷地には、緑豊かな自然文化園や日本庭園をはじめ、スポーツ、文化施設が揃い、市民の憩いの場となっている。また「日本さくら名所100選」に選ばれているように桜の名所としての顔も持つ。3月中旬には自然文化園付近のシダレザクラが開花を始め、4月下旬からは5,500本のうちの約半数を占めるソメイヨシノが一斉に開花し、園内をピンク色に染め上げる。さらに4月上旬になると太陽の塔付近でオオシマザクラが、中旬になると日本庭園でヤエザクラが咲き誇るというように、長い期間に渡って桜を楽しめるのも万博記念公園の特徴だ。桜まつり期間中は夜間ライトアップもあり、桜の美しさをたっぷりと満喫できる。日中の華やかな桜、ライトに照らされた艶やかな夜桜、どちらも見応え十分で、昼と夜で全く違う桜を見ることができるのも、万博記念公園のお花見の楽しみ方の一つだ。
綺麗な桜が咲いている後ろで、"次は自分達の出番だ"と後ろで色付き始めているポピーとの彩りが春らしく、次の季節も感じさせられました。
by 町田
2017年4月12日
Ca774e9c f075 4795 8788 0483aeb7d617
A60cf2b3 a48f 4490 b39e d511d4744a5e
551540c4 6ee4 4dfd 96e2 2dd65831229b
桜やつつじ、紅葉の名所として知られる五月山公園は、池田市の北西部に位置する標高約315mの五月山を中心に広がる自然公園。展望台からは池田市街や猪名川を望むことができ、公園の入口から山頂の日の丸展望台までのいたるところで、ソメイヨシノやヤマザクラが咲き誇り、見事な景観となる。ドライブウェイでは車窓からも桜を堪能することができ、山の斜面が一面ピンク色に染まる満開の時期のドライブは最高だ。また開花にあわせてちょうちんが灯り、夜桜見物も楽しめる。公園内には“世界一ハートのある動物園”がキャッチフレーズの五月山動物園(無料・火曜休園)もあり、子ども連れのファミリーにも人気が高い。オーストラリアの珍獣ウォンバットや話題のアルパカなど約60頭を飼育しており、園内にはタスマニア広場やふれあい動物園もある。桜を愛でながら、動物たちとも触れ合えるユニークな花見スポットだ。
五月山公園と池田城跡公園の桜が満開になりました。
by はな
2018年3月31日
481cc5b0 be4a 49b4 aea4 dc1519ce28f3
0e2a8f6a df30 4023 a33d 58c0209cce41
Ef825f9f 97e6 4ffa a5da cfac575e1412
1970年に開催された「日本万国博覧会」の跡地に「緑に包まれた文化公園」として、「日本庭園」「自然文化園」さらに文化・スポーツ・レジャー・宿泊施設群が整備された、総面積約260haの公園。万博記念公園の花畑に咲くポピーはアイスランドポピーとシャーレーポピー。自然文化園花の丘では約38万本ものアイスランドポピーが丘一面を覆うように咲き誇ります!アイスランドポピーの見ごろが終わると、今度は入れ替わるようにシャーレーポピーが花畑に登場します。
一面がポピー・ネモフィラや、蜜を求める様々な蝶があつまり、天気も晴天で赤・オレンジ・黄色が集まり、心が明るくなりそうなひと時に出会えました。GWの始まりの日でもあり、カメラ片手にたくさんの人がいましたね。
by リフトマンの休日写真Top user
2018年5月14日
5356161a 1cd4 4689 8bc0 61cbca290a59
F2a4d6fc 25d6 45c1 a5a2 92f3f2b5603e
C49b6418 2b68 449f bfae 07d25dcb04b1
1970年に開催された「日本万国博覧会」の跡地に「緑に包まれた文化公園」として、「日本庭園」「自然文化園」さらに文化・スポーツ・レジャー・宿泊施設群が整備された、総面積約260haの公園。その中でも「自然文化園」は岡本太郎氏による博覧会のシンボル「太陽の塔」の裏側の日本庭園前にあるのが「平和のバラ園」。敷地面積、約6,000平方メートルあり、万博開催時に世界9カ国より寄贈されたバラを中心に84品種約5,600株が植えられている。寄贈を受けたのは、ベルギー、カナダ、ドイツ、フランス、ニュージーランド、デンマーク、イギリス、アメリカ、日本の9カ国。見頃の期間にはローズフェスタが開催され、コンサートなどイベントも楽しめる。
大好きな岡本太郎作品[太陽の塔]をバックにバラを撮影することができ、とても素敵な公園です。
by mana
2018年5月20日