兵庫県 庭園のよりみち案内

庭園のTOP USER
ちぇりさん
801428b1 3038 4abc 8a6e f07e1a0b0aed

日付指定

日付を指定する
719b0604 e0ec 455b 80a9 aa27e8776c68
神戸相楽園は神戸の本格的な公開和風庭園として知られています。この相楽園は元神戸市長小寺謙吉氏の父泰次郎氏が明治末期に完成させたもので、1941年(昭和16年)神戸市に譲渡され「相楽園」としての一般公開が始まりました。また、神戸屈指のつつじの名所であり、花が見頃を迎える4月中旬頃から5月下旬頃にかけて園内には、4000株が咲き誇ります。花の見頃にはイベントの「つつじ遊山」が開催され、期間中には茶席やコンサートが催され、旧ハッサム住宅、旧小寺厩舎、船屋形、日本庭園などのライトアップも行われる。
相楽園の菊(神戸菊花展覧会)
毎年10月20日~11月23日
神戸市ではつつじの名所としても知られる日本庭園の公園が相楽園。ここでは毎年、秋に開かれるのが、神戸菊花展覧会。期間中は園内が菊で埋め尽くされ、間口が4間(720cm)もある神戸の菊花展ならではの総合花壇をはじめ、大菊花壇、盆栽花壇、ダルマ作り花壇、福助花壇、千輪菊花壇などの花壇並びなど16の部門に、鉢数にして約2,500鉢の菊が展示される。また、一般市民からの作品も「市民花壇」として展示。期間中には菊花展のライトアップも行われ、光りでの美しい演出も楽しめる。
相楽園の紅葉
11月下旬〜12月上旬
神戸相楽園は神戸の本格的な公開和風庭園として知られています。この相楽園は元神戸市長小寺謙吉氏の父泰次郎氏が明治末期に完成させたもので、1941年(昭和16年)神戸市に譲渡され「相楽園」としての一般公開が始まりました。また、神戸屈指のつつじの名所であり、花が見頃を迎える4月中旬頃から5月下旬頃にかけて園内には、4000株が咲き誇ります。花の見頃にはイベントの「つつじ遊山」が開催され、期間中には茶席やコンサートが催され、旧ハッサム住宅、旧小寺厩舎、船屋形、日本庭園などのライトアップも行われる。
2a1da0ec c3b1 4161 a1a4 7d9ba47bccd5
相楽園のつつじ
4月中旬〜5月下旬
神戸では、本格的な公開和風庭園として知られる。この相楽園は元神戸市長小寺謙吉氏の父泰次郎氏が明治末期に完成させたもので、1941年(昭和16年)神戸市に譲渡され「相楽園」としての一般公開が始まった。また、神戸屈指のつつじの名所であり、花が見頃を迎える4月中旬頃から5月下旬頃にかけて園内には、4,000株が咲き誇る。花の見頃にはイベントの「つつじ遊山」が開催され、期間中には茶席やコンサートが催され、旧ハッサム住宅、旧小寺厩舎、船屋形、日本庭園などのライトアップも行われる。ツツジはドウダンツツジ(4月上旬から中旬)、ヒラドツツジ(4月下旬から5月上旬)、キリシマツツジ(4月中旬から下旬)、サツキツツジ(5月下旬から6月上旬)など種類が異なるため、長い時間をかけて楽しめる点も特徴です。
D7876bca 0d25 44ec a693 e8a67b8ed411