奈良県 花・自然のよりみち案内

花・自然のTOP USER
まんでがんさん
Ef510d1c 1584 4dbc 8a0f 3c67fc666728

日付指定

日付を指定する
26d5cdbe efa6 4d21 8d06 a30078830892
94257693 68b5 4064 bddd eabe4701f36b
7f0f62a6 1814 4e62 9d14 00a96c812a4f
真言宗豊山派の総本山「長谷寺」。四季折々の表情を見せる「花の御寺」の愛称で親しまれ、春は桜、夏は紫陽花、秋は燃えるような紅葉が観られます。 初瀬山の中腹に佇む長谷寺の本堂。石畳の参道を進むと巨大な「仁王門」が見えてきます。壮観な姿に驚くも束の間。門をくぐった先には、屋根付きの長い階段「登廊(のぼりろう)」が表れます。石段の総数は399段! 4月中旬〜5月上旬には色とりどりの牡丹の花が咲き誇ります。 息を切らしながらも登廊を登り切ると、国宝に指定されている本堂が。断崖絶壁に建てられ、舞台からは愛宕山の雄大な景色を望めます。礼堂から覗ける紅葉の景色は圧倒的な美しさ。 そして、本堂に鎮座するは「十一面観世音菩薩立像」。日本最大級の観音様で、その高さは12.3mにも及びます。年2回(春・秋)の特別拝観時には正堂の中に入ることが許され、観音様の御御足に触れることもできます。
4518d8b8 777b 424d a623 a8618bba344b
長谷寺 紅葉が色づき始めてきました。秋が楽しみですが緑も良い感じです。
5.0
by Et-ileTop user
2018年9月16日

Eca84ec3 bdd2 4ce2 85f6 9d71ff63555d
01fd1618 9d9f 4f52 afd9 fbc70dd5b367
Eda5c5f6 a68b 4242 a67a 67a3f73b7db8
大峰連山の北の端から南に8キロつづく尾根が吉野山。修験道の寺などに南北朝時代の史跡も多く、2004年には吉野山を含む「紀伊山地の霊場と参詣道」が、ユネスコの世界遺産に認定された。古来より桜の名所として知られ、シロヤマザクラを中心に約200種およそ3万本もの桜が植えられている。「一目に千本見える豪華さ」という意味で「一目千本」とも言われている。桜が咲く場所を下千本(しもせんぼん)、中千本(なかせんぼん)、上千本(かみせんぼん)、奥千本(おくせんぼん)と呼ばれており、例年4月上旬から末にかけて約1カ月に渡り、下、中、上、奥千本の順番に山下から山上へと順に開花して優雅な彩りを見せてくれる。山の斜面になるが桜並木が続く、散策コースが豊富なのが魅力。また、最近では、桜の開花に合わせて夜桜のライトアップも行われている。
45134116 26f1 4ef3 9c67 c368edee4274
吉野山の桜 吉野山の桜です。初めて行きましたが広い範囲で桜を楽しめました。
3.0
by Takahiro Tsuji
2019年2月13日

7758f747 9405 47b5 8a39 cf7f4fe1ecd3
954aa390 a463 4024 974b 8403bab31991
7f902d86 a593 4d9a baac f5951d304cfb
馬見丘陵の地形を活かした4つのエリアでチューリップをはじめとした約50万株の花々を楽しめる馬見丘陵公園。なだらかな傾斜を利用した壮観なチューリップとネモフィラの開放的な景観が魅力の「集いの丘エリア」。花見茶屋に隣接する彩りの広場で様々なチューリップをが咲き誇る「花見茶屋エリア」。道の両側にチューリップとムスカリが咲きそろう「花の道エリア」。定時になるとメロディが流れる「カリヨンの丘・春の花畑エリア」など見所が満載です。また、チューリップフェア中には音楽やダンスなどのステージイベントが行われるほか、地域の物産販売、フラワーマーケットなども開催されています。
6f3a7ebe ded7 4ad5 8ae4 32fbead44161
奈良県、馬見丘陵公園のチューリップ。 風が強くかなり揺れていましたが 曇り空だった天気も青空になって とてもいいタイミングで訪れることができました。
5.0
by yumi
2018年4月7日

3f1c3df1 6dfd 48d4 afef e69c3a881a8c
E272e4ea d555 4928 b77a a8b27803ac41
F40742be b1ba 4157 a400 61c080db0797
古都・奈良の顔で、国の天然記念物にも指定されている、野生の鹿が生息していることでもおなじみの奈良公園。東西4km南北2kmの広さで、東大寺、興福寺、 春日大社、国立博物館、正倉院など数々の社寺や文化施設を抱く歴史公園です。約1300年前から、藤原氏の氏寺である「興福寺」と、氏神である「春日大社」にて、藤原氏ゆかりの「藤」の花が大切に育てられています。今では、春日大社の萬葉植物園は、中国の「麝香藤(じゃこうふじ)」やピンク色の濃い「昭和紅藤」などの早咲きの藤から、「八重黒龍藤」などの遅咲きの藤まで約20品種200本の藤が順次咲き誇る藤の名所です。
User default image
奈良の萬葉植物園。 風情があってとても綺麗です。
5.0
by へなちょこTop userシャクナゲ
2018年6月25日

4970974f 208f 4d20 8ed7 87ad9c81e1e4
「大仏と緑と鹿」で代表される奈良公園は、古都・奈良の顔。約660ヘクタールの広大な地域にまたがり、貴重な歴史的文化遺産を包蔵する東大寺、興福寺、 春日大社、国立博物館、正倉院などをとりまく雄大な歴史公園。公園内には約1,200頭のシカ(天然記念物)が生息している。この奈良の顔でもある公園が、春にはヒガンザクラ、ソメイヨシノ、ヤマザクラ、ナラノココノエザクラ(奈良九重桜)、ナラノヤエザクラなど約1,700本が順次開花し、ピンク色に染まる。和歌にも詠まれたナラノヤエザクラは、大正12年(1923)に天然記念物に指定されたものを培養し、園内各地に植栽したもの。木々に映える堂塔伽藍、若草に萌える芝生、シカの群れ遊ぶ風情など、他では味わえない春の景観が楽しめる。