奈良県 百選のよりみち案内

日付指定

日付を指定する
Eca84ec3 bdd2 4ce2 85f6 9d71ff63555d
01fd1618 9d9f 4f52 afd9 fbc70dd5b367
Eda5c5f6 a68b 4242 a67a 67a3f73b7db8
大峰連山の北の端から南に8キロつづく尾根が吉野山。修験道の寺などに南北朝時代の史跡も多く、2004年には吉野山を含む「紀伊山地の霊場と参詣道」が、ユネスコの世界遺産に認定された。古来より桜の名所として知られ、シロヤマザクラを中心に約200種およそ3万本もの桜が植えられている。「一目に千本見える豪華さ」という意味で「一目千本」とも言われている。桜が咲く場所を下千本(しもせんぼん)、中千本(なかせんぼん)、上千本(かみせんぼん)、奥千本(おくせんぼん)と呼ばれており、例年4月上旬から末にかけて約1カ月に渡り、下、中、上、奥千本の順番に山下から山上へと順に開花して優雅な彩りを見せてくれる。山の斜面になるが桜並木が続く、散策コースが豊富なのが魅力。また、最近では、桜の開花に合わせて夜桜のライトアップも行われている。
45134116 26f1 4ef3 9c67 c368edee4274
吉野山の桜 吉野山の桜です。初めて行きましたが広い範囲で桜を楽しめました。
3.0
by Takahiro Tsuji
2019年2月13日


4970974f 208f 4d20 8ed7 87ad9c81e1e4
「大仏と緑と鹿」で代表される奈良公園は、古都・奈良の顔。約660ヘクタールの広大な地域にまたがり、貴重な歴史的文化遺産を包蔵する東大寺、興福寺、 春日大社、国立博物館、正倉院などをとりまく雄大な歴史公園。公園内には約1,200頭のシカ(天然記念物)が生息している。この奈良の顔でもある公園が、春にはヒガンザクラ、ソメイヨシノ、ヤマザクラ、ナラノココノエザクラ(奈良九重桜)、ナラノヤエザクラなど約1,700本が順次開花し、ピンク色に染まる。和歌にも詠まれたナラノヤエザクラは、大正12年(1923)に天然記念物に指定されたものを培養し、園内各地に植栽したもの。木々に映える堂塔伽藍、若草に萌える芝生、シカの群れ遊ぶ風情など、他では味わえない春の景観が楽しめる。