奈良県のよりみち案内

2ad7c4f1 c3c0 45e6 a79f d0b2fdb0bcff
E2723d5a 5b24 4e7e bd35 aa9a0f55202b
9cd2eeb2 9c2e 4447 9570 2a8bc2546a68
藤原京跡は、藤原京の中心施設として現在の皇居と国会議事堂、霞ヶ関の官庁街を合わせ持つ施設で、大極殿や朝堂院などがあった場所とされています。日本書紀では「新益都(しんやくのみやこ)」という表現で表されています。694年(持統8年)から710年(和銅3年)持統天皇、文武天皇、元明天皇の三代に渡り16年間の都でしたが、藤原宮の構造自体はその後の都にも引き継がれています。 広大な敷地の場所には、約25,000平方メートルに渡り、春には桜と250万本の菜の花、秋になると約30,000平方メートルの敷地に7品種300万本のコスモスが風に揺れる花の名所です。藤原京跡は菜の花やコスモスだけではなく、約7,000平方メートルの敷地に黄花コスモス、11種類のハスの花などが大地を覆う四季を通じて楽しめるスポットです。花だけでなく、大和三山の絶好のビューポイントとなっているので朝陽や夕陽を花と一緒に楽しむこともできます。また、河瀬直美監督「朱花の月(はねづのつき)」、趙曄監督、桃井かおり主演「光男の栗(みつおのくり)」などの映画のロケ地にもなりました。また、平成23年6月に藤原宮跡からの大和三山の稜線の眺め「重要眺望景観」に指定されています。
14591604 dc4b 4458 9240 1230505f233f
藤原宮跡の桜と菜の花 こちらは桜の満開の時期と菜の花の時期を重ねているので ピンク色と黄色が鮮やかで美しいです。 近くに臨時の無料駐車場が増設されます。
5.0
by Kazuo Miyake
2018年3月31日
藤原京跡の桜と菜の花
4月上旬〜4月中旬
藤原京跡は、藤原京の中心施設として現在の皇居と国会議事堂、霞ヶ関の官庁街を合わせ持つ施設で、大極殿や朝堂院などがあった場所とされています。日本書紀では「新益都(しんやくのみやこ)」という表現で表されています。694年(持統8年)から710年(和銅3年)持統天皇、文武天皇、元明天皇の三代に渡り16年間の都でしたが、藤原宮の構造自体はその後の都にも引き継がれています。 広大な敷地の場所には、約25,000平方メートルに渡り、春には桜と250万本の菜の花、秋になると約30,000平方メートルの敷地に7品種300万本のコスモスが風に揺れる花の名所です。藤原京跡は菜の花やコスモスだけではなく、約7,000平方メートルの敷地に黄花コスモス、11種類のハスの花などが大地を覆う四季を通じて楽しめるスポットです。花だけでなく、大和三山の絶好のビューポイントとなっているので朝陽や夕陽を花と一緒に楽しむこともできます。また、河瀬直美監督「朱花の月(はねづのつき)」、趙曄監督、桃井かおり主演「光男の栗(みつおのくり)」などの映画のロケ地にもなりました。また、平成23年6月に藤原宮跡からの大和三山の稜線の眺め「重要眺望景観」に指定されています。
334ccefc 33b1 48b3 b6eb dd3f7045a046
藤原京跡のキバナコスモス
7月下旬~8月中旬
藤原京跡は、藤原京の中心施設として現在の皇居と国会議事堂、霞ヶ関の官庁街を合わせ持つ施設で、大極殿や朝堂院などがあった場所とされています。日本書紀では「新益都(しんやくのみやこ)」という表現で表されています。694年(持統8年)から710年(和銅3年)持統天皇、文武天皇、元明天皇の三代に渡り16年間の都でしたが、藤原宮の構造自体はその後の都にも引き継がれています。 広大な敷地の場所には、約25,000平方メートルに渡り、春には桜と250万本の菜の花、秋になると約30,000平方メートルの敷地に7品種300万本のコスモスが風に揺れる花の名所です。藤原京跡は菜の花やコスモスだけではなく、約7,000平方メートルの敷地に黄花コスモス、11種類のハスの花などが大地を覆う四季を通じて楽しめるスポットです。花だけでなく、大和三山の絶好のビューポイントとなっているので朝陽や夕陽を花と一緒に楽しむこともできます。また、河瀬直美監督「朱花の月(はねづのつき)」、趙曄監督、桃井かおり主演「光男の栗(みつおのくり)」などの映画のロケ地にもなりました。また、平成23年6月に藤原宮跡からの大和三山の稜線の眺め「重要眺望景観」に指定されています。
藤原京跡の蓮
7月下旬~8月中旬
藤原京跡は、藤原京の中心施設として現在の皇居と国会議事堂、霞ヶ関の官庁街を合わせ持つ施設で、大極殿や朝堂院などがあった場所とされています。日本書紀では「新益都(しんやくのみやこ)」という表現で表されています。694年(持統8年)から710年(和銅3年)持統天皇、文武天皇、元明天皇の三代に渡り16年間の都でしたが、藤原宮の構造自体はその後の都にも引き継がれています。 広大な敷地の場所には、約25,000平方メートルに渡り、春には桜と250万本の菜の花、秋になると約30,000平方メートルの敷地に7品種300万本のコスモスが風に揺れる花の名所です。藤原京跡は菜の花やコスモスだけではなく、約7,000平方メートルの敷地に黄花コスモス、11種類のハスの花などが大地を覆う四季を通じて楽しめるスポットです。花だけでなく、大和三山の絶好のビューポイントとなっているので朝陽や夕陽を花と一緒に楽しむこともできます。また、河瀬直美監督「朱花の月(はねづのつき)」、趙曄監督、桃井かおり主演「光男の栗(みつおのくり)」などの映画のロケ地にもなりました。また、平成23年6月に藤原宮跡からの大和三山の稜線の眺め「重要眺望景観」に指定されています。
藤原京跡のコスモス
10月上旬~10月下旬
藤原京跡は、藤原京の中心施設として現在の皇居と国会議事堂、霞ヶ関の官庁街を合わせ持つ施設で、大極殿や朝堂院などがあった場所とされています。日本書紀では「新益都(しんやくのみやこ)」という表現で表されています。694年(持統8年)から710年(和銅3年)持統天皇、文武天皇、元明天皇の三代に渡り16年間の都でしたが、藤原宮の構造自体はその後の都にも引き継がれています。 広大な敷地の場所には、約25,000平方メートルに渡り、春には桜と250万本の菜の花、秋になると約30,000平方メートルの敷地に7品種300万本のコスモスが風に揺れる花の名所です。藤原京跡は菜の花やコスモスだけではなく、約7,000平方メートルの敷地に黄花コスモス、11種類のハスの花などが大地を覆う四季を通じて楽しめるスポットです。花だけでなく、大和三山の絶好のビューポイントとなっているので朝陽や夕陽を花と一緒に楽しむこともできます。また、河瀬直美監督「朱花の月(はねづのつき)」、趙曄監督、桃井かおり主演「光男の栗(みつおのくり)」などの映画のロケ地にもなりました。また、平成23年6月に藤原宮跡からの大和三山の稜線の眺め「重要眺望景観」に指定されています。

54732fea b90d 4478 aa6f e83d48e8b523
175b3ed2 7931 4dc4 ba5c d2c7be5902ad
751f8e27 647a 47c7 88c5 4ff7ff453468
奈良県と三重県の県境。 奈良市街から車を走らせた場所にある「曽爾高原(そにこうげん)」。宇陀郡曽爾村を代表する景勝地として自然保護が施されており、ススキの名所としても有名です。 標高900mに位置する曽爾高原。 春〜夏は緑の高原が広がり、秋にはススキが見頃を迎えます。 訪れるなら、秋頃の夕日が沈む時間がおすすめです。 広大な曽爾高原の一面がススキで占められ、沈みゆく太陽に照らされた穂によって黄金色に染まります。気持ちの良い風になびくたびに、穂がキラキラと輝く。自然が作り出すイルミネーションに魅了されることでしょう。 付近には日帰り温泉施設もあるので、のんびりしたい人にもぴったり。曽爾高原からの景色を目に焼き付けたあと、温泉で余韻に浸ってみてはいかがでしょうか。
5d8adbc7 278f 48a7 8917 b60d212b20c8
旦那との初デートの場所♡ 夕暮れ時のすすき綺麗でした。
4.0
by yaiko
2018年5月28日

B10a4527 f909 4bb6 8277 ae7bada4e3ce
D075aaa2 0918 402d bbd4 fce23d3282ef
Ca6145fe cd3a 4fa1 927a 9456453ae043
大阪と京都の2箇所に近い位置にあった「郡山城」。 軍事や政治の要衝として重宝され、数々の武将がこの地域を巡って争っていました。最初に支配したのは筒井順慶。織田信長の支援もあり、天正8年(1580)に郡山城を築城します。その後、江戸時代に入ったあとも、力を持った大名が配置されたそうです。 明治初期、郡山城は荒廃。しかし、昭和35年に「本丸」と「毘沙門曲輪」が奈良県の指定史跡に登録されて以後、市民の寄付によって周辺の「追手門」や「追手東隅櫓」などが復元。天守台の石垣には「さかさ地蔵」「羅城門」の礎石など、転用石があるのが特徴的です。 平成29年には天守台の展望施設を一般開放。奈良市、若草山、三輪山まで一望できます。また、郡山城は桜の名所としても有名。日本さくら名所100選にも選定されており、戦国時代に争った歴史を優しく包みこむように、淡く美しい桜の花が咲き誇ります。
68e928fe a10f 4629 acb4 6bf85b68edee
奈良郡山城跡のお堀の枝垂れ桜が綺麗に咲いていました!
5.0
by 38miyaBronze神社仏閣
2018年6月24日

68ec990c d21e 4b40 ae33 76253c17e9d3
B71a7227 9321 4bee b207 87b496f89e2a
30de9adc e741 42ca 8d44 e80a92ec41f8
大寺と並んで有名な「興福寺」や「五重塔」。 境内のちょうど真下らへんにあるのが、天平時代の人工池「猿沢池」です。 興福寺の南大門跡に続く階段、通称「五十二段」。下から上まで五十二段あることからその名で呼ばれ、あらゆる煩悩を断ち、真の悟りを開いた仏の意味に由来します。この五十二段を降りると猿沢池に当直。周囲約350mの小さな池ですが、かつては「放生会」と呼ばれる万物の生命を慈しむ儀式が行われていました。 猿沢池からは夕日が沈む光景を観ることはできません。その代わり、水面には徐々に移ろいでいく空の色や模様が鮮明に写し出されます。最初は橙色、徐々に茜色となり、群青色へと変わる。用意されているベンチに腰掛けながら、ゆっくりと変わりゆく様を観るのはなんとも贅沢な時間です。 見とれているうちに、気がつけば辺りは真っ暗に。すると、水面にゆらゆらと揺れるのは丸いお月さま。夜風になびく垂れ柳に風情を感じながら、古くから「猿沢池の月」と称されるほど美しい夜景も味わってみてください。
801428b1 3038 4abc 8a6e f07e1a0b0aed
奈良の猿沢池。三条通から興福寺に向かう階段のあたりにあります。池の周辺にはベンチがあるのでひと休憩にはぴったりです。
3.0
by ちぇりTop user体験
2018年8月21日

22f31e3c 117c 49ca aabd d5b9183befce
1ad45870 ab2f 4efe 99e5 90f9fba35f1e
55603020 e8ae 43dd 939b 512a480c0d71
8a5dbcfd 305a 4069 819b 7327aef3af1d
秋の紅葉真っ盛りの時に訪れた高野龍神スカイラインは関西一の絶景道だった。鮮やかな彩りに包まれて、周囲の紀伊山地を見渡す感動、大自然に圧倒されました!!
5.0
by Yuhei SenoTop user
2018年4月17日