岡山の観光・お出かけ

F1641d0f ed61 4861 8517 58ba4235ba2f
1b472eb4 8e90 423c 90c7 a80bf1562313
E3637196 a7ab 4d87 bb80 e106d1d1ca97
“そもそも現代アートとは何か?”という根本的なテーマから、国内外の芸術祭の目的の違いやアートの現場に携わる人々などについて、木ノ下智恵子(大阪大学21世紀懐徳堂准教授、アートプロデューサー)をナビゲーターに迎え岡山の3つのエリアにて考察を深めます。誰もが何かの当事者として関わることが可能なアートの懐の深さに触れてみませんか? 3つめの扉「私がアートの仕事に就いたのは?」 【日 時】平成30年3月18日(日)14:00〜17:00 【場 所】KAMP(岡山市北区奉還町3-1-35) 【内 容】アートを仕事にすること、アートの仕事の豊かさや課題について 【講 師】林暁甫(NPO法人インビジブル理事長/マネージング・ディレクター)      細川麻沙美(コーディネーター/札幌国際芸術祭事務局マネージャー)      吉田有里(アート・コーディネーター/港まちづくり協議会事務局員) 【定 員】30名 【お問合せ・申込先】 (公財)岡山市スポーツ・文化振興財団「現代のアートと出会う3つの扉」係  〒700-0825 岡山市北区田町一丁目8-30 伊達ビル3F  TEL 086-232-7811  FAX 086-234-1205  Email project@okayama-sc.jp
B8852395 6130 44e4 ad06 b2147ad16dae
B8562521 ed64 4577 954e c8e93fec358e
55059bd7 96f9 40d1 9148 5844d0be66ab
“そもそも現代アートとは何か?”という根本的なテーマから、国内外の芸術祭の目的の違いやアートの現場に携わる人々などについて、木ノ下智恵子(大阪大学21世紀懐徳堂准教授、アートプロデューサー)をナビゲーターに迎え岡山の3つのエリアにて考察を深めます。誰もが何かの当事者として関わることが可能なアートの懐の深さに触れてみませんか? 2つめの扉「国際展・芸術祭をつくることとは?」 【日 時】 平成30年2月17日(土)14:00〜17:00 【場 所】 岡ビル(岡山市北区野田屋1-3-3) 【内 容】 芸術祭を支える仕組み、芸術祭をきっかけに何がもたらされるのかについて 【講 師】 帆足亜紀(横浜美術館国際グループグループ長) 【定 員】 30名 【参加申込・締切について】参加希望講座名(開催日)、氏名、電話番号、ファクス、メールを下記までメール、ファクスでにてお申込みください。(各回開催日の3日前まで必着) 【お問合せ・申込先】 (公財)岡山市スポーツ・文化振興財団「現代のアートと出会う3つの扉」係  〒700-0825 岡山市北区田町一丁目8-30 伊達ビル3F  TEL 086-232-7811  FAX 086-234-1205  Email project@okayama-sc.jp
B50a3b6c 802d 41ad 92ec ccc402d84996
9c675a0a 56d2 4caf a9ee 1685c678bd6b
Spot noimage
岡山県岡山市北区後楽園にある大名庭園の後楽園。水戸の偕楽園、金沢の兼六園と合わせて日本三名園に数えられる回遊式庭園です。
夏の夜の夢 幻想的なライトアップと夏の夜空を彩る花火。
by Achan
2017年8月5日
岡山後楽園の紅葉
11月中旬~12月上旬
岡山県岡山市にある「岡山後楽園」。水戸の偕楽園、金沢の兼六園と合わせ日本三名園に数えられる回遊式庭園です。錦織り成す名所「千入(ちしお)の森」が紅葉の名所として親しまれています。千入とは、幾度も染めるという意味で、日ごとに深まる紅葉のさまを表しており、約300年前の築庭当時からこの名で親しまれています。11月上旬から色づきが始まり、見頃を迎える11月中旬~12月上旬には「秋の幻想庭園」が実施され、紅葉した木々を中心にライトアップするなど、訪れる人々を秋ならではの庭園美で魅了します。
岡山後楽園の桜
3月下旬~4月上旬
岡山藩2代藩主池田綱政が、およそ300年前(元禄13年、1700年)に、藩主の安らぎの場としてつくらせた江戸時代を代表する大名庭園。14万4000㎡の広々とした景観が特徴の回遊式庭園で、日本三名園のひとつに数えられている。園内にはソメイヨシノを中心に約280本の桜が植えられており、春の訪れを告げるように徐々に花を咲かせていく。桜林や馬場など園内のどこからでも花見が楽しめるのは、回遊式庭園ならではの特徴。桜林は、ソメイヨシノを中心に約50本の桜からなる林で、岡山の桜開花の標本木もある。南門の桜と新緑の芝、岡山城との織りなす雄大な景色も美しい。ヤエベニシダレは花葉の池に架かる栄唱橋のたもとにあり、ソメイヨシノより、やや遅れて見頃を迎える。約180mほどの土手に桜が並ぶ馬場は、まさに桜のトンネルのようになる。
F7c525a3 4004 42b5 8d72 128802f8e23a
岡山後楽園の花菖蒲
6月上旬~6月下旬
岡山市の「後楽園」は水戸の偕楽園、金沢の兼六園と合わせ日本三名園に数えられる回遊式庭園。 後楽園は80品種3,000株の花菖蒲が植えられている花菖蒲の名所で、梅雨の見頃の時期には、名園に彩りを添える白や紫の花が雨の中で一層色鮮やかに映えます。
41ad1d7c 218b 4bdd 863c 73f7ad579797
岡山後楽園の蓮
6月中旬~8月上旬
日本三名園のひとつは蓮の名所 岡山市の「後楽園」は水戸の偕楽園、金沢の兼六園と合わせ日本三名園に数えられる回遊式庭園。後楽園は、ピンクの可憐な花を咲かせる「大賀蓮(おおがはす)」と、気品ある白い大輪の花の「一天四海(いってんしかい)」の2種類が楽しめる蓮の名所でもあります。また、見頃の期間中の7月第1日曜日には、午前4時に開園し、夜明けとともに咲き始める蓮の花を観賞する行事「観蓮節(かんれんせつ)」が行われます。 箏曲演奏や、茶席・点心席が設けられ、朝は早いですがおすすめのイベントです。
5404bf09 553d 4034 809c 19cca7a1e4e3
関連記事あり
梅雨が楽しみに!【中国・四国】花菖蒲の名所・見頃おすすめ5選
9ffe0bc6 97c4 443a a63f 3f14414affc4