宮城県 観光・名所のよりみち案内

観光・名所のTOP USER
まんでがんさん
Ef510d1c 1584 4dbc 8a0f 3c67fc666728

日付指定

日付を指定する
7221638d 33e9 4aa0 9622 bb00c5aaa523
764ceac0 0583 4dcf 9f4f 45251657c524
41bf43e4 e11e 49f8 8b94 947535dfdac9
東北では唯一の国営公園。蔵王山麓の裾野、釜房湖畔に位置し、豊かな水と緑に囲まれた公園です。7,000㎡の「彩のひろば」の大花壇には、春はチューリップ、夏はマリーゴールドやサルビア、冬はパンジーやビオラが美しく咲き誇り目を楽しませてくれます。蔵王連峰を背景にポピーやコスモスの園内の花畑が見事。将来的には約650ヘクタールの広大な公園を目指し、約10万株の花々が植えられ、噴水や水路などが美しくレイアウトされています。また、東北地方の風土と文化に触れ合うこともできるようにと、東北6県を代表する古民家を集めた「ふるさと村」は必見。そのほか「風の草原」では、「多目的コート」や「ドッグラン」も楽しむことができます。
7a7804e1 76b1 44e5 a491 9db8d2937c39
綺麗な花畑を青空の下で眺めていました。
5.0
by もま写真
2018年5月5日

73be8a3e df41 4a73 bc40 cb0433d5e94f
Aa353e9c 1bf6 4331 9c82 400639fe5e47
F500299d b4b3 488e 9d14 1c4a48e72df7
松島のシンボル的存在である「五大堂」。先にご紹介した「瑞巌寺」から徒歩数分、海岸広場の東端に飛び出している五代堂島の上に鎮座。歴史的価値の高さから、国の重要文化財に指定されています。 起源は遡ること大同2年(807)。坂上田村麻呂が奥州に遠征するとき、毘沙門堂を建立したのが始まりとされています。その後、天長5年(828)に慈覚大師円仁が瑞巌寺を創建したときに、東西南北にそれぞれ五大明王像を安置したことから、五大堂と呼ばれるようになりました。現在のお堂は慶長9年(1604)に再建したもので、東北最古の桃山建築として知られています。 五大堂を参拝するには五代堂島との間にある「すかし橋」を渡ります。橋げたの隙間が5寸(約15cm)あり、そこから海が覗けてちょっとしたスリルを味わえますよ。また、非公開の五大明王像が開帳されるのは33年に1度。次回は2039年の予定です。
801428b1 3038 4abc 8a6e f07e1a0b0aed
宮城県松島の瑞巌寺五大堂。伊達政宗が手がけた東北地方最古の桃山建築。海に浮く岩場に設けられた堂には、橋を渡って行きます。
3.0
by ちぇりTop user体験
2018年9月20日