福岡県 歴史のよりみち案内

歴史のTOP USER
まんでがんさん
Ef510d1c 1584 4dbc 8a0f 3c67fc666728

日付指定

日付を指定する
F532df75 4071 4e0c 92f6 14aa7e36dd04
Fabbccbe 9c76 4f84 ae28 b05ac484262e
A6c7c75a 2df8 44f5 88d4 5d3d90060912
学問の神様が祀られている「太宰府天満宮」は、年間で約1,000万人が参拝する有名スポットです。「太宰府天満宮」は天神信仰発祥の地とも言われており、菅原道真が最後を迎えた場所としても知られています。 境内には約6,000本もの梅の木が並んでいる名所でもありますが、春には約500本の桜が、初夏には3万本の花菖蒲が花を咲かせます。イベントもたくさん開催されており、書道の成果を発揮する「揮毫大会」や、赤ちゃんの土俵入りも行われる相撲大会など、多くの人が訪れています。 太宰府天満宮の参道には、名物の梅が枝餅のお店がたくさん並んでいます。お土産として購入するのはもちろん、お茶屋で美味しいお茶と共に楽しむこともできます。
9b8a1484 2801 4ecb a311 0bf1ad48165d
夜の太宰府 夜の太宰府天満宮も活気があっていいですよ〜。
5.0
by KUMATARO
2018年10月7日

1a8a27bf b3f4 497c 8a41 4211c872bfad
博多祇園山笠が奉納される神社で、神社の祭礼で使われる祭具「飾り山笠」が一年中展示されています。「お櫛田さん」の愛称で親しまれおり、博多の総鎮守でもあります。祭神は正殿に大幡主命(櫛田宮)・左殿に天照皇大神(大神宮)・右殿に素戔鳴尊(祇園宮)の三神で拝殿には3つの鈴が並んでいます。博多の総氏神様としては最古の歴史を有し、天照皇大神(大神宮)、大幡主大神(櫛田宮)、素戔嗚大神(祇園宮)が祀られています。
F5e10507 0a09 41af b477 c1778a825c86
色とりどり たるたるたる
4.0
by IRUcAmera
2018年2月13日