大分県

A0d1ec1a e49b 4aa0 9b18 f2720896e74a

平和市民公園能楽堂× コンパルホール 音和座 大分公演~合唱との新たな展望 そして創造~

〒870-0924 大分県大分市牧1丁目2−32
2月10日(土) 18:30〜20:30
~「宝のまち・豊後FUNAI芸術祭」事業~ 純邦楽・和楽器の魅力を伝えるプロジェクト「音和座 おとわざ」。2年間の準備期間を経て、ついに平和市民公園能楽堂能舞台にて大分公演を開催いたします。三味線演奏家・本條秀太郎を中心とした『和の合唱プロジェクト』=『音和座合唱団』を立ち上げ、和楽器アンサンブルと共に歌い上げる壮大なプロジェクトがスタート致します。 日時:2018年2月10日(土)17:30開場 18:30開演 20:30終演予定 場所:平和市民公園能楽堂 出演:本條 秀太郎/本條 秀五郎/本條 秀慈郎/望月 美嘉/音和座合唱団 入場料:1,000円(税込)全席指定 未就学児童入場不可 ※小学生以下は保護者同伴 チケット販売: [友の会先行]2017年12月1日(金)10:00~12月7日(木)17:00 [一般]2017年12月8日(金)10:00~ チケット取り扱い: 平和市民公園能楽堂 コンパルホール 097-538-3700 ローソンチケット[Lコード:81695] トキハ会館プレイガイド 097-538-3111 ヱトウ南海堂 0977-22-0827 ◆当日プログラム◆ 作曲・音楽監督:本條 秀太郎 編曲:桑原 ゆう 1部:本條秀太郎 大分特別公演(45分) 出演…本條 秀太郎/本條 秀五郎/本條 秀慈郎/望月 美嘉 2部:音和座合唱団公演 ―和楽器と合唱―(45分) 詳細はホームページでもご確認いただけます。 http://www.nogaku.jp/event/20180210-1.html
56e6b5df 3085 427b 86f8 f6e98d101f00

たびするシューレ 第2回「美術館の面白さ 佐伯の街全体をマリンミュージアムにしよう」・現佐伯市長に訊く「文化とは何か」

〒876-0025 大分県佐伯市池田1184−1
1月27日(土) 18:00〜21:30
【専用予約フォームで予約してください。イベントページの参加表明では受付にはなりません】申込はこちら→https://reserva.be/tabishure 「たびするシューレ」はOPAM新見館長と県内をめぐりながら様々なことを学び、感じ、交感し、大分の次世代を担っていく人材を育成、連携していくシューレ(学校とは少し違った、学びの場)です。 「たびするシューレ」のHPはこちら https://tabishure.amebaownd.com/ 【FBページはこちら】 https://www.facebook.com/たびするシューレ-140428836604284/ 第2回は佐伯にたびして、新見館長のレクチャー、「美術館の面白さ。佐伯の街全体をマリーンミュージアムにしよう」の後、 現佐伯市長の田中利明さんをゲストにインタビュー「日本一文化的な市長に文化とは何かを訊く (インタビュアー カモシカ書店 岩尾晋作)」を行います。 レクチャーとインタビュー終了後、ご希望の参加者の方々とお食事をしながら懇親会も行います。(懇親会は別途、要予約) 佐伯の方も、佐伯以外の方も、ぜひともご参加ください。 大分をみんなで、作っていく、一歩です。 日時 2018年1/27(土)18:00~20:00 懇親会はさらに1時間半程度 〇会場 coffee5 〒876-0025 大分県佐伯市池田1184-1(JR佐伯駅からタクシーで10分ほど) お車の方は駐車場有→最寄りのローソンさんのご協力。 〇駐車場 ローソン佐伯池田店 〒876-0025 大分県佐伯市池田 大字池田字清六1091 40台ほど収容可 参加費 A.レクチャー、インタビュー、さらに懇親会 3800円(ムッシュカワノさんによるお食事、さらにドリンク付)※Aは1/24の18:00に受付終了。 B.レクチャー、インタビュ― 1500円(ドリンク付) 申込先 https://reserva.be/tabishure ムッシュカワノ http://www.monsieur-kawano.com/ ***スピーカープロフィール*** 田中利明 現佐伯市長 昭和26年5月13日生 昭和46年3月 佐伯鶴城高校 卒業 昭和50年3月 宮崎大学農学部 卒業 公選職歴 昭和58年4月 佐伯市議会議員 当選(4期16年在籍) 平成11年4月 大分県議会議員 当選(5期18年在籍) 平成27年5月 第71代大分県議会議長 就任 平成29年4月 大分県佐伯市長 就任 (佐伯市役所HPより) 新見隆 大分県立美術館館長。 武蔵野美術大学芸術文化学科教授。 広島県出身。慶應義塾大学文学部フランス文学科卒業。1982年から1999年2月まで、西武美術館・セゾン美術館の学芸員として、展覧会の企画を担当。イサム・ノグチ庭園美術館学芸顧問。インディペンデント・キュレーター。慶應義塾大学アート・センター訪問所員。 岩尾晋作 カモシカ書店店主。 大分市生まれ。法政大学で西洋哲学、文化服装学院で服飾造形を学ぶ。 都内でアパレル・映画会社・大手書店に勤務したのち、渡印。由布院の中谷健太郎、シネマ5の田井肇に憧れ、地域表現という夢を抱いて故郷に帰ってきた。2014年地元大分にてカモシカ書店をオープン。