秋田県 花の名所のよりみち案内

花の名所のTOP USER
平岩蘭さん
90f799c2 68be 4938 9ef4 1542a9df0c99

日付指定

日付を指定する
6c7369b3 74ed 4210 b6a7 0117785db9a9
2b82f20a f237 47af 969f 01eacfc5abb0
2386abf9 d26f 4560 96be cd1591aac5dc
今でも武家屋敷の町並みが残る角館は、江戸時代に佐竹藩の支藩が置かれた町。各家屋敷のシダレザクラは、今から350年前、京都から迎えたお姫さまのお嫁入り道具の中にあった3本の苗木が最初。それが元となって長い年月を経て、今日まで残る「角館のしだれ桜」になったと言われている。樹齢300年以上の老樹を含む町内には約400本あり、162本が国の天然記念物に指定されて華麗に咲き乱れる。「みちのくの小京都」と呼ばれるだけあり、町並みが武家屋敷の黒板塀が続き、江戸時代の城下町にタイムスリップしたかのように歩いて楽しめる。桜はシダレザクラで、木立が大きいのが特徴。塀から通りへと流れ落ちるかのように枝を伸ばし、風に揺れながら舞い、優雅な雰囲気を醸し出している。さらに武家屋敷も見学できるので、家主になった気分で庭先からの眺めるのも一味違う楽しみ方。さらに近くには絶景の桧木内川堤もあり、ついつい歩きに夢中になってしまうほど。散策に疲れたら料亭など食事処も数あり、花より団子で郷土色溢れる料理も楽しみのひとつだ。