山形県のよりみち案内

43074e18 c651 48e8 9ec6 e32b5884acc1
F6a38a59 7d8e 487b 87de 1aa43c18b28d
D9feb212 f9bf 4df4 8451 e2de817b9723
明治29年に建てられた、上杉茂憲伯爵の本邸。 現在は「上杉記念館(旧上杉伯爵邸)」として一般開放されています。 米沢藩第14代にして最後の藩主である、上杉茂憲伯爵。その本邸が米沢城の二の丸跡に建てられています。当時は敷地約5,000坪、建坪530坪にも及ぶ巨大な邸宅でしたが、大正8年の米沢大火で焼失してしまいます。 現存しているのは、大正14年に再建されたもの。銅板葺きの屋根、木曽桧の柱と長押、総けやきの門・玄関で造られており、上杉家の格式高い面立ちを感じられます。また、浜離宮を模して造られた庭園があり、米沢三大名園のひとつとして有名。建物と庭園を合わせて、登録有形文化財に指定されています。 建物内には食事処も設けられており、贅沢なひと時を過ごしたい方におすすめ。庭園を眺めながら、米沢牛や郷土料理を堪能できますよ。
801428b1 3038 4abc 8a6e f07e1a0b0aed
山形米沢の上杉伯爵邸。建物は国指の定登録文化財に登録されています。明治29年に米沢城二の丸跡に上杉家14代上杉茂憲伯爵邸として建てられました。現在は米沢牛を食べられる日本料理屋となっています。
3.0
by ちぇりTop user観光・名所
2018年9月26日