山形県 キキョウのよりみち案内

9a990144 e311 43a7 85ff fee6d323d017

日本の山野に自生し、古くから馴染みのあるキキョウ。キキョウは、恋人をひたすら待ち続けた若い娘を象徴する花とされることから、「永遠の愛」や「誠実」といった花言葉を持ちます。風船のようなつぼみを付けることからバルーンフラワーとも呼ばれ、紫色で星形の花を咲かせます。そこから「桔梗紋」と呼ばれる家紋が生まれ、この家紋を使っていた代表格が明智光秀だと言われています。秋の七草のひとつとして秋の花のイメージが強いですが、開花時期は、6月中旬から9月頃です。近年では自生株が減少し、絶滅が危惧されていますが、園芸種は紫、ピンク、白、一重咲き、八重咲きなど多種多様な花を咲かせています。キキョウの名所は有名な寺にあることが多く、歴史情緒あふれる中で落ち着いて鑑賞したい方におすすめです。

日付指定

日付を指定する
「山形県のキキョウ よりみち・観光名所を探すなら」は見つかりませんでした。
現在地周辺の「キキョウ」現在地から探す