Green banner
素敵に、よりみち

福島の観光・お出かけ

日付指定

日付を指定する
D22489c9 c28f 4c72 a9db 82e655519432
46163527 8b34 4a0e 8a8a 549a04f66785
62ca636a 78bb 41a3 862d bf6d54c8da6d
鶴ヶ城から会津若松の景色が一望できました。
by のんはる
2018年5月23日
鶴ヶ城公園の紅葉
10月下旬~11月上旬
福島県会津若松市にあある鶴ヶ城公園は、会津平野を彼方に囲む山々が紅に染まり、幻想的な姿を見せる。10月下旬から色づきが始まり、見頃は10月下旬~11月上旬。紅葉時期にあわせ、平成30年10月19日(金)~11月18日(日) 日没~21:00の期間限定で、鶴ヶ城公園内をライトアップを実施し、より趣深く、色鮮やかに照らし出された紅葉を楽しむことができる。紅葉以外にも、石垣や各所見どころなどがライトアップされ、夜ならではの鶴ヶ城を、陰影や豊かな光の諧調を生かした心地よさを堪能できる。
会津若松城(鶴ヶ城)の桜
4月中旬~4月下旬
会津若松市のシンボル鶴ヶ城は約600年前に芦名氏によって築かれ、1381年黒川城築城以来伊達、上杉、加藤など戦国大名の居城。戊辰戦争の時に1ヶ月の籠城の末落城。その時の白虎隊の悲話で知られる。現在の天守閣は昭和40年の再建。平成16年3月には天守閣内部がリニューアルされ、会津のシンボルとしての鶴ヶ城で会津の歴史を「学び、遊び、体験」できる「お城ミュージアム」として好評を博している。城内にはソメイヨシノを主に、大小約1,000本の桜が植えられ、春は夜桜見物客で賑わう。
D76e5f48 d4b1 4c8a 88ad c26dc507cbf1
関連記事あり
会津武家屋敷や白虎隊の墓!歴史に触れる「福島 会津若松市」のおすすめ観光•名所5選
D6187168 28f2 47be 8b45 a411cc1de65f
A56ce91c e0c3 44a6 bff7 483aacbea936
1d4139f4 6345 493c acf7 a66c74d04685
A6a43efb 4d08 4d62 b033 6074b1fac723
東北最大規模約8.3haの広大な敷地に約250万本のひまわりを見ることができる。会津盆地を一望できる三ノ倉スキー場のゲレンデにひまわりが咲き誇る景観は息をのむほど美しい。ひまわりが真夏の太陽の中満開期を迎える頃に「ひまわりフェスタin三ノ倉高原花畑」が開催される。開催中のイベントは多彩で、ひまわり畑巨大迷路をはじめ、敷地内の遊歩道にあるチェックポイントを見つけてクイズに答えながら散策する、ひまわり畑ウォークラリーステンド硝子アート体験や親子ふれあい星空ウォッチング他、ひまわり畑でフォトコンテストなども行われる。開花やイベント情報はホームページで確認できる。イベント期間中などで混雑が予想される土日には第一駐車場からシャトルバスが運行予定。春には菜の花を楽しむこともできる花名所のひとつである。また、見晴らしの丘には「幸福の鐘」が設置されている。
三ノ倉スキー場ゲレンデのひまわり畑。 今年は250万本植えられたらしいです。 蒔き時期をずらしているので9月中頃まで楽しめるそうです。
by 奈瑞菜
2018年8月15日
1d28c19c aeca 47f6 9302 b28200d32e4f
12fb36b9 cde3 4b70 b74a f3500a319360
Spot noimage
福島県の郡山市の北東部に位置する三春町。城下町で春になると梅、桃、桜の花がいっせいに咲くところから三つの春が来るので三春と名付けられたという。町の南側に春を告げるように咲くベニシダレザクラの巨木は、樹齢千年以上といわれている。大正十一年、十月、わが国の桜を代表する巨樹として国の天然記念物にも指定され、岐阜県の淡墨桜、山梨県の山高神代桜とともに日本三大桜といわれる。名木として愛され、室町時代の殿様は早馬を立てて開花の様子を日々待ったといい、三春藩は手厚く保護し、周辺の畑の年貢を免除して柵を設けたほど。当時のことを三春盆踊歌では「滝の桜に手は届けども、殿の桜で折らない」と歌われている。また、江戸時代後期の天保年間、三春藩士草川次栄が上京し、公爵などとの会談の折り滝桜が話題にのぼり、この時に詠んだ桜の賛歌が世に名を知らせたという。桜の樹高十二メートル。幹回り十一メートル、枝張りは東西へ約二十五メートルもある。滝桜の名前の由来だが、四方に伸びた枝から紅色の滝がほとばしるように小さな花を無数に咲かせ、その模様は滝が流れ落ちるように見えることから。艶やかな花姿に訪れる人々は、しばし立ちすくんでしまうほどだ。
今年も満開の滝桜が見られました。
by 松竹梅
2018年4月8日