福島県 歴史のよりみち案内

歴史のTOP USER
まんでがんさん
Ef510d1c 1584 4dbc 8a0f 3c67fc666728

日付指定

日付を指定する
D22489c9 c28f 4c72 a9db 82e655519432
46163527 8b34 4a0e 8a8a 549a04f66785
E2241560 56ce 4b9c ae7f 5587f827166c
鶴ヶ城は今から約630年ほど前に、その前身ともいえる東黒川館を葦名直盛が築いたのがはじまりと言われ、戊辰戦争では約1ヶ月に及ぶ激しい攻防戦に耐えた名城として、その名を天下に知らしめました。明治7年に取り壊されましたが、昭和40年に再建、平成13年には天守に続く建物「干飯櫓・南走長屋」が江戸時代の工法・技術を用いて復元されました。天守の内部は博物館となっており会津の歴史に触れることができます。平成23年には「赤瓦」へのふき替えが完了し幕末当時の姿を再現し、現存する天守閣では国内唯一の赤瓦の天守となっています。鶴ヶ城公園内は約69,000坪の敷地があり国の史跡に指定されています。
49836a93 3940 40a9 8e22 6abcff18243c
秋の鶴ヶ城 城の周囲すべてが紅葉に包まれていたため、歩きながらいろんな角度から城と景色を楽しむことができました!
5.0
by junp_photoBronzeイベント
2018年11月6日
会津若松城(鶴ヶ城)の桜
4月中旬~4月下旬
会津若松市のシンボル鶴ヶ城は約600年前に芦名氏によって築かれ、1381年黒川城築城以来伊達、上杉、加藤など戦国大名の居城。戊辰戦争の時に1ヶ月の籠城の末落城。その時の白虎隊の悲話で知られる。現在の天守閣は昭和40年の再建。平成16年3月には天守閣内部がリニューアルされ、会津のシンボルとしての鶴ヶ城で会津の歴史を「学び、遊び、体験」できる「お城ミュージアム」として好評を博している。城内にはソメイヨシノを主に、大小約1,000本の桜が植えられ、春は夜桜見物客で賑わう。
D76e5f48 d4b1 4c8a 88ad c26dc507cbf1
はるか2018 ~戊辰の風 花の雲~ 会津若松編
2018年3月23日(金)〜2018年3月24日(土) 18:30〜21:00
プロジェクションマッピングイベント「はるか」は、2013年から毎年福島県内1ヶ所での開催でしたが、6年目を迎える2018年は開催地を増やし、戊辰150周年にちなんでその舞台であった会津若松市の鶴ヶ城と白河市の白河小峰城で行うことを決定いたしました。 た今回からは、福島の元気な姿をアピールして復興機運の風化防止を図るために、この取り組みにご賛同いただける仲間(個人協賛)を募り、プロジェクトを運営していきます。 詳細は公式HPを御覧ください http://www.fukushimasakura.jp/2018/index.html
Cdab1d7f 0713 4edb bc24 a7f5f5927607
鶴ヶ城公園の紅葉
10月下旬~11月上旬
福島県会津若松市にあある鶴ヶ城公園は、会津平野を彼方に囲む山々が紅に染まり、幻想的な姿を見せる。10月下旬から色づきが始まり、見頃は10月下旬~11月上旬。紅葉時期にあわせ、平成30年10月19日(金)~11月18日(日) 日没~21:00の期間限定で、鶴ヶ城公園内をライトアップを実施し、より趣深く、色鮮やかに照らし出された紅葉を楽しむことができる。紅葉以外にも、石垣や各所見どころなどがライトアップされ、夜ならではの鶴ヶ城を、陰影や豊かな光の諧調を生かした心地よさを堪能できる。
62ca636a 78bb 41a3 862d bf6d54c8da6d
鶴ヶ城紅葉ライトアップ
毎年10月中旬〜11月中旬
鶴ヶ城と紅葉の幻想的な美しさ 紅葉時期にあわせ、鶴ヶ城公園内をライトアップする。植栽用の「彩光色」を使用したことで、より趣深く、色鮮やかに照らし出された紅葉を楽しめる。紅葉以外にも、石垣や各所見どころなどがライトアップされ、夜ならではの鶴ヶ城を鑑賞できる。不要な眩しさを抑えた、陰影や豊かな光の諧調を生かした心地よいライトアップを、秋の夜長、深い歴史の蓄層された鶴ヶ城で堪能しよう。
37644584 90aa 42f1 a66b 03e19c13afbc
会津絵ろうそくまつり
2019年2月8日(金)〜2019年2月9日(土) 17:30〜21:00
2月第2週の金曜日と土曜日に福島県会津若松市の鶴ヶ城と御薬園を主な会場として行われる「会津絵ろうそくまつり」。 雪景色の中で、会津の伝統的工芸品「会津絵ろうそく」約10,000本が揺らめきます。鶴ヶ城では天守閣に上ってイベントの様子を一望できます。静かに揺れ動く橙の炎と、鮮やかにライトアップされた天守閣の姿の対比が幻想的。御薬園会場では琴の生演奏が流れる中、ろうそくの灯りがゆらめく幽玄の世界を楽しめます。駅や商店街など市内各所にろうそくの火が灯されるので、会津の夜の街を歩きながら、気軽にイベントの雰囲気を楽しめます。 各会場まで、会津若松駅前や七日町駅前から、まちなか周遊バス「ハイカラさん・あかべぇ」を運行しています。
09ee76fc 7391 4e84 a4d1 79789e5ebc4d

73a77ab5 1e1b 4279 8534 79f0bb27076a
98aed3d4 7841 4718 a5d3 04d539a00fd4
C07090d6 1848 4ef6 88da 94691579b68c
江戸時代の代表的な大名型山水庭園として国の名勝に指定されました。今から約600年前の室町時代、霊泉が湧出したこの地に、会津領主が別荘を建てたのが始まりといわれています。後に各種薬草を栽培する薬草園が設けられ、「御薬園」と呼ばれるようになりました。戊辰戦争時は、ここが新政府軍の療養所として使用されたため、戦火に巻き込まれずに往時の姿をとどめています。歴代藩主がこよなく愛した庭園で、歴史の香る癒しのひと時をお過ごし下さい。 藩主も眺めた御茶屋御殿から当時の風景をしのびながら抹茶(有料)を頂くこともできます。
801428b1 3038 4abc 8a6e f07e1a0b0aed
福島県会津若松の御薬園。庭園内で抹茶も頂けます。
3.0
by ちぇりTop user体験
2018年9月27日