栃木県のよりみち案内

B8eb9839 136c 4571 bb8d a42c54fcfb07
34d4c0e8 8420 4cee b0b7 9825f1477c23
7cbca5e9 f5d2 4b8e ba61 a7a5010380f8
日本を代表する世界遺産「日光の社寺」。その中でももっとも有名な「日光東照宮」は徳川家康がまつられた神社で、現在の社殿群は、そのほとんどが寛永13年3代将軍家光による「寛永の大造替」で建て替えられたもの。境内には国宝8棟、重要文化財34棟を含む55棟の建造物が並び、その豪華絢爛な美しさは圧巻です。全国各地から集められた名工により、建物には漆や極彩色がほどこされ、柱などには数多くの彫刻が飾られています。
85d1deac f7f6 4e13 b1bd 38bc702580b9
日光東照宮 小雨の中歩くのもまたいい雰囲気だった。
5.0
by うなぎ
2018年9月17日

71874c1b 9f5a 4089 b8c1 242faab9c79b
37560584 cb95 4db6 8e89 fa329c117c46
3f83d88f 1684 4af2 a52e 6ab92255edd8
壇ノ浦の合戦に敗れ逃れてきた平家落人が、河原に湧き出る温泉を見つけ傷を癒したと伝えられる歴史の古い温泉です。温泉地名の由来ともなった湯西川(一級河川利根川水系)の渓谷沿いに旅館や民家が立ち並びます。湯量豊かな温泉を楽しむのはもちろんのこと、川魚や山の幸、野鳥・鹿・熊・山椒魚の珍味など四季を感じる地元料理を心ゆくまで堪能できます。みそべら等を囲炉裏でじっくり焼いて頂く落人料理も有名です。また、1月下旬~3月中旬のかまくら祭の時期には河川敷に約1200ものかまくらが作られ、ろうそくの明かりが灯る週末の夜は特に幻想的な風景が広がり絶景です。
Cd73f1fd 8448 4a83 981c 318c2ecb55a2
湯西川温泉街 川沿いには多くの露天風呂があったりする風情ある温泉街。遠くの山も絵になります。 インスタグラム@burarijapanhotspring
3.5
by 浜田 建佑Top userスパ・温泉
2019年3月15日

B0c22da9 bf83 4d93 aea9 75de8a4e77a7
D7bc800a 96b7 4508 8e81 8cf3d01b2fce
Ad8024b0 e116 4490 bc32 013befd97d41
奥日光の入り口に位置する中禅寺湖。周囲約25km、最大水深163mで、およそ2万年前に男体山の噴火による溶岩で渓谷がせき止められ、原形ができたといわれています。穏やかな気候のため、明治から昭和初期にかけては外国人の避暑地として賑わいました。男体山のふもとに広がるのどかな湖畔は四季折々の表情を楽しめますが、特に初夏のツツジ、秋の紅葉が見事です。また、遊覧船に乗って水上からの景色を楽しむのもオススメ。紅葉シーズンには「紅葉廻り」コースも運行されます。
85d1deac f7f6 4e13 b1bd 38bc702580b9
中禅寺湖 風が強かった。
5.0
by うなぎ
2018年9月18日

F95bbcae ee30 49a5 9b13 3d9982f725f4
C745f9d9 827f 4245 9e9c 885d36018756
46a03e7d fb8b 4dc9 a8e7 55df0d2a51fa
栃木県日光市上鉢石町に架かる神橋。日光二荒山神社の建造物であり、日光の表玄関を飾る高さ10.6メートル、長さ28メートルの木造朱塗りの美しい橋。 奈良時代の末に勝道上人が日光山を開くとき、大谷川の急流に行く手を阻まれ神仏に加護を求めた際、深沙王(じんじゃおう)が現れ2匹の蛇を放ち、その背から山菅(やますげ)が生えて橋になったという伝説を持つ神聖な橋。別名、山菅橋や山菅の蛇橋(じゃばし)とも呼ばれています。現在のような朱塗りの橋になったのは寛永13(1636)年の東照宮の大造替のとき。明治35(1902)年にそのときの橋は洪水で流されてしまいましたが明治37(1904)年に再建され、日本三大奇橋の1つに数えられています。
801428b1 3038 4abc 8a6e f07e1a0b0aed
日光東照宮への入口 日光の神橋。高さ約11メートル、長さ約28メートルの朱塗りの神橋。国の重要文化財で世界遺産にも登録されています。日光東照宮の入口に架かる橋ですが、向こう側には行けず、引き返す形になります。神橋を渡るには大人300円必要。 今の時期は風鈴祭り期間で、橋や周辺には風鈴が沢山吊るされていました。そのため周囲は風鈴の音で、夏っぽく涼やかでした。
3.0
by ちぇりTop user体験
2018年8月17日

Add142c0 e617 4c68 9022 20536676c4d6
F9066293 b01d 4abf 8035 8194247de248
Ff9512ed 3b60 4993 aa98 e93ea106c544
日光連山を代表する標高2486mの山。山自体が信仰の対象で、山頂には日光二荒山神社の奥宮があります。二荒山(ふたらさん)とも呼ばれ、「ふたら」とは観音浄土の補陀洛(ふだらく)からきているといわれています。毎年7月31日には登拝祭が行われ、8月1日の深夜0時に多くの人が山頂を目指し登頂を開始します。また男体山のふもとに広がる湖や滝、草原や湿原などは、男体山の噴火活動によりできたもの。中禅寺湖の北岸にそびえ、雄大な姿を見せています。日光二荒山神社中宮祠から登山する場合は毎年5月5日~10月25日の期間登ることができます。 ※なお、5月5日は開山祭、10月25日は閉山祭がおこなわれます。