栃木県 デートのよりみち案内

デートのTOP USER
ちぇりさん
801428b1 3038 4abc 8a6e f07e1a0b0aed

日付指定

日付を指定する
B1d37214 d60c 4991 b0a2 dde7f75c469d
6c4cb62b 3f55 4211 befc 98e2d8dfb2b9
39d105a8 253a 4c82 a215 d0d5c0ba7492
(株)モビリティランドが運営する栃木県茂木町のツインリンクもてぎ。敷地内は本格的なサーキットだけでなく、子供も楽しめるモビリティテーマパークとなっています。森を楽しむ「ハローウッズ」ではキャストと一緒に森をまわり植物や昆虫を観察したり、クラフト工房でもの作り体験をしたり、日本最大級(往復561m~)のジップラインを楽しんだり大自然の中で沢山の体験ができます。 2018年にオープンした「森感覚アスレチック DOKIDOKI」は、どんぐりの木をモデルにした地上5階建ての新感覚・木登り型アスレチック。小学生以上が対象で、ボルダリングウォールといった体力が必要なクライムゾーン、勇気が必要な空中ゾーンなど39ヶ所のアスレチックに親子で挑戦することができます。巨大などんぐりの木をモチーフに、地中の根からスタートし、太い幹を登り、枝を渡っててっぺんのゴールを目指します。樹木空間を表現したアトラクション内部にはどんぐりやカブトムシなどといった、植物や昆虫のオブジェが設置されており、まるで森の中を冒険しているかの気分を味わうことができます。 またオートキャンプ場、バーベキュー設備なども充実しています。その他、遊園地「モビパーク」ではミニバイクから本格的なカートまで子供でも沢山の乗り物体験ができ、ツインリンクもてぎは、ファミリー層に人気のスポットです。
6ae9ffb2 5156 4c71 8aa1 7f8760877de7
ツインリンクもてぎのアスレチックに行きました!子供が多く最初入るのにためらいましたが、入ってみると意外とハードで大人でも楽しめました!家族連れにぴったりだと思います!
5.0
by みっきーTop user動物園
2018年10月20日

644b3a61 3044 4505 bb3e 3609c19823ea
3b61deae 1324 43d1 a1b9 d81ac7801da0
8d12ad90 862d 4e68 8dc2 d031c6e3b2e5
栃木県南西部、足利市にある四季折々にさまざまな花を楽しむことができる花のテーマパーク。園内にある名物が中央にある栃木県指定天然記念物になっている樹齢約150年の「野田9尺藤」の大藤。枝の広がりは517平方メートル(500畳の広さ)に及びます。また、庭木仕立てのフジ、80mにも渡って続く白藤の花のトンネル、そしてスクリーン仕立て、池に映る水鏡効果の夜の藤達と、工夫を凝らした藤は、訪れた人を飽きさせない演出。メディアに出る事が多いのは紫の大藤ですが、例年4月中旬から薄紅色の藤、紫の藤、白藤、黄色と少しずつ時期をずらして咲いていきます。夜はライトアップされた大藤のトンネルの中を通ることもでき、昼間とはひと味違う藤の魅了が存分に楽しめます。足利フラワーパークの藤はアメリカCNNが選定した「2014 世界の夢の旅行先10ヶ所」に日本で唯一選定された世界も認める絶景スポットです。 そのほか、園内散策で疲れた時に嬉しい、あしかがフワラーパーク限定のオリジナルソフトクリーム「藤ソフト」(400円)もおすすめ。
User default image
あしかがフラワーパークの藤 ライトアップが幻想的。ゲリラ豪雨に見舞われましたが、長いふさが強風によってまるで生き物のように手招きしていました。
5.0
by ムラサキ
2017年5月7日
あしかがフラワーパーク 光の花の庭 2018〜2019
2018年10月27日(土)〜2019年2月5日(火)
栃木県足利市あしかがフラワーパークで今年も「あしかがフラワーパーク 光の花の庭」が開催されます。 日本夜景遺産「関東三大イルミネーション」にも認定され、花や自然、季節感に特化した他にはないイルミネーションは多くの人を惹きつけてやみません。シンボルツリーの大藤に、藤色の花房をイメージした電飾が付く「奇蹟の大藤」はまるで本物の花ような見ごたえです。また、水面に映り込む幻想的な「光のピラミッド」、クリスマスシーンを演出する高さ25メートルの「イルミネーションタワー」、光の壁画「スノーワールド」、「レインボーマジック」など変化にとんだ演出も人気。期間中は平日21時まで、土日祝日は21時半まで開園し、ゆっくりと花と光の競演を堪能できます。
81f354ff 3aee 4300 8ac9 e082a5f4e568
あしかがフラワーパークの藤
4月中旬〜5月中旬
栃木県南西部、足利市にある四季折々にさまざまな花を楽しむことができる花のテーマパーク。園内にある名物が中央にある栃木県指定天然記念物になっている樹齢約150年の「野田9尺藤」の大藤。枝の広がりは517平方メートル(500畳の広さ)に及びます。また、庭木仕立てのフジ、80mにも渡って続く白藤の花のトンネル、そしてスクリーン仕立て、池に映る水鏡効果の夜の藤達と、工夫を凝らした藤は、訪れた人を飽きさせない演出。メディアに出る事が多いのは紫の大藤ですが、例年4月中旬から薄紅色の藤、紫の藤、白藤、黄色と少しずつ時期をずらして咲いていきます。夜はライトアップされた大藤のトンネルの中を通ることもでき、昼間とはひと味違う藤の魅了が存分に楽しめます。足利フラワーパークの藤はアメリカCNNが選定した「2014 世界の夢の旅行先10ヶ所」に日本で唯一選定された世界も認める絶景スポットです。 そのほか、園内散策で疲れた時に嬉しい、あしかがフワラーパーク限定のオリジナルソフトクリーム「藤ソフト」(400円)もおすすめ。
4394bc90 c75f 4a98 a18a def94dab3a58

6df13076 d6ee 4274 ba2f 0321b1ae214a
48725f72 4fbe 4e08 8554 e830d2836905
D6f6173e c2dd 44df 85df 6f84d97bc031
「世界の遺跡と建築文化を守ろう」というテーマのもと、スフィンクスや万里の長城、パルテノン神殿といった遺跡、サグラダファミリアやホワイトハウスなどの建築物を25分の1の縮尺で精巧に再現し展示しているテーマパーク。その展示数は100を超えます。人間も25分の1サイズになっており、その目線の高さから建物を見上げると本物そっくり! 建物を飾る彫刻やレリーフ、ステンドグラスはまさに職人技です。また、建築物を彩るように咲き誇る2万本以上の植物は、四季により表情を変え、見る者を楽しませてくれます。
6ae9ffb2 5156 4c71 8aa1 7f8760877de7
東武ワールドスクエア!世界旅行した気分になれます!精巧に作られていて、写真を撮りながら楽しめます!
5.0
by みっきーTop user動物園
2018年2月3日