栃木県 花の名所のよりみち案内

花の名所のTOP USER
平岩蘭さん
90f799c2 68be 4938 9ef4 1542a9df0c99

日付指定

日付を指定する
52320d6c 849f 419c b5e4 f7ccbd92c868
日光連山のひとつ標高2010mの赤薙山の東南斜面に広がる霧降高原のキスゲ平は海抜1635mの南側斜面にあたる。だが、本来は霧降高原・キスゲ平のリフトを使って観賞を楽しんできたが、平成22年をもってリフトは廃止となった。平成25年4月1日「霧降高原キスゲ平園地遊歩道」がオープンし、ニッコウキスゲ等の自然観察のための遊歩道の整備が行われた。例年は 6月下旬から7月下旬の開花期には、山全体を黄色に染めあげる約26万株の群生を観ることができるが、かつては約40万株以上を誇り、すそ野からの眺望は「黄色のじゅうたんを敷き詰めたよう」と評された。だが、1975年ごろからシカの食害などで減少傾向が見られ、89年から毎年補植を実施。94年から電気柵の設置などで対処し、年々と回復している。また、地名の霧降高原の名前の由来は、特に6月~7月にかけて霧の出ることが多いことから付けられたという。