Green banner
素敵に、よりみち

栃木のイベント・周辺情報

イベントのTOP USER
平岩蘭さん
90f799c2 68be 4938 9ef4 1542a9df0c99

日付指定

日付を指定する
Ddaa9910 1bb8 4bc4 999a fad594143c99
A69dc598 07db 4e91 944d e6dab096b4bc
A166c78b 7eaa 4dd4 b39f 41e419da95da
レーシングコースで「音と花火のシンフォニー」 国内外のトップレースを開催するツインリンクもてぎの、国際レーシングコースを舞台に開催される花火イベントです。コースを見下ろすように設置された観覧席から、目線の高さと上空の2つの視点を切り替えることにより、他の会場では表現できないオリジナルの演出が楽しめます。場内には乗り物や自然体験のできる森などがあり、ファミリーで1日中楽しむことができます。
ツインリンクもてぎ
栃木県芳賀郡茂木町桧山120
(株)モビリティランドが運営する栃木県茂木町のツインリンクもてぎ。敷地内は本格的なサーキットだけでなく、子供も楽しめるモビリティテーマパークとなっています。森を楽しむ「ハローウッズ」ではキャストと一緒に森をまわり植物や昆虫を観察したり、クラフト工房でもの作り体験をしたり、日本最大級(往復561m~)のジップラインを楽しんだり大自然の中で沢山の体験ができます。 2018年にオープンした「森感覚アスレチック DOKIDOKI」は、どんぐりの木をモデルにした地上5階建ての新感覚・木登り型アスレチック。小学生以上が対象で、ボルダリングウォールといった体力が必要なクライムゾーン、勇気が必要な空中ゾーンなど39ヶ所のアスレチックに親子で挑戦することができます。巨大などんぐりの木をモチーフに、地中の根からスタートし、太い幹を登り、枝を渡っててっぺんのゴールを目指します。樹木空間を表現したアトラクション内部にはどんぐりやカブトムシなどといった、植物や昆虫のオブジェが設置されており、まるで森の中を冒険しているかの気分を味わうことができます。 またオートキャンプ場、バーベキュー設備なども充実しています。その他、遊園地「モビパーク」ではミニバイクから本格的なカートまで子供でも沢山の乗り物体験ができ、ツインリンクもてぎは、ファミリー層に人気のスポットです。
B1d37214 d60c 4991 b0a2 dde7f75c469d
4394bc90 c75f 4a98 a18a def94dab3a58
341abbad f30a 4a9e 9b4b c2e595316d52
7af2f988 0a64 4673 93ce e734b0aae8ac
栃木県南西部、足利市にある四季折々にさまざまな花を楽しむことができる花のテーマパーク。園内にある名物が中央にある栃木県指定天然記念物になっている樹齢約150年の「野田9尺藤」の大藤。枝の広がりは517平方メートル(500畳の広さ)に及びます。また、庭木仕立てのフジ、80mにも渡って続く白藤の花のトンネル、そしてスクリーン仕立て、池に映る水鏡効果の夜の藤達と、工夫を凝らした藤は、訪れた人を飽きさせない演出。メディアに出る事が多いのは紫の大藤ですが、例年4月中旬から薄紅色の藤、紫の藤、白藤、黄色と少しずつ時期をずらして咲いていきます。夜はライトアップされた大藤のトンネルの中を通ることもでき、昼間とはひと味違う藤の魅了が存分に楽しめます。足利フラワーパークの藤はアメリカCNNが選定した「2014 世界の夢の旅行先10ヶ所」に日本で唯一選定された世界も認める絶景スポットです。 そのほか、園内散策で疲れた時に嬉しい、あしかがフワラーパーク限定のオリジナルソフトクリーム「藤ソフト」(400円)もおすすめ。
あしかがフラワーパーク❁ 藤まつり期間は9時まで営業してます! 藤の匂いが強かったけどすごく良い匂いでした♩◦. ツツジも色とりどりで綺麗でしたしライトアップされている藤が幻想的でした!
by るる
2018年4月29日