栃木県のよりみち案内

F95bbcae ee30 49a5 9b13 3d9982f725f4
46a03e7d fb8b 4dc9 a8e7 55df0d2a51fa
2252e9e0 f4de 45bb aaf3 05436cd2f308
栃木県日光市上鉢石町に架かる神橋。日光二荒山神社の建造物であり、日光の表玄関を飾る高さ10.6メートル、長さ28メートルの木造朱塗りの美しい橋。 奈良時代の末に勝道上人が日光山を開くとき、大谷川の急流に行く手を阻まれ神仏に加護を求めた際、深沙王(じんじゃおう)が現れ2匹の蛇を放ち、その背から山菅(やますげ)が生えて橋になったという伝説を持つ神聖な橋。別名、山菅橋や山菅の蛇橋(じゃばし)とも呼ばれています。現在のような朱塗りの橋になったのは寛永13(1636)年の東照宮の大造替のとき。明治35(1902)年にそのときの橋は洪水で流されてしまいましたが明治37(1904)年に再建され、日本三大奇橋の1つに数えられています。
801428b1 3038 4abc 8a6e f07e1a0b0aed
日光東照宮への入口 日光の神橋。高さ約11メートル、長さ約28メートルの朱塗りの神橋。国の重要文化財で世界遺産にも登録されています。日光東照宮の入口に架かる橋ですが、向こう側には行けず、引き返す形になります。神橋を渡るには大人300円必要。 今の時期は風鈴祭り期間で、橋や周辺には風鈴が沢山吊るされていました。そのため周囲は風鈴の音で、夏っぽく涼やかでした。
3.0
by ちぇりTop user体験
2018年8月17日