Green banner

西戸崎周辺

福岡県福岡市の海の中道海浜公園で行われる「うみなかクリスマス キャンドルナイト」。キャンドル1万本に明かりを灯し、暖かくやさしい明かりを演出します。野外劇場には、公募で選ばれたデザインをみんなでつくる壮大な光の地上絵「1万本のキャンドル・アート」が登場します。また、期間中は毎日約300発の花火が打ち上がり、キャンドルとのコラボレーションが楽しめる他、オリジナルキャンドルづくりやメッセージキャンドルなど見どころが満載です。
福岡県福岡市東区にある国営海の中道海浜公園。東西に約6キロメートル、面積は約300ヘクタール(東京ドーム約64個分)と広大な敷地を有しており、リスザルやカピバラといった動物たちとふれあえる「動物の森」、流れるプールやウォータスライダーなどが設置されている屋外レジャープールの「サンシャインプール」、空気で膨らませた巨大トランポリン「くじらぐも“ふわんポリン”」、デイキャンプ場など、福岡の博多湾と玄界灘の2つの海に囲まれた「海の中道」という、都市部から近い場所にありながら、様々なレジャーを楽しめる公園です。また、園内のフラワーミュージアム、バラ園、花の丘では桜、チューリップ、ネモフィラ、バラ、ひまわり、コスモスと四季を通して花々のフラワーリレーを楽しむことができます。毎年5月中旬頃から「うみなかバラまつり」が開催され、バラ園とレンガ造りの壁面をつたうバラが美しい「フラワーミュージアム」にて約220品種、約1,800株のバラが咲き誇る姿を観賞することができます。
福岡県福岡市東区にある国営海の中道海浜公園。東西に約6キロメートル、面積は約300ヘクタール(東京ドーム約64個分)と広大な敷地を有しており、リスザルやカピバラといった動物たちとふれあえる「動物の森」、流れるプールやウォータスライダーなどが設置されている屋外レジャープールの「サンシャインプール」、空気で膨らませた巨大トランポリン「くじらぐも“ふわんポリン”」、デイキャンプ場など、福岡の博多湾と玄界灘の2つの海に囲まれた「海の中道」という、都市部から近い場所にありながら、様々なレジャーを楽しめる公園です。また、園内のフラワーミュージアム、バラ園、花の丘では桜、チューリップ、ネモフィラ、バラ、ひまわり、コスモスと四季を通して花々のフラワーリレーを楽しむことができます。春になると園内各所でソメイヨシノ、オオシマザクラなど約1,600本の桜を楽しむことができます。特にサイクリングコース沿いでは約300本の桜のトンネルが登場するので是非おとずれたい。
福岡県福岡市東区にある国営海の中道海浜公園。東西に約6キロメートル、面積は約300ヘクタール(東京ドーム約64個分)と広大な敷地を有しており、リスザルやカピバラといった動物たちとふれあえる「動物の森」、流れるプールやウォータスライダーなどが設置されている屋外レジャープールの「サンシャインプール」、空気で膨らませた巨大トランポリン「くじらぐも“ふわんポリン”」、デイキャンプ場など、福岡の博多湾と玄界灘の2つの海に囲まれた「海の中道」という、都市部から近い場所にありながら、様々なレジャーを楽しめる公園です。また、園内のフラワーミュージアム、バラ園、花の丘では桜、チューリップ、ネモフィラ、バラ、ひまわり、コスモスと四季を通して花々のフラワーリレーを楽しむことができます。秋になると「虹・彩りの花壇」では約約2,000平方メートルの敷地に800本のコキアが登場し、まんまるの姿のコキアが緑色から紅葉の真っ赤になるまでを楽しめます。同時期には毎年「うみなか*はなまつり」が開催されているため、園内では福岡県内の農産物や海産物の販売、各種ステージイベントが開催されて、多くのひとで賑わいます。
福岡県福岡市東区にある国営海の中道海浜公園。東西に約6キロメートル、面積は約300ヘクタール(東京ドーム約64個分)と広大な敷地を有しており、リスザルやカピバラといった動物たちとふれあえる「動物の森」、流れるプールやウォータスライダーなどが設置されている屋外レジャープールの「サンシャインプール」、空気で膨らませた巨大トランポリン「くじらぐも“ふわんポリン”」、デイキャンプ場など、福岡の博多湾と玄界灘の2つの海に囲まれた「海の中道」という、都市部から近い場所にありながら、様々なレジャーを楽しめる公園です。また、園内のフラワーミュージアム、バラ園、花の丘では桜、チューリップ、ネモフィラ、バラ、ひまわり、コスモスと四季を通して花々のフラワーリレーを楽しむことができます。秋になると園内のほぼ中央にある本「花の丘」に約150万本のコスモスが咲き乱れます。コスモスが満開になる時期には毎年「うみなか*はなまつり」が開催され、福岡県内の農産物や海産物の販売、各種ステージイベントが開催されて、多くのひとで賑わいます。
福岡県福岡市東区にある国営海の中道海浜公園。東西に約6キロメートル、面積は約300ヘクタール(東京ドーム約64個分)と広大な敷地を有しており、リスザルやカピバラといった動物たちとふれあえる「動物の森」、流れるプールやウォータスライダーなどが設置されている屋外レジャープールの「サンシャインプール」、空気で膨らませた巨大トランポリン「くじらぐも“ふわんポリン”」、デイキャンプ場など、福岡の博多湾と玄界灘の2つの海に囲まれた「海の中道」という、都市部から近い場所にありながら、様々なレジャーを楽しめる公園です。また、園内のフラワーミュージアム、バラ園、花の丘では桜、チューリップ、ネモフィラ、バラ、ひまわり、コスモスと四季を通して花々のフラワーリレーを楽しむことができます。春になると「花の丘」の約15,000平方メートルの敷地内では、約150万本のネモフィラを楽しむことできます。同時期には毎年「海の中道フラワーピクニック」が開催されているため、園内では福岡県内の農産物や海産物の販売、各種ステージイベントが開催されて、多くのひとで賑わいます。
福岡県福岡市東区にある国営海の中道海浜公園。東西に約6キロメートル、面積は約300ヘクタール(東京ドーム約64個分)と広大な敷地を有しており、リスザルやカピバラといった動物たちとふれあえる「動物の森」、流れるプールやウォータスライダーなどが設置されている屋外レジャープールの「サンシャインプール」、空気で膨らませた巨大トランポリン「くじらぐも“ふわんポリン”」、デイキャンプ場など、福岡の博多湾と玄界灘の2つの海に囲まれた「海の中道」という、都市部から近い場所にありながら、様々なレジャーを楽しめる公園です。また、園内のフラワーミュージアム、バラ園、花の丘では桜、チューリップ、ネモフィラ、バラ、ひまわり、コスモスと四季を通して花々のフラワーリレーを楽しむことができます。春になると「虹・彩りの池」にて70品種のチューリップ11万本と濃青のムスカリ6万株が大変色鮮やかに咲き誇ります。同時期には毎年「海の中道フラワーピクニック」が開催されているため、園内では福岡県内の農産物や海産物の販売、各種ステージイベントが開催されて、多くのひとで賑わいます。
博多湾の中央に浮かぶ能古島。福岡市の西区姪浜の渡船場からフェリーに乗り、わずか10分足らずで行くことができる。この島の北側にあるのが約15万平方メートルの自然公園「のこのしまアイランドパーク」。1年を通して様々な花々が咲き誇る。春を彩るのがナノハナ。博多湾に面した斜面では約50万本の黄色い絨毯が敷き詰められるほどの美しさだ。また、3月下旬から桜が咲き始めナノハナと共に楽しめます。