相模原北公園のラベンダー周辺

エリア

全国
相模原北公園のラベンダー 周辺

日付指定

日付を指定する
9f7d468e 4aa0 4ae5 b8d1 1c8c74c9624d
8f4d6d94 2b7f 4596 817f 77e4475c4486
291cf004 83b1 4f9b aa57 d303dd2a9293
相模原北公園は、年間を通じて四季折々の花や野草・樹木などを楽しむことができる、植物園のような雰囲気の公園です。敷地内の雑木林には散策路が整備され、そのほか園内には芝生広場、多目的広場、小さな子どもや家族連れに人気のアスレチック設備などがあります。相模原北公園の園内には梅、あじさい、花菖蒲、薔薇などのほか、多彩な樹木が植栽されており、木や花の名前を当てたり、珍しい植物を観察したりして、たくさんの植物に親しむことができます。相模原北公園はあじさいの名所としても有名で、ガクあじさいや真っ白い花を咲かせるアメリカ原産のアナベルなど、和、洋種あわせて200種、1万株のあじさいが植えられています。様々な植物に親しみながら、散策を楽しめる公園です。
F3235119 02ec 43ad b209 22f034bfa369
紫陽花の白色が印象的で、夏に綿雪が積もったかのようでした。
3.0
by マッコーBronzeイベント
2018年7月8日
相模原北公園のあじさい
6月中旬〜7月上旬
相模原市の北西の端にあり、北総合体育館や広い芝のグラウンドを有するのが相模原北公園。園内は、雑木林を利用しながら、公園全体に植物園のような雰囲気が感じられるように造られている。あじさい園は、1974年に相模原市の市制20周年を記念して「市の花」に制定され相模原市の人口が60万人を越えたことを記念して開園。花の種類は多く現在では200種、1万株が起伏のある公園内で大輪の花が咲き乱れる。品種に応じてそれぞれ区画が設けられ、あじさいの丘の南西側の斜面が西洋あじさい、丘の北西側が外国種、丘の東側が和品種と分かれており、散策しながら楽しめる。6月には、市内にある麻溝公園とあじさいまつりが行われ、多くの市民でにぎわう。
1163c7a8 2f11 4fd8 90e7 6a2fbcd17f26
相模原北公園のラベンダー
6月下旬~7月上旬
あじさいはガクあじさいや真っ白い花を咲かせるアメリカ原産のアナベルなど、和、洋種あわせて200種、1万株のあじさいが植えられている。園内は、敷地内の雑木林を利用しながら、公園全体に植物園のような雰囲気が感じられるように造られている。木や花の名前を当てたり、珍しい植物を観察したりして、たくさんの植物に親しむことができ、四季折々の花や野草・樹木など、季節感あふれる散策が楽しめる。また、例年6月下旬頃から相模原北公園のハーブ園で、ラベンダーが辺り一面に咲き始めます。ピークは7月上旬頃。爽やかな紫色のラバンディン系ラベンダーの「グロッソ・ラベンダー」が楽しめます。
A5eb794a 930e 46c7 883f a8e98e822f8c
関連記事あり
【神奈川 相模原 観光】おすすめ5選!相模原北公園に相模原麻溝公園
Eb1698b9 c489 4aed 87b0 e8b62c262296