Green banner
素敵に、よりみち

長岡雪しか祭り周辺

C636d548 6999 4a86 950c b46b29e99ca4
404e4e13 553b 40d0 b30d 27d49946a873
085f8223 7bda 42f9 b295 d3c8b1e20181
日本三大花火大会の一つ。名物の正三尺玉は必見! 歴史と伝統を持つ長岡まつり大花火大会は、信濃川河川敷で2日間にわたり行われ、長岡花火とも言われます。日本三大花火大会の一つに数えられ、毎年100万人以上(2日間合計)の来場者で賑わいます。2日間合計で約2万発の花火が打ち上げられ、打上げられる花火の種類も豊富です。長岡まつり大花火大会の見どころは、名物の正三尺玉やナイアガラ、幅2kmにも及ぶフェニックスなどです。正三尺玉を間近で見るには長生橋上流、フェニックス花火は大手大橋下流がおすすめです。また、長岡まつり大花火大会は「慰霊・復興・平和への祈り」を込めて打ち上げられる花火大会です。昭和20年8月1日、B29大型爆撃機が来襲し、午後10時30分から1時間40分もの間にわたって市街地を爆撃。旧市街地の8割が焼け野原と変貌し、燃え盛る炎の中で1,486名の尊い命が失われました。長岡空襲の翌年、長岡市民が復興に立ち上がり、8月1日に「長岡復興祭」を開催。そして昭和22年に花火大会を復活させ、先人たちがつないできた、「慰霊・復興・平和への祈り」への想いが今日まで息づいています。是非、長岡まつり大花火大会に込められた想いを胸に、花火を楽しんでください。
物凄い迫力に圧倒されました。 この規模の花火が二日もあるなんて。
by 齋藤 義雄
2018年8月3日