Green banner
素敵に、よりみち

バクショー イルミショー周辺のパワースポット

日付指定

日付を指定する
Abac3508 b7f1 4eb5 a403 3c102a393f50
標高350mの赤神山の中腹にある太郎坊宮は「太郎坊さん」の名で親しまれていてます。勝利と幸福を授ける神様として、1400年前から信仰される神社です。殿前の展望台からは、四季折々に移り変わる素晴らしい景色が眺められ、美しい景観を一目見ようと多くの人が訪れます。また、太郎坊宮はパワースポットとしても知られ、特に高さ数十mの夫婦岩が有名です。
この日は珍しく雪景色でした。
by Yamaoka Chiko
2018年5月13日
542a34de b845 4170 a9cf fe9f9cc96993
1627年に創建された「妙法寺」。毘沙門天像を本尊とし、「毘沙門さん」として親しまれています。インドや中国寺院など、様々な建築様式を取り入れているのが特徴。本殿前には「お身拭い毘沙門天像」があり、御布で身体をさすると痛みが消えるとされています。妙法寺では、旧暦正月の7〜9日に「毘沙門天大祭」が開催されます。江戸時代から続く伝統行事で、県内外から25万人以上もの参拝客が訪れる大規模なお祭り。期間中に毘沙門さんにお参りすると「一粒万倍の功徳あり」と古くから伝えられ、大層なご利益があるとされています。 また、お祭りでは「だるま市」も開催。群馬県の高崎、東京都の深大寺に並ぶ「日本三大だるま市」のひとつです。お寺の境内・外に、約500点ものだるま店が軒を連ね、全国各地のだるまが集結します。なかでも注目したいのが、毛付と呼ばれる黒い髭を描いた富士市発祥「鈴川だるま」。だるまの片方の目を入れてくれる「だるま開眼祈祷」も受け付けているので、ご利益を持ち帰りたい方は是非。
025536ca 47cc 4fa8 aaf4 b381b472de9f
富士山のお膝元、深緑の世界に包まれた「御胎内清宏園」。そこで息を潜めるように口を開いているのが、「印野の溶岩隧道」です。先述した駒門風穴と同じように富士山の噴火によって作られ、国指定の天然記念物にも指定されています。 古くから「御胎内(おたいない)」の愛称で親しまれている洞窟。U字型の形状が人体の内部に似ていることに由来しており、前半部分を「父の胎内」、後半部分を「母の胎内」と名付けられています。また、各空間は「小腸部」、「大腸部」、「五臓部」と命名されており、まさしく人間の体の中を歩いているかのような感覚を味わえるでしょう。 また、洞窟内にはご利益のある場所が点在。前殿、本殿、奥殿の3つの社が鎮座しており、諸産業の守護・発展などの神様が祀られています。そのほか、地面に膝をつきながらしか進めない「子返り」という空間や安産に繋がるとされる「安産石」など、子宝や子育てに関する神様や空間も広がっています。