バクショー イルミショー周辺の紅葉

日付指定

日付を指定する
6c03f9c1 d105 4fa3 a09d be5491e89735
33022fe1 278d 44aa b354 c11f216b7568
Bc069dea 93ea 41fd a521 8eed0b86a088
大阪府大阪市にある「大阪城公園」。13棟の重要文化財をはじめ、多数の史跡や伝承地が点在し、梅林や西の丸庭園が四季折々の表情を見せる都市公園です。天守閣前の推定樹齢約300年の大イチョウ、公園東側の外周園路に約1km続くイチョウ並木、園内各所のケヤキ、モミジ、ハゼなどが例年11月上旬から鮮やかに色づき始めます。
大阪城公園 種類も多く、色鮮やかです。
by へなちょこTop user
2017年11月23日
大阪府吹田市にある「万博記念公園」は、1970年に開催された日本万国博覧会の跡地を整備した公園です。 約260万㎡に広がる総合公園で文化施設、アメフト競技場などのスポーツ施設、バーベキューコーナーなどのレジャー施設が整備されています。イロハモミジ、ヤマモミジ、プラタナス、ラクウショウ、イチョウ、トウカエデなど日本庭園と自然文化園を合わせて約20種、計10,000本が赤や黄色に美しく紅葉します。11月上旬から色づきが始まり、見頃は11月中旬~11月下旬です。
大阪府箕面市にある「勝尾寺」。古くより勝運の寺、勝ダルマの寺として有名で、毎日祈願が行われていることもあり、勝運向上などを求めて全国から参拝者が訪れます。また、紅葉スポットとしても有名で、約26万㎡もの広大な境内をイロハモミジ、オオモミジ、ナナカマド、ドウダンツツジ、イチョウなどが鮮やかに彩ります。11月上旬~11月中旬から色づきが始まり、11月中旬~12月上旬に見頃を迎えます。山門を抜けると、前方に赤や黄、紫など全山の紅葉が浮かび上がり、背景の深い緑の山と合わせ一幅の絵画のような景観が広がり、訪れた人々を魅了します。また11月の土日祝日には、日没〜19:30までライトアップが実施され、幻想的な世界を体感できます。
224b437d 4587 4208 8f7f 9191e3643d2d
兵庫県神戸市にある六甲高山植物園は、六甲山の山頂付近、海抜865mに位置する。北海道南部に相当する気候を利用して、高山植物を中心に、世界の寒冷地植物など約1500種が栽培されている。イロハモミジ、オオモミジをはじめとするカエデ類や、ブナ、カラマツ、シロモジ、ツツジ類が、例年10月中旬頃から色づき始める。園内を錦絵のように鮮やかに染め上げ、11月中旬頃まで見頃が続く。例年、園内の紅葉をライトアップイベントも開催しており、今年は紅葉のライトアップイベント「夜の紅葉散策」を、神戸・六甲高山植物園で2018年10月19日(金)から11月11日(日)まで開催。夜のモミジ散策を楽しめる。
D9e44795 e72f 4414 bc03 c79f5a25d83d
兵庫県神戸市にある「神戸市立森林植物園」。広大な敷地に日本の代表的な樹木や世界の樹木約1200種を原産地別に植栽し、自然生態を生かした樹木中心の植物園です。10月下旬から38種3,000本のモミジが色づき、11月下旬まで紅葉を楽しめます。種類やエリアによって見頃が異なるため、日々移り変わる森の表情を楽しめます。音楽コンサート、世界の森のもみじめぐりクイズ、もみじ散策会などイベントも多数開催され、例年11月上旬〜11月下旬まで、ライトアップが実施され、開園時間が延長されます。
2a1da0ec c3b1 4161 a1a4 7d9ba47bccd5
神戸相楽園は神戸の本格的な公開和風庭園として知られています。この相楽園は元神戸市長小寺謙吉氏の父泰次郎氏が明治末期に完成させたもので、1941年(昭和16年)神戸市に譲渡され「相楽園」としての一般公開が始まりました。また、神戸屈指のつつじの名所であり、花が見頃を迎える4月中旬頃から5月下旬頃にかけて園内には、4000株が咲き誇ります。花の見頃にはイベントの「つつじ遊山」が開催され、期間中には茶席やコンサートが催され、旧ハッサム住宅、旧小寺厩舎、船屋形、日本庭園などのライトアップも行われる。