Green banner

鶴岡冬まつり ライトアップ周辺の花火

17941f5f b700 49d0 b847 37bd38f8178f
203af3a2 fbc5 4ace 8ab7 673cf6027b35
61b3ff46 58a3 443b abfa e2fe08755cdd
歴史・伝統ともに最も権威ある花火競技大会 秋田県大仙市で開催される「大曲全国花火競技大会」は日本三大花火大会の1つで「大曲の花火」としても知られています。数ある全国花火競技会と名を打った花火大会の中で「全国花火競技大会」と言えばこの大曲の花火大会のことを指します。大曲全国花火競技大会は、明治43年(1910)に第一回大会が開催され、100年以上の歴史があります。また、内閣総理大臣賞や経済産業大臣賞、文部科学大臣賞、中小企業庁長官賞、観光庁長官賞など数々の賞が授与されることから、全国の花火師たちの目標となっている大会です。日本煙火協会が後援し、かつ内閣総理大臣賞が与えられる花火大会は全国で「大曲全国花火競技大会」と「土浦全国花火競技大会」の2大会のみであり「大曲全国花火競技大会」が日本国内で最も権威のある競技大会とされています。大曲全国花火競技大会は大きく2部に分かれ、日本で唯一の「昼花火」と「夜花火」を楽しめることが特徴です。昼花火は雅趣に富んだ見応えのある花火で、 煙竜や割物で競技を行います。煙竜は色煙(紅・黄・青・緑・紫など)を駆使して色彩豊かに空に模様を描き出すものです。見どころは模様の多様化と色彩を鮮明に描き出すことにあります。 割物は夜の割物花火と同じ手法で、牡丹や菊を表します。技術的にも高度なもので、花火の形と鮮明な色彩を表すことがポイントです。夜花火では更に「10号玉の部」と「創造花火の部」の2部に分かれ、花火師たちが技術を競い合います。創造花火とは、従来の丸型の概念を破った花火で、昭和39年(1964年)の大曲全国花火競技大会からとり入れられ、秋田県大仙市が創造花火の発祥地となっています。また、競技会の合間に打ち上げられる「大会提供花火」は名物となっていて、幅500〜900mに及ぶワイドスターマインが音楽に合わせて打ち上げられます。
夜花火の部 人口4万弱の町にこの日は80万人の観光客が集まります。
by 奈瑞菜
2018年8月25日