中四国最大250万球「レオマウィンターイルミネーション2017」周辺

園内では、14品種40万本のコスモスを見ることができる。花巡りの丘では、黄色とオレンジのキバナコスモスとコキアのモミジ。花竜の道では、ベルサイユ、アカツキなどの品種、青竜の道ではセンセーションが秋風に揺れる。また、コスモスが満開の頃には『コスモスフェスタ』が開催され、JR「琴平駅」、ことでん「琴平駅」からは無料送迎バスも運行される。もちろんまんのう公園には、アスレチックやふわふわドームなどの子供用の遊具をはじめ、芝生広場、サイクリングコースなどがあるので家族連れでも楽しむことができる場所になっている。また、遊歩道や自然生態園から里山の風景を楽しめる他、オートキャンプ場やドッグラン、レストラン、売店、宿泊施設などもある。
Bf2b60b8 a3b8 469d 9932 5d30ded27d89
香川県中西部のまんのう町にある日本最大の灌漑用ため池、満濃池のすぐ東隣に位置しているのが、国営讃岐まんのう公園です。園内は竜頭の丘ゾーン、竜頭の森ゾーン、竜頭の里ゾーン、湖畔の森ゾーンなどに区分けされ、各ゾーンで様々な楽しみ方ができます。なかでも竜頭の里ゾーンでは、風花の庭や飛竜の花道、花竜の道、満濃池展望遊歩道、湖畔の里、自然生態園などで植物を楽しむことができます。また、園内では年間を通して、早春フェスタやスイセンコレクション、あじさいまつり、ハーブフェスタ、コスモスフェスタ、まんのう町かりんまつり、まんのう公園クリスマスなどのイベントも開催されます。その他、アスレチックやふわふわドームなどの子供用の遊具や芝生広場やサイクリングコースもあり子供から大人まで楽しめるスポットです。毎年4月下旬から5月上旬頃になると、園内の「青竜の谷」と「花竜の道」でネモフィラが見頃になり、爽やかなブルーの絨毯を目にすることができます。「青竜の谷」ではインシグニスブルー、「花竜の道」ではマクラータが咲き誇ります。