~滋賀・びわ湖をがっつり巡ろう~ぐるっと博スタンプラリー周辺の水族館

10641a57 39f1 4bc3 aa48 69ac9c39b066
C6546b7f d45e 44b3 9883 283387a70736
A57c95d5 b7c6 406a 8481 29c5fdc1349d
淡水魚水族館としては世界最大級の水族館「アクアトト ぎふ」。木曽三川・長良川の源流から河口までと世界の淡水魚をテーマに、自然環境を再現した館内展示です。また、カピパラのふれあい体験、アシカショー、魚やカワウソなどのエサを食べる様子の観察体験など、常時イベントが盛り沢山。デートやファミリーで訪れても、満足できる水族館です。
4784e82e fe98 4464 9dc7 8cf9a9d74960
大きな魚やカピバラ、亀に興奮してました。バリアフリーでベビーカーでも楽しめます。ピラルクデカっ‼︎
5.0
by しのさん
2018年4月4日
7db09db3 7f86 42b4 a2bf 86e6afb6f7df
E123c1ff 3466 4eda 8fbf 7f53c3bba464
5e86056b efd5 47ca bf24 ffab63ae7472
梅小路公園の中にある京都水族館は、人工海水を利用した国内最大級の内陸型水族館です。ペンギンやオットセイなど海の人気者に出会えるほか、開放的な空間が広がる「イルカスタジアム」では、古都の景色とイルカショーと同時に楽しめます。 海の生き物はもちろんですが、京都水族館の一押しは、国の特別記念物に指定されている「オオサンショウウオ」。鴨川の上流を再現した「京の川」というエリアでは、オサンショウウオの生態を学べる大型展示コーナーが設けられています。ほかにも京都特有の希少生物を展示した「山紫水明」エリアや、マイワシの群れが泳ぐ大水槽がある「京の海」エリアなど、京都の海や川にすむ生き物を間近で観察できるような工夫が凝らされています。 棚田や小川が整備された「京の里山」エリアでは、田植えや稲刈りの体験プログラムも開催されています。京都水族館は、生き物を通して京都を学べる貴重なスポット。ご家族で出かけてみてはいかがでしょうか。
77796051 a68b 4c48 9850 be9f218a6090
名古屋港水族館は世界の海のさまざまな生物に出会える水族館で、北館と南館の大きく2つのエリアに分かれています。 北館では「35億年はるかなる旅」をテーマに、シャチやイルカ、ベルーガなど鯨類を中心とした海の仲間たちが暮らしています。現在シャチが見られる水族館は、千葉の鴨川シーワールドと名古屋港水族館のみ。北館ではそんな貴重なシャチのトレーニング風景をはじめ、日本最大のメインプールで行われるイルカのパフォーマンスなどを見ることができます。 南館は「南極への旅」をテーマにしたエリア。名古屋から南極に至るまでの海を「日本の海」、「深海ギャラリー」、「赤道の海」、「オーストラリアの水辺」、「南極の海」の5つに分けて紹介しています。南館には、黒潮を再現した巨大な水槽で約3万5千匹のマイワシが群れを作って泳ぎ回る「マイワシのトルネード」やオーストラリア東岸のグレートバリアリーフをモデルとした美しいサンゴ礁を再現した大水槽など、ゆっくり見てまわりたい展示がたくさん! 見どころたっぷりの名古屋港水族館は、一日楽しめるスポットです。