冬桜イルミネーション~光と音が織りなすファンタジーショー~周辺

エリア

全国
冬桜イルミネーション~光と音が織りなすファンタジーショー~ 周辺

日付指定

日付を指定する
7bba6294 9e33 4eed 87cd 26a50af55477
78da46cf cbd8 4ebe 9b4b c5d72fbc27fc
87d0a6cb dc60 4e0b 9d03 73b910c8f488
戦国時代北条氏の居城であった小田原城。戦上手と言われた上杉謙信や武田信玄の攻撃にも耐えた難攻不落の堅城として知られています。しかし、天正18年(1590)、石垣山一夜城の築城をはじめとする豊臣秀吉の小田原攻めにより小田原城は落城。領土は徳川家康に与えられ、徳川家家臣の大久保忠世が城主として統治することになります。その後、お城は稲葉氏の大改修よって近世城郭に生まれ変わります。 大手門跡(三の丸。現在は鐘楼がある)から復元された馬出門、馬屋曲輪、銅門、二の丸、常盤木門、本丸を歩いてみると近世小田原城の全容を知ることができます。 小田原城は、豊臣秀吉の小田原攻めからの防衛として八幡山から海側まで小田原の町全体を約9kmの土塁と空堀で取り囲んだ広大な総構えを築いていましたが、現在でも八幡山古郭東曲輪、小峯御鐘ノ台の大堀切、土塁などが残っています。
606dbd0c e8a5 4bff 9860 cb3e64f4ba1f
夜に咲く 夜桜は、妖しい魅力があります。
5.0
by 選択希望選手
2016年4月4日

Aa139b91 388e 41f9 a2d6 03de21dffea3
小田原市観光協会では、北条氏ゆかりの風魔忍者をテーマに2月1日〜28日(木)、親子向けの「忍者の日キャンペーン」を実施している。 「風魔忍者になって小田原城に潜入しちゃおう」(2月16日(土)〜24日(日))は、常盤木門で忍者衣裳の着付け体験をすると、普段は忍者衣裳では入れない小田原城天守閣内に入場できる。着付け時に配られる「忍務カード」を持って天守閣内の忍務(クイズ等)を完了するとオリジナルグッズ進呈。着付け/中学生以上500円、小学生以下300円、天守閣入館料/大人500円、小中学生200円。 「風魔忍者と巡る!大外郭(総構)トレッキング、修行体験」(17日(日)午前9時〜午後2時30分)は、戦国時代の防御線「大外郭」を親子で巡りながら、修行を楽しむ。忍者衣裳に着替え(子ども)、生涯学習センターけやきから小田城まで約5Kmの山道を歩く。本丸広場では手裏剣打ちや剣術体験も。講師は風魔一党指南役の甚川浩志さん。小学生以上(保護者同伴)の親子10組20人(申込先着順)。料金は1000円(保険料含む。軽食あり)。申し込みは同協会HP内の申し込みフォームから。 期間中は小田原駅ほかで風魔忍者君のパネルや人形も展示。詳細は同協会HPまたは【電話】0465・22・5002へ。

16dd413e d85e 469d b6a8 0f6a0bae7a87
神奈川県小田原市城内に位置する小田原城址公園。小田原城の本丸や1960年に復興された天守閣を中心として公園が整備されています。現在の小田原城公園への入り口は正規登城ルート(正面入口)、学橋・二の丸経由ルート、北入口・御用米曲輪経由ルート、南入口・御茶壺曲輪経由ルートの4つ。小田原城の正規登城ルートは正規登城ルート(正面入口)となっており、お堀端通りには歴史ある飲食店や商店が軒を並べ、春には桜が見事なルートです。なお、城址公園の大部分は国の指定史跡の区域となっています。 天守閣やお堀を囲むように約300本の桜が咲き誇り「日本さくら名所100選」に選ばれている桜の名所ですが、城址公園の「御感の藤」も大変見事です。大正天皇が皇太子の頃「見事な花に心なきことよ」と、しばらく馬を止めて感嘆されたことからその名がついたそうです。小田原市指定天然記念物、かながわの名木100選にも選定されており、満開時期には藤棚から垂れる花房が1メートルにもなり、見応えがあります。