Green banner
素敵に、よりみち

冬桜イルミネーション~光と音が織りなすファンタジーショー~周辺

エリア

全国
冬桜イルミネーション~光と音が織りなすファンタジーショー~ 周辺

日付指定

日付を指定する
57ef28bc ca96 49f7 bca9 1b396c79a9f0
本格的な縄文土器が作れるとあって、毎年大人気の土器製作体験教室「どきどきタイムトラベル」が今年2018年も開催されます。会場は、小田原市郷土文化館ほか。 縄文土器は、縄文時代の人々が食べ物の保存や調理のために使っていた土で出来た器です。この画期的な発明は、縄文人の生活を大きく変えたと言われています。 粘土をこねるところから焼くところまで、縄文時代と同じ方法で縄文土器を作ります。この夏、縄文人の知恵と技が詰まった、本格的な縄文土器づくりを体験してみませんか? 縄文土器づくりの工程とは? (1)粘土をこねる:土器の材料は、粘土と砂と土。これらを混ぜてしっかりこねます。 (2)形を作る:粘土をひも状に伸ばし、一段ずつ積み上げて形を作っていきます。 (3)模様をつける:表面を磨いてきれいにしたら、縄や竹などで模様をつけます。 (4)土器を焼く:約1か月乾燥させたのち、土器を焼きます。4時間位で焼き上がります。 ただいま参加者募集中! 【成形日】7月21日(土)、22日(日) 9:30~16:00 小田原市郷土文化館 【焼成日】8月19日(日) 9:00~16:00 三の丸小学校校庭※雨天時は、26日(日)に延期。 【材料費】1,000円(初日に集めます) 【対象】小学生以上、一般(3日間とも参加できる方)※小学3年生以下は要保護者同伴 【定員】20名(先着順) 【申込み】下記、小田原市郷土文化会館まで電話を。
16dd413e d85e 469d b6a8 0f6a0bae7a87
神奈川県小田原市城内に位置する小田原城址公園。小田原城の本丸や1960年に復興された天守閣を中心として公園が整備されています。現在の小田原城公園への入り口は正規登城ルート(正面入口)、学橋・二の丸経由ルート、北入口・御用米曲輪経由ルート、南入口・御茶壺曲輪経由ルートの4つ。小田原城の正規登城ルートは正規登城ルート(正面入口)となっており、お堀端通りには歴史ある飲食店や商店が軒を並べ、春には桜が見事なルートです。なお、城址公園の大部分は国の指定史跡の区域となっています。 天守閣やお堀を囲むように約300本の桜が咲き誇り「日本さくら名所100選」に選ばれている桜の名所ですが、城址公園の「御感の藤」も大変見事です。大正天皇が皇太子の頃「見事な花に心なきことよ」と、しばらく馬を止めて感嘆されたことからその名がついたそうです。小田原市指定天然記念物、かながわの名木100選にも選定されており、満開時期には藤棚から垂れる花房が1メートルにもなり、見応えがあります。
91d6ec48 6c5a 4446 ad15 d5d50ec45681
7b26dfd1 2774 4916 9c0b 542c1269b50f
985c0cd7 1b00 4c14 b8da 8f59686427db
小田原城址公園は1960年に復興された小田原城天守閣が中心にある公園です。天守閣やお堀を囲むように約300本の桜が咲き誇り「日本さくら名所100選」に選ばれている桜の名所です。天守閣やお堀との桜のコントラストは写真を撮りたくなる景色です。毎年「小田原桜まつり」が開催され、「小田原かまぼこ桜まつり」や「小田原おでんサミット」など様々なイベントが催されます。また、夜はぼんぼり点灯によるライトアップがされるので、日中とは違う天守閣と夜桜の幻想的な景色を楽しむことができます。
小田原城天守閣やお堀を背景にソメイヨシノが春爛漫に咲き誇り、見事な光景でした。
by ソラジロー
2018年6月26日