森のクッキング 寺家ふるさと村のソダチの森周辺

エリア

全国
森のクッキング 寺家ふるさと村のソダチの森 周辺

日付指定

日付を指定する
D4ac928d bf31 4d17 a915 dff738074603
2ce23382 4c2a 4dc1 a0fd 24ebb856306f
31124449 34c9 4302 a6ac 9dde4d6fff38
ナザレ幼稚園の特色・園生活の様子 子どもが秘める「育ちたい」という思いや持てる力を醸し、未来に希望を持って生きる力を育てるナザレ幼稚園。子どもたちが自ら選択し、遊びながら意欲や自主性、考える力を引き出す「コーナー保育」をはじめ、自然豊かなからんこ山での里山保育、山梨県の付属施設での農業教育など質の高い幼児教育を実践しています。幼児期こそ人間の原型が形成される大事なとき。子どもたちは自然や愛情、文化との出会いを大切に、希望いっぱいの園生活を送っています。 バイリンガルコース 英会話に親しみ習得を試みる、オプションの保育コース。外国人教師と日本人の幼稚園教諭が2人1組になり、絵本や歌、あいさつや会話など、日常の保育を英語で行います。母国語である日本語も大切にしながら、早い時期に国際文化にふれ、多様な社会で育ちあう心が身につきます。 子育てママを応援する未就園児クラス 親子のふれあいの場として0歳~の「ぴょんぴょん教室」、2歳~未就園児の「にこにこ教室」、完全母子分離の2歳児クラス「ぽかぽか教室」を展開し、初めての子育てに不安を抱えるママたちをサポートしています。体操や自然遊び、手遊びなどをまじえ、ベテラン教諭が1人ひとりの発達を温かく見守ります。子どもたちだけでなく、ママ同士が共感し合い、助けあう場として、自然とつながりを深めています。 ナザレ幼稚園・瀬野哲裕園長からメッセージ 20万年の昔、アフリカで生まれた人類は、進化の課題を「牙の大きさや鉤爪の強さ」に変えて「心の誕生」を選び、「喜びの深さ」を求めて、地上の生物の進化の頂点に立ちました。 保育園期(0~2歳)で母の愛情を受けて幸福の価値を発見した子どもたちは、幼稚園期(3~5歳)で母の「役に立ち喜ばれる事が善であり、傷つけ悲しませる事が悪である」と理解して、「悪を嫌い善を願う」心が育ちます。
多摩丘陵の雑木林を生かし、約100万平方mの広大な敷地を誇る自然の遊び場として親しまれている場所がこどもの国。敷地内にある梅は入口から園内を奥へと進み、動物園コーナーに至るまでの坂道にウメが植えられており、約300本の白梅、紅梅、豊後梅がある。2月下旬~3月上旬の花の季節にはウメの香りが辺り一面に漂う。梅まつり2月中旬から3月上旬に開催され、週末には「梅のかざぐるまづくり」「梅林で探そう!スタンプビンゴ」などの各種のイベントを開催。また、敷地内にはウメだけではなく、ロウバイ、ツバキ、ネコヤナギ、カワズザクラ、マンサク、タチツボスミレなど四季を通じて各種の植物が目を楽しませてくれる。その他、動物園や牧場、遊具広場、スポーツ施設も充実し、なかでも無料で楽しめる白鳥湖の「ドラム缶いかだ」は1艘で小学生なら4人位まで一緒乗ることができる人気遊具のひとつになっている。平日シルバー割引もあり、65歳以上の方は免許証や身分証明書などの本人の年齢が確認できるものを提示すると入園料が半額になる。
993d0829 a192 489c 8960 b9c46701a908
E07113e3 a9fc 4149 9f33 f9065c01a5b1
7828bd6d b20e 48db a676 f2318c01f89d
横浜市青葉区と東京都町田市にまたがる多摩丘陵の自然を生かした100万平方メートルの広大な遊び場。さまざまな遊具を配した広場の他、動物園や牧場があり、乳しぼりなどの体験イベントが好評。ファミリーはもちろん、オトナのカップルも楽しめるスポットだ。春にはソメイヨシノをはじめシダレザクラ、ギョイコウなど約40種約1,000本の桜が咲き競うが、なかでも中央広場のシダレザクラが圧巻。また、白鳥湖西側の山全体が桜で、開花期には一面がピンク色に染まる。桜の木の下にシートを広げてお弁当を食べるもよし、2人乗りのサイクルボートや3人乗りのローボートで水面に枝を伸ばすシダレザクラを間近に鑑賞するもよし。広々とした空間で思い思いの花見が楽しめる。
横浜こどもの国へ行ってきました。 園内にはいたるところに桜の木があり、満開の桜が風で桜吹雪となり、とてもきれいでした。
by なおみん
2018年3月31日
34288f8e 0691 4368 b800 2aee179e021f
3dc644c9 0ff0 4cdd 97e4 b6d336768285
1a6c1a9f 60f2 4a65 99e6 a608137e1ebb
『育みの場』幼稚園 子どもや孫が活き活きと過ごし、楽しみ学ぶ、そんな成長を実感できる『育みの場』が幼稚園。個々の園児に寄り添いながら、個性を伸ばす保育に定評がある「鶴川幼稚園 鶴川女子短期大学附属」(町田市三輪町)。 賑やかな園の日常も印象的な同園では日本語クラスに加え、ネイティブの教諭らと自然な英語力を身につける「英語イマージョンクラス」、未就園児を対象にした各種プレスクールなど、あらゆる子どもたちに向けたクラスが揃います。 楽しさ伝わる運動会は未就園児参加の競技も  そんな同園で10月7日(日)、秋の運動会が開催されます。未就園児が自由に参加できる競技も用意されているので、園の雰囲気を確認したい保護者は気軽に来場を。なお、未就園児クラスの募集要綱も現在HPに公開されています。興味ある方は、是非チェックを。 19年度園児募集願書配布は15日10時~  同園の2019年度入園に向けた願書配布が10月15日(月)の午前10時から正午まで行われる(願書の受け付けと入園面接は11月1日)。各クラスの詳細など、まずは気軽に問い合わせを。 家族3世代特集TOPに戻る
Fdff3f18 ff17 4fe5 855a 89c890bd92e1
Bbc05e44 e2cd 414a 9495 dbe96cbe2ad6
716889c9 5998 4892 88a5 a57290f18667
三陽幼稚園・三陽保育園の特色・園生活の様子 約2,800平方メートルの園庭で、幸せな体験をたくさん積んでほしいと42年前に設立しました。 『幼保連携型認定こども園』で充実の預かり保育を実施しております。満3歳児の「りす組」や2歳児の「さくらんぼの部屋」など就園前の子を対象としたクラスも充実。また一時預かりも対応し、「学童預かり保育」「横浜市型預かり保育」など豊富に揃っています。 「挨拶が出来る子ども」「話が聞ける子ども」「友達と遊べる子ども」を柱に小学校入学前の子どもたちの心を育てる幼稚園教育を行っております。 赤ちゃんから、子どもに成長する芽が出る2歳頃から集団生活を送ると社会性が培えるため、自立した大人に育ちます。 手作りの給食 栄養面を考え、毎月、子ども達の発育を考慮したメニューを考えて(給食センター)で作ってもらっています。 温かい物が温かいまま食べられるようにします。 年中組は、後半から給食当番活動をして楽しく食べられるようにします。 課外教室も充実 子ども一人ひとりの個性に合わせた課外教室も好評です。体操やチア、サッカー、スイミング、ドッジボール(小学生)のほか、英語教室やピアノなど多種多様な習い事が楽しめます。 体力作りのスポーツ系から、知性を磨く文化系まで、お子様の興味、やる気を最大限に引き出す講師陣が揃っています。 三陽幼稚園・三陽保育園 宮田要園長からメッセージ 地域の子どもたちと共に成長し42年目を迎えました。子どもたちの笑顔に力を貰い、これからも地域に根差した幼児教育を目指していきます。
36eeec32 8dd9 4897 b853 e02c67a0800a
2ac38264 6cd9 4b7e 84f5 f2d51a691699
87399fa9 fd17 441c 8098 2cd73ac20511
桐蔭学園幼稚部の特色・園生活の様子 2014年に創立50周年を迎え、今なお新時代のフロントランナーとして私学教育の先頭を走る桐蔭学園。幼稚部から大学までを持つ同学園は、世界を舞台に活躍する生徒、学生を数多く輩出しています。そんな「人材」を育む桐蔭教育の一端が表れているのが、近年取り組みを進める「アクティブラーニング型授業」。教師から生徒へ一方通行の授業ではなく、他者や集団の中で学習を社会的なものにしていく授業です。「書く」「話す」「発表する」を重視し、多様性を尊重し合いながら他者と協働するチームワークやコミュニケーション能力を育んでいきます。 アクティブラーニングを幼児から 幼稚部の3年間はこの桐蔭教育の基礎固め。小学部、そして中等教育学校(中学高校の一貫教育校)へと継続的に学びが続いていくことを見越し、アクティブラーニングを少しずつ経験していきます。幼稚部の生活の中で1つ例にとると、お店屋さんごっこでは園児自身が何を売るかを考え、話し合い、試作までします。この試行錯誤の過程を大切にしながら、自然な雰囲気の中で自らの考えを人前で伝える経験を積んでいくのです。 豊かな環境で充実したプログラム 遊びを大切に、友達との交わり方を覚えていきます。自分のクラスだけではなく、上や下の学年、また、小学部との関わりの場もたくさんあります。専用農園など豊かな教育環境で行われる情操教育はもちろんのこと、スクールバスでの送迎、給食(週4日)、エアコン・床暖房完備など、保育環境も充実。 年少から小学5年生までを対象に、通常保育・授業終了後から最長で18時30分まで預かる「アフタースクール」(NPO法人運営/有料希望制)も用意。これは学童クラブ機能に多彩な体験プログラムを加え、学園内で充実した放課後を過ごせる環境づくりも整えています。 桐蔭学園幼稚部・澤本敦園長からメッセージ 遊びと生活を通して「自分でできる力を育てる」のが幼稚部の保育目標です。幼小併設型の教育で連繋する一貫教育の下、桐蔭の3年保育でお子様をしっかり育てます。