Green banner
素敵に、よりみち

没後30年 鈴木賢二展 昭和の人と時代を描く プロレタリア美術運動から戦後版画運動まで周辺の遊園地

日付指定

日付を指定する
B1d37214 d60c 4991 b0a2 dde7f75c469d
4e5ac6ab b630 44b3 929c bea09881c5f9
265c31ad f234 49e0 9e7f 59aca107b79c
(株)モビリティランドが運営する栃木県茂木町のツインリンクもてぎ。敷地内は本格的なサーキットだけでなく、子供も楽しめるモビリティテーマパークとなっています。森を楽しむ「ハローウッズ」ではキャストと一緒に森をまわり植物や昆虫を観察したり、クラフト工房でもの作り体験をしたり、日本最大級(往復561m~)のジップラインを楽しんだり大自然の中で沢山の体験ができます。 2018年にオープンした「森感覚アスレチック DOKIDOKI」は、どんぐりの木をモデルにした地上5階建ての新感覚・木登り型アスレチック。小学生以上が対象で、ボルダリングウォールといった体力が必要なクライムゾーン、勇気が必要な空中ゾーンなど39ヶ所のアスレチックに親子で挑戦することができます。巨大などんぐりの木をモチーフに、地中の根からスタートし、太い幹を登り、枝を渡っててっぺんのゴールを目指します。樹木空間を表現したアトラクション内部にはどんぐりやカブトムシなどといった、植物や昆虫のオブジェが設置されており、まるで森の中を冒険しているかの気分を味わうことができます。 またオートキャンプ場、バーベキュー設備なども充実しています。その他、遊園地「モビパーク」ではミニバイクから本格的なカートまで子供でも沢山の乗り物体験ができ、ツインリンクもてぎは、ファミリー層に人気のスポットです。
家族連れに最適なスポットです。 キャンプ場や幼児向けの遊園地が併設されているので、子供を遊ばせながらカーレースを観戦する事ができます。
by Ryohei Koike
2017年11月11日
3b61deae 1324 43d1 a1b9 d81ac7801da0
8d12ad90 862d 4e68 8dc2 d031c6e3b2e5
5355895e b341 4980 b6d4 3ed163755c90
栃木県南西部、足利市にある四季折々にさまざまな花を楽しむことができる花のテーマパーク。園内にある名物が中央にある栃木県指定天然記念物になっている樹齢約150年の「野田9尺藤」の大藤。枝の広がりは517平方メートル(500畳の広さ)に及びます。また、庭木仕立てのフジ、80mにも渡って続く白藤の花のトンネル、そしてスクリーン仕立て、池に映る水鏡効果の夜の藤達と、工夫を凝らした藤は、訪れた人を飽きさせない演出。メディアに出る事が多いのは紫の大藤ですが、例年4月中旬から薄紅色の藤、紫の藤、白藤、黄色と少しずつ時期をずらして咲いていきます。夜はライトアップされた大藤のトンネルの中を通ることもでき、昼間とはひと味違う藤の魅了が存分に楽しめます。足利フラワーパークの藤はアメリカCNNが選定した「2014 世界の夢の旅行先10ヶ所」に日本で唯一選定された世界も認める絶景スポットです。 そのほか、園内散策で疲れた時に嬉しい、あしかがフワラーパーク限定のオリジナルソフトクリーム「藤ソフト」(400円)もおすすめ。
あしかがフラワーパークにて。
by 圭玄
2018年5月25日
園内は約30ヘクタールの広大な花と緑の公園です。世界のバラ800品種30,000株が植栽されているバラテラス・品種園や88品種2,670株のボタン園、5,000㎡、100万株が自生しているシャガ園、3,500株あじさい園など四季を通じてダイナミックに魅力を楽しむことができます。そのほかにも、やまゆり園、ダリア園、福寿草園など見どころ満載です。また、フラワードームにリニューアル改装中の大温室や展示栽培温室といった施設や、花のすべり台やアスレチックもあり、ご家族みなさんで楽しめます。請約書にご記入いただければ、ペット連れでの入園も可能です。花と緑の相談や定例園芸教室なども来園者に人気です。
茨城県フラワーパークのバラ
5月中旬〜6月中旬
園内は約30ヘクタールの広大な花と緑の公園です。88品種2,670株のボタン園、5,000㎡、100万株が自生しているシャガ園、3,500株あじさい園など四季を通じてダイナミックに魅力を楽しむことができます。そのほかにも、やまゆり園、ダリア園、福寿草園など見どころ満載です。また、フラワードームにリニューアル改装中の大温室や展示栽培温室といった施設や、花のすべり台やアスレチックもあり、ご家族みなさんで楽しめます。請約書にご記入いただければ、ペット連れでの入園も可能。花と緑の相談や定例園芸教室なども来園者に人気です。 茨城県フラワーパークのバラは、世界中のバラを集めた約800品種30,000株。バラは茨城県の県花でもあり、毎年5月中旬から6月中旬にかけて行われる「バラまつり」は大変盛り上がります。1年に春と秋の2度あるバラのシーズン。春バラは一斉に花が咲き始めるため、園内の雰囲気も一斉に明るくなります。
茨城県フラワーパークのあじさい
6月中旬〜7月上旬
園内は約30ヘクタールの広大な花と緑の公園です。世界のバラ800品種30,000株が植栽されているバラテラス・品種園や88品種2,670株のボタン園、5,000㎡、100万株が自生しているシャガ園、3,500株あじさい園など四季を通じてダイナミックに魅力を楽しむことができます。そのほかにも、やまゆり園、ダリア園、福寿草園など見どころ満載です。また、フラワードームにリニューアル改装中の大温室や展示栽培温室といった施設や、花のすべり台やアスレチックもあり、ご家族みなさんで楽しめます。請約書にご記入いただければ、ペット連れでの入園も可能。花と緑の相談や定例園芸教室なども来園者に人気です。 茨城県フラワーパークのあじさいはあじさい園にて約3,500株のピンクや紫色のあじさいが梅雨の時期に咲き出し、毎年6月中旬から7月上旬にかけて「あじさいまつり」が開催されます。あじさいの花の色は品種によって遺伝的に決まっているものの、根からアルミニウムが多く吸収されると青色が強くなり、少ないと赤みが強くなると言われています。茨城県フラワーパークのあじさいの色はどんな色かぜひチェックしてみましょう。
9700528b cb53 43e5 b665 dfb942a564dc